テレビの処分方法|手放すときのコツとポイント

故障で使えなくなるだけでなく、最新型への買い替えでテレビを処分される方が多いと思います。当然古いテレビは不要になりますが、家電リサイクル法によって粗大ごみとして処理できないことは、皆さんもご存知だと思います。

液晶テレビだけでなく、ブラウン管のテレビでも家電リサイクル法は適用されますので、正しい知識のもとに処理してください。

テレビを処分する方法

手数料を払って依頼するだけが、不要になったテレビを処分する方法ではありません。もしかしたら高い値段で買い取ってもらえる可能性もありますので、テレビの状態によって賢い選択をしてください。

指定引取場所に持ち込む

指定引取場所にテレビを持ち込む場合は、リサイクル券が必要になります。郵便局の窓口で家電リサイクル券を受け取りますが、メーカー名や画面のサイズの記入が必要です。必要事項を記入した後、郵便局の窓口でリサイクル料金を支払います。

料金の支払いには振り込み手数料が必要ですのでご注意ください。詳しい内容は事前に郵便局に問い合わせましょう。手続きが終わったら、リサイクル券と使わなくなったテレビを指定引取場所に持ち込みます。

家電販売店に依頼する

多くの家電量販店では、新しいテレビの購入と引き換えに、古いテレビの引き取りをしていて、CMやチラシで宣伝しています。また古いテレビの下取りを前提として、購入するテレビの値引きをしている業者も珍しくありません。

家電量販店だけではなく、テレビショッピングなどでも同じようなサービスを展開しています。ただし引き取りサービスをしていないお店に、他のお店と同じサービスを強要しないようにしましょう。

リサイクルショップに売る

比較的状態の良いテレビであれば、リサイクルショップが買い取りに応じてくれる可能性があります。買い取り金額は期待できませんが、処分費用が不要になるのは魅力です。お店にテレビを持ち込んで査定を依頼しますが、引き取りをしているショップもありますので事前に相談してみてください。

フリーマーケットやオークションに出品する

フリーマーケットやオークションであれば、古くて動かないテレビでも部品取りとして売れています。今となっては希少価値の高いブラウン管テレビですが、マニアが欲しがるだけでなく、ドラマの小道具としての需要もあります。

ただし出品するための手続きがありますので、パソコンが苦手な人にとってはハードルが高いかもしれません。

不用品回収業者に依頼する

いらなくなったものを引き取ってくれる、不用品回収業者に依頼するのも一つの方法です。業界特有の販路がありますので、他では買い取りを断られるブラウン管テレビでも、引き取ってもらえる可能性があります。

多くの不用品回収業者は法律を守って営業をしていますが、中には違法な営業を行っている悪徳業者も存在します。万が一悪徳業者に処分を依頼した場合、依頼した側も処罰の対象になる場合があります。経済産業省でも注意喚起しておりますので、ご注意ください。

【参考】経済産業省家電4品目の「正しい処分」早わかり!

テレビの処分は無料?有料?

テレビの買い替えを条件として引き取ってもらったり、中古品として買い取ってもらう以外は全て有料になります。自治体が無料で回収することはありませんのでご注意ください。

家電リサイクル法対象品です

2001年4月に施行された法律で、テレビやエアコン、冷蔵庫や洗濯機が対象と定められました。当然指定された方法で処分しますが、許可を得た業者のみが回収できるシステムになっています。処分するには手間も掛かりますので、リサイクル料金を支払います。

処分の料金は種類やサイズで違いがあります

家電リサイクル法で決められたリサイクル料金は、全てのテレビで一律ではありません。メーカーやサイズによって料金の違いがあります。テレビの種類は、ブラウン管方式と液晶やプラズマ方式に分けられますが、サイズは大と小の2つに分類されています。処分するテレビのサイズがどちらに当てはまるか、事前に確かめてください。

テレビの処分で気をつけること

決められた方法以外でテレビを処分した場合は違法になります。資源保護を目的としたリサイクルの対象品になっておりますのでルールを守りましょう。

まずは自治体に問い合わせる

テレビを処分する方法がわからない場合は、行政に相談してみましょう。独自の対策をしている自治体もありますので、有効活用しない手はありません。

例えば家電リサイクル法対象品であっても、有料で回収してくれる自治体もあります。ただし扱いとしては粗大ゴミではありませんのでご注意ください。全国一律のサービスではありませんので、事前に自分の住んでいる自治体に問い合わせてください。

不法投棄は法律違反です

近くの山林や河川敷などに、不要になったテレビを廃棄することは不法投棄になります。個人だけでなく、許認可を受けていない廃品物回収業者の不法投棄も問題化しています。廃棄として正しい処理が行われていないので、有害物質が漏れ出してしまう危険性があります。

また電池などが内蔵されていた場合、発火して火災になる恐れがあり、環境破壊につながる恐れもあります。なお無許可の廃品物回収業者に回収を依頼した場合、依頼した側も罰せられる場合がありますので、十分注意してください。

まとめ

テレビは家電リサイクル法で処分方法が決められています。処分にはリサイクル料金が必要ですが、やり方しだいでは出費をおさえられるだけでなく、リサイクル料金以上の金額を受け取れるかもしれません。

最新型の機能が搭載されたテレビが発売されるたびに、買い替え需要が発生して古いテレビが処分されることになります。壊れていなければ使い道はありますので、資源保護のためにもシェアやリユースで有効な活用を推進しましょう。