【不用品回収】仏壇の処分はすぐ片付け隊へお任せください!

仏壇 処分

「実家が空き家になり仏壇の管理を続けられなくなった」「嫁いでしまい跡取りするものがいない」などの理由で仏壇の処分を余儀なくされている方もいらっしゃいます。しかし、他の家具のような処分はできづらいものであり、大切なご先祖様のことを思うと仏壇の処分は、より慎重になるのが普通でしょう。「仏壇の処分はお寺でするべき?」「供養はどこでお願いするといいだろう?」などの率直な疑問もあるものです。

今回は、仏壇を供養と処分方法・不用品回収業者に依頼する時の疑問点を解説していきます。

仏壇をきちんと供養を済ませて処分する5つの方法

供養 合唱する手

仏壇の処分は、他の家具と同じような粗大ゴミでそのまま出すわけにはいかないものです。やはり、きちんとした供養を考える必要があります。早速、5つの処分方法をご紹介して行きましょう。

お寺で供養と処分を依頼する

まず、位牌を納めているお寺があればそちらに仏壇の処分を相談してみましょう。仏壇を処分の前に、閉眼供養(御霊抜き・性根抜きとも呼ばれます)を依頼します。供養後に、お焚き上げが可能かも確認しておきましょう。対応できるお寺でも、受付期間が特定の時期にしかできない場合もあるので、希望通りに処分ができないことも考えられるでしょう。


閉眼供養のお布施代金は、決められているお寺もあればわかりにくいお寺もありますが、概ね5,000~10,000円が相場と言われています。

お寺でお焚き上げまで可能なら、その費用も把握しておきましょう。

仏壇店に処分を依頼する

仏壇を購入したお店で処分を依頼できます。ただ、そうそう買い替えするものでもないので、月日とともにお店が最寄りではないことも考えられるでしょう。まずは、お近くの仏壇店に仏壇の処分ができるかを電話相談してみてください。

仏壇の訪問引取・依頼者の持込の対応・運送会社の利用の有無を確認しておきましょう。予め、仏壇のサイズを伝えておくと迅速に進めやすくなります。


仏壇店なら、お寺との付き合いがない場合でも希望に応じて、提携先のお寺を紹介してくれ供養やお焚き上げを行ってくれる場合もあります。別途費用はかかるのですが、お寺との縁故がない方にとっては、仏壇店の紹介なので安心です。

仏壇のサイズ次第で正確な金額が変わりますが、処分費用の相場は10,000~15,000円です。

お寺で供養後に自分で粗大ゴミとして処分する

お寺の住職に依頼して閉眼供養後は、仏壇の扉を閉じてからただの箱ものとなります。そのため、仏壇であっても自治体の粗大ゴミとして処分も可能になるのです。しかし、自治体次第で仏壇の回収を受け付けていないところもあります。そのためにも、予め自治体に問い合わせをしておくようにするのが賢明です。

  • 自宅前での回収
  • ゴミ収集所で回収
  • ゴミ処理場まで持込

粗大ゴミの回収方法は、自治体によっても3つの方法があるため捨て方にはより一層注意が必要です。特に仏壇は、木材・金属と別の素材で製造されているため、解体して分別するにも難しさは否めません。

仏壇から魂が抜かれて普通の箱になったと言っても、解体を自分で行うこと・粗大ゴミとして出すことに、どうしても抵抗があるという方も多いでしょう。仏壇が粗大ゴミとして置かれているのを他の方の目に触れさせるのも、不快感を示す方もいるかもしれません。

一方、費用を抑えたいという方には、2,000~3,000円程度で済むメリットはあります。

お寺で供養後の仏壇の処分は不用品回収業者に依頼する

お寺での供養を終えて、粗大ゴミとして仏壇を処分することに抵抗感がある方は、不用品回収業者へ相談をしてみましょう。不用品回収業者であれば、自宅まで回収してくれるので運び出しや持ち込みの負担、周囲の方への配慮を気にすることもありません。

閉眼供養のお布施代金と、業者の処分代金5,000~10,000円が発生します。

不用品回収業者に回収された仏壇の扱いや供養がどのように行われるのかが知りたいという方には、この後の章で詳しく説明しますのでご覧ください。

供養も処分も対応可能な不用品回収業者に依頼する  

お寺との付き合いもない家庭ももちろん、今の核家族化の状況では少なくないでしょう。そのような場合には、仏壇の供養も処分も依頼できる不用品回収業者を探してみる方法もあります。お寺との付き合いが自分の代になって疎遠になっているのに、「仏壇の処分をしたい」という相談をするのは気が重いという方でも、不用品回収業者への相談ならしやすくなるでしょう。なぜならば、業者が提携先のお寺の僧侶をお客様の自宅へ訪問して供養をすることもできるためです。きちんとした供養をしてから仏壇の処分をしたいという方にも、この方法なら安心できるでしょう。

  • 提携先寺院の訪問での閉眼供養 お布施代 25,000円~30,000円が相場
  • 業者の回収後に合同供養 無料としている業者もある

上記の2つから供養の方法を選べます。個人的な考えによって、希望の供養を選べるため安心して処分を依頼できるでしょう。

仏壇を処分する際に気になる疑問点

位牌 仏具

仏壇を引き続き家に置き続けられなくなった時に、処分に迫られますが仏壇という性質上、いろんな疑問点が浮上してくるものです。

不用品回収業者は仏壇でもスムーズに回収してもらえるの?

不用品回収業者ならどこでも仏壇を回収してくれるのかも、素朴な疑問として浮かんで来るでしょう。

業者に仏壇の回収ができないと言われる理由には、以下のようなケースが当てはまります。

  • 仏壇の供養や処分する方法やルートを確保していない業者だから
  • 閉眼供養を依頼者が済ませていないから
  • 位牌や遺骨が残っているから

位牌や仏具などは仏壇と一緒に不用品回収業者で処分できるの?

仏壇の供養から処分まで対応している不用品回収業者も、もちろん存在しています。そのような業者なら、位牌・仏具・遺影などの仏壇にまつわるものも一緒に処分をしてもらえるので心配なく依頼できるでしょう。

スペースの問題や仏壇の管理の問題で維持できないのであれば、位牌だけを持ち続けることもできます。また、仏壇の中には仏具の他にも大事なものが納められていることもあるものです。身内が居れば処分について確認を一緒にしてから回収をしてもらうのが安心だと言えます。

仏壇を不用品回収で処分してもらったら費用の相場は?

仏壇を不用品回収してもらった際の費用も、気がかりになるでしょう。仏壇のサイズや材質、品質にもよりますが、処分費用は5,000~10,000円が相場です。業者によっては、20,000円ほどで供養も合わせて対応できるところもあります。仏具も受付可能な業者であれば、まとめて一度に処分をしてもらう方が気持ち的にもすっきりするのではないでしょうか?

供養から仏壇の処分まで安心して依頼できるすぐ片付け隊

指さしするスーツ姿の男性

当社「すぐ片付け隊」は、仏壇の処分でお悩みの方へ、供養やお焚き上げの方法から処分まで真心を込めて提案させていただきます。処分に悩んでしまうのが当然なのが、仏壇ならではの性質です。お客様が納得の行く方法できちんと処分を終えられるように、サポートさせていただきますので、ぜひ、お問い合わせください。遺品に関するスペシャリストが、誠心誠意の対応をさせていただきます。