引越しで出る不用品の処分方法6選!費用・手間・時間に注目して比較

不用品の整理

引越しを経験した方なら思い当たるでしょうが、荷造りや搬出していると、不要なものがこんなにも多いのかと驚かされます。引越しで出た不用品を処分するにはさまざまな方法があるため、適切な方法を選び計画的に処分していきたいものです。引越し不用品を先に処分したり、少しでも多く買取依頼をしておくと、引越し料金を抑えられます。お金をかけてわざわざ無駄なものまで新居へ運んでしまったということのないように、不用品は前もって処分を進めておきましょう。

この記事では、6つの引越し不用品の処分方法・処分方法の特徴を費用・手間・時間で比較・引越し不用品の処分費用の目安を詳しく解説していきます。

引越し不用品はどうする?役立つ処分方法6選

冷蔵庫やテレビ

引越しの際に出てくる不用品といっても、家電や家具だけではなく雑貨や小物、衣類など家庭によってさまざまありますよね。処分方法も数ある中から向いているものを選ぶと、比較的スムーズに進められるようになるのでお試しください。まずは、役立つ6つの処分方法から解説してきます。

  1. リサイクルショップで売る
  2. オークション・フリマアプリで売る
  3. 身内・友人などにゆずる
  4. 自治体の粗大ゴミ回収
  5. 引越し業者で回収してもらう
  6. 不用品回収業者に依頼する

不用品の種類や処分する量によって、どの方法が一番今の状況によって良いのか比較してみてください。

リサイクルショップで売る

身近なリサイクルショップを利用すると、不用品の処分にお金をかけず買取してもらうことができます。引越しの不用品は家電や粗大ゴミなどもあるので、自ら持ち運ぶのは難しい方もいるでしょう。その際には訪問買取をしているリサイクルショップを探せば、運び出す負担がなく利用できます。

一方、リサイクルショップへ持ち込めるものはできるだけきれいに埃を払い拭くようにしておくのがおすすめです。

代表的なリサイクルショップのトレジャーファクトリーを一例としてみてみましょう。全国展開しているリサイクルショップで、買取方法は4つあります。

  • 店頭買取
  • 出張買取
  • 宅配買取
  • 引越+買取

小さなものや軽いものであれば店舗買取でも問題ありませんが、重いものや買い取ってもらいたいものが大量にある場合は出張買取がおすすめです。近くにリサイクルショップが無いという方は、宅配買取も便利です。

オークション・フリマアプリで売る

引越しの予定が早くから分かっていれば、オークションやフリマアプリを活用して売ることもできます。最近では個人間での売買も周知してきているため、利用するハードルはずいぶん低くなって来ているでしょう。しかし、オークションサイトを利用すると購入時の値段から想定した金額をイメージしてしまい「安すぎる」と感じる方も多いのが現実です。送料がかさむものもあるため、相場を意識しておく必要があります。

代表的なオークションサイトのヤフオク!は有名で、ジャンルを問わず様々なものを売ることができます。一方、フリマアプリのメルカリは手軽にスマートフォンから出品ができるため、スマホアプリでもユーザー数がダントツで多いのも魅力です。

いずれの方法で売るにしても、出品の際には傷や動作状態をこまかく伝え、正しく行うのがマナーです。購入者とのトラブルを避けるためにも、抜かりなく細部まで写真や文面で伝えるようにしましょう。注意点を守れば、自分で引越し不用品を便利にお得に処分できます。

身内・友人などにゆずる

引越し前に身内や友人で「欲しいものがある」と言ってくれるなら、ぜひもらってもらいましょう。先方にとってももらえば助かるし、引越し不用品が減る当事者にとっても処分する手間が省けて助かるというメリットがあります。引越しの手伝いに来てくれる時など、差し上げて喜ばれそうなものは予め整理しておくと良いでしょう。持ち帰りしやすい食器やタオルなどの贈答品なら断られることもないでしょう。

自治体の粗大ゴミ回収

粗大ゴミの処分として一番身近に感じる方法が、自治体での粗大ゴミ回収でしょう。ただし、すべての粗大ゴミを回収できるわけではなく、自治体ごとに回収ルールも異なります。そのため、一般的な対象品目と処分方法を説明していきます。

対象品目

自治体によって1辺の長さが30㎝を超えるものとしているところもあります。たとえば、椅子だと30㎝を超えるので粗大ゴミとして扱われるわけです。

材料は、木製・プラスチック製・金属製が粗大ゴミの対象です。たとえば、ガステーブルや机が当てはまりますが、タイヤは該当しません。

処分方法

粗大ゴミは自治体で対応が異なるので、受付センターで指定されている日に粗大ゴミを持込するか、指定された収集場所に置くかを選んで回収をしてもらいます。

持込をするにも運搬の手間もかかりますし、回収してもらうにしても日時を合わせる必要がありあることを心得なければなりません。自治体の粗大ゴミ回収を利用するなら、ある程度のゆとりをもって計画的に進めるようにしましょう。

引越し業者で回収してもらう

意外と知られていないのですが、引越し業者では本来の引越し業務だけではなく、不用品の回収や買取をサービス提供しているところもあるのです。引越しが近い日まで必要に応じて利用できるため、前もって自治体の粗大ゴミで出すよりも利便性が高いと言えるでしょう。

不用品回収・買取に対応している引越し業者

サカイ引越センター 家電・雑貨・工具・衣類・ベビー用品・ギフト品・金ケイン・お酒・ブランド品・パソコン・スポーツ用品・楽器を買取
日本通運 タンスや学習机など粗大ゴミの引き取り
アーク引越センター アリさんマークの引越社 家電リサイクル4品目を有料回収
アート引越センター 未対応

引越し業者を決める際には、不用品が多いお宅なら買取や回収に対応しているかどうかも参考にして業者を絞り込むのも一つの方法としておすすめです。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する強みなのは、手間がかかりにくくなることです。自治体で粗大ゴミを出す場合、家から不用品の搬出や運搬を自ら行わなくてはなりません。一方、不用品回収業者なら家からの搬出から運搬まですべてお任せできるので、重いものに労力を費やすこともなく済みます。

引越しを控えていると、週末などの休みを利用して準備を行うこともあるでしょうが、自治体の粗大ゴミ回収だと平日の回収では出したくても出せないこともあるでしょう。その点、不用品回収業者ならいつでも自分の都合の良い時間帯に回収作業を依頼できるので、大変便利に依頼できるのが強みです。「すぐ片付け隊」では、最短当日にお見積りをお渡しすることも可能です。少し気になるという方は、気軽に下記よりお問い合わせください。ご相談だけでも大歓迎です。

ご相談・お見積り
Web:24時間/お電話:7:00〜21:00
お気軽にお問い合わせください!

処分方法の特徴を費用・手間・時間で比較

お金と電卓

ご紹介した引越し不用品の処分方法には、それぞれ一長一短があります。費用の安さを最優先にするのか、手間をかけずに処分したいのかなど個々の希望によっても処分方法を選ぶのも賢明です。

処分方法 費用 手間 時間
リサイクルショップ
不要

持込が必要

査定・持込
オークション・フリマアプリ
不要

出品・発送手続き

売れるまでの時間
身内・友人などにゆずる
不要
自治体の粗大ゴミ回収
搬出・運搬・手続き
×
回収日まで待つ必要あり
引越し業者で回収
サイトで申込も可

計画的に進める必要あり
不用品回収業者
手間を抑制

短時間で済む

引越しで不用品になりやすいものの処分費用の目安

タンス

引越し不用品で多く出されるものは、ベッド、冷蔵庫、洗濯機です。ついで、衣類、テレビ、タンス、食器棚、エアコン、ソファー、テーブルと家電や家具、衣類が上位を占めています。さらに、レンジ、布団、ラック、本棚、本、自転車、照明器具、炊飯器、コタツ、扇風機、カーテン、おもちゃ、ポットなど雑多なものがあげられます。

今回はこの中でも引越しでよく出てくる下記3種類とその他の不用品にかかる費用について一般的な目安を説明していきます。処分を検討している方は、合計どれほどかかるのかの目安にしてみてください。

  • 家具
  • 家電
  • 衣類・寝具
  • その他

家具

家具品目 自治体の処分相場 回収業者の処分相場
ベッド 1,000~1,800円 3,700~5,500円
タンス 500~2,500円 3000円~
食器棚 500~2,500円 3,500円~
ソファー 1,800円 3,300~7,700円
テーブル 300~1,000円 2,200円~

引越し不用品で上位にランクインするのが、ベッドです。引越し費用にも大きく影響する大型家具だけに、引越しにベッドがあるかどうかで料金が変わってきます。そうはいっても、自分で解体して処分をするのは扱いも大型のものであり困り果ててしまうケースが多いものです。解体ができたとしても、また廃棄するのに業者を雇う必要も出てきてしまいます。

家電

家電品目 家電量販店の処分相場 回収業者の費用相場
冷蔵庫 4,840~5,940円(170L以下) 5,830~7,480円(170L以上) 8000円~
洗濯機 2,300~2,500円 3,700~5,700円
エアコン 1,500~2,300円 3,300~7,700円

次に、冷蔵庫や洗濯機も家電リサイクル法に沿った処分をするとなると、引越しの前日まで使うことはできにくくなるでしょう。どちらの家電も生活に欠かせない必需品だけに、できるだけ引越し前日までは安心して使える環境が整っていてほしいものです。不用品回収業者を検討すれば、冷蔵庫や洗濯機もゆとりをもって使えるようになるので引越しを控えている方にも安心感があると言えるでしょう。

衣類・寝具

衣類品目 自治体の処分相場 回収業者の費用相場
布団 可燃ゴミに小分けすればゴミ袋代のみ 1,000円~
毛布 可燃ゴミに小分けすればゴミ袋代のみ 500円~

布団や毛布を引越しのタイミングに合わせて処分したい方もいるでしょう。普段使わない布団や毛布なら、手間はかかりますが分割して可燃ゴミに出すことも可能です。しかし、何枚もある場合には自分で分割して可燃ゴミとして出したり、粗大ゴミとして出したりするのは大変な労力がかかるでしょう。

そこで不用品回収業者の力を借りれば、まとめてスムーズな処分が可能になります。寝具だけを依頼するのではなく、引越しで他の不用品と合わせて依頼するとトータルで費用が抑えられる可能性が高まります。寝具を処分するために処理場や引越す前の家を行ったり来たりするのは、何かと忙しい時期には大変です。さらに、あれもこれもしなくてはならないと精神的に負担を感じてしまうこともあるでしょう。

その他

その他の不用品 自治体の処分法場 回収業者の費用相場
自転車 800円~ 自転車 500円 電動 2,000円
カーペット 800円~ 2,000~3,000円
物干し竿 400円~ 500円~
オルガン 2,000円~ 3,000円~

代表的な引越し不用品だけではなく、物干し竿、オルガン、自転車など新居へ持ち込みしないものは、処分を積極的に行うようにしましょう。処分費用はものによって詳細に決められている自治体もありますし、粗大ゴミとして最低料金がいくらからと定められているところもあるので、お住まいの自治体で正しい費用を確認しておいてください。不用品回収業者の場合には、まとめて依頼すると割引が適用されたり、定額サービスの提案を受けたりすることでお得に処分できることもあります。

引越し不用品の処分も「すぐ片付け隊」へぜひ見積もりを

業者と女性

引越しは、何かと出費がかさむものです。ご紹介した処分方法で少しでも利用しやすい方法をぜひ検討してみませんか?これから引越しを控えておられるなら、当社「すぐに片付け隊」へ何なりとお気軽にお問い合わせください。引越しで出る不用品を安い費用で回収・買取も対応しております。引越しが急に決まり急いで対応しなければならない時でも、業界ダントツのトラック稼働数を誇る当社ならすぐに駆け付けますので安心してお任せください。「手間や時間をかけずに業者にお任せしたいけれどできれば費用は安く抑えたい」というご希望に添える形のお見積もりを目指しています。ぜひ気軽にご相談ください。