不用品回収業者の料金要素と料金体系を知ろう!安く抑える7つのコツ

家電や粗大ごみなどの不用品は、なかなか捨てにくくてそのまま放置してしまうことも多いものです。不用品回収業者へ依頼をすると、「料金がいくらかかるのか?」「相場も見当がつかない」と素朴な疑問が浮かんでくるでしょう。不用品回収業者への依頼をする前に、料金の成り立ちから知っておけば、納得しやすくなると考えられます。

この記事では、不用品回収業者の料金の要素、料金体系、品目ごとの料金の一覧、料金を安く抑える7つのコツを詳しく分かりやすく解説しています。

不用品回収業者の料金は3つの要素から成り立っている

不用品回収の料金が、どんな要素から成り立っているかご存知ですか?確かに、家まで不用品を引き取りに来てくれ、何も手間も労力もかけることなく処分してもらえるので利用しやすいと思われるでしょう。しかし、これまで不用品回収業者の依頼を経験していない人には、料金がどう成り立っているのかも分かりにくいものです。不用品回収業者の料金は、以下の3つの要素で成り立っています。

人件費

不用品回収作業を行う際に、考えておかなくてはならないのが、まず人件費です。不用品を仕分けしたり、運び出ししたりする作業の報酬ですが、重量物の運搬など困難な作業になると、人件費の相場が上がります。

人件費 1時間当たりの相場
通常の作業 3,000円程度
重量物を扱う作業 5,000円程度

車両費

粗大ゴミや不用品を処分する際に、欠かせないのが車両です。軽トラック・2tトラックなどを業者は不用品の量に応じて用います。この車両の手配やガソリン代などのコストに充てるのが車両費です。

車両のタイプ 車両費相場
軽トラック 3,000~4,000円程度
1tトラック 6,000円程度
2tトラック 8,000円程度

たとえば、小さなガラステーブル一つの依頼であっても、収集運搬するためには軽トラックが必要になるのです。

処分費

不用品回収してもらったものは、廃棄を完了するまでに処分費がかかります。廃棄の工程は、ものによって異なりますが廃棄にかかる費用を賄う意味から、処分費の支払いは必ず発生するのです。

一般廃棄物の相場は、300円前後/10㎏で、産業廃棄物は500円前後/10㎏と割高に設定されています。自治体によって、一般廃棄物、産業廃棄物の処理料金が決められているのです。

  • 一般廃棄物 一般家庭で日常生活を送ることででるゴミ
  • 産業廃棄物 工場などの事業所からでるゴミ

家庭から出るごみは一般廃棄物ですので、たとえば、20㎏の整理タンスの処分費は以下のように算定されます。

300円/10㎏×2=600円

不用品回収業者の料金体系は3つ

このような3つの要素から、不用品回収業者の料金は成り立っているわけです。不用品回収業者の料金体系は、大きく3つに分類されているので、検討する際に業者がどの料金体系を導入しているのかも確認しておいてください。

1.基本料金と品目ごと

基本料金を設定していて回収依頼を受けた品目ごとの加算でトータルの料金が変わってくる料金体系も、不用品回収業者には多く見られます。基本料金に具体的な内容が記載されている業者の方が少ないでしょう。したがって、基本料金は多くの業者が車両費を見込んでいると言えます。

  • 基本料金の相場 おおむね3,000円~5,000円

たとえば、タンスと本棚を依頼した場合には、基本料金3,000円+タンス3,000円+本棚4000円=10,000円となります。

2.品目ごと

また、品目ごとの料金で算定している業者も数は少なめですが、存在しています。依頼する方も、品目ごとの一覧表を提示されればより分かりやすいのが特徴です。

1と2の料金体系なら、単品だけの不用品でも回収に来てくれるので、とても便利に利用できます。自治体の粗大ゴミ回収で家からの搬出やゴミ処理センターへの持ち込みができない時に、依頼しやすい方法です。

単品、複数どちらの依頼も可能ですが、数が少なめの方が基本的に安く済むようになります。あまりに数が多い場合には、定額プランの方が無難です。

タンスなら5,000円、本棚を加えると5,000円加算されるので、トータルは10,000円になります。

基本料金が設定されていない分、業者によっては品目当たりの単価に上乗せされている可能性もあるので、あらかじめ確認をしておきましょう。

3.積み放題で定額

不用品回収業者は、積み放題の定額プランも多く導入しており戦略のひとつとしてアピールをしています。軽トラック1台に積み放題で18,000円などと定額でいろいろな不用品を回収してもらえるのが、特徴です。こちらは、ゴミ屋敷の片付け、引っ越しでの不用品の処分、断捨離など一気に片付けたい時に向いています。

軽トラックの場合、以下のサイズになります。

縦1.9m×横1.4mが通常のサイズになるものの、高さが1.3m~1.7mなど業者次第で異なってくるので、積み放題という言葉のイメージと実際に載せられる不用品の量が一致しないこともあります。

  • 縦1.9m×横1.4m×高さ1.3m=約2.5立米
  • 縦1.9m×横1.4m×高さ1.7m=約4.5立米

軽トラックの場合の最大積載量が350㎏ですので、越えないように業者は積んでいくことも把握しておいてください。

不用品回収の対象品目の一覧

不用品を業者に回収してもらいたい時に、一番、費用が分かりやすいのは対象品目の一覧です。不用品回収業者によって、料金が設定されているのでばらつきがあるのは確かですが、一覧で相場を把握しておくと依頼の際に決め手となるでしょう。

【家電】

冷蔵庫 170L未満 6,000円~8,000円 170L以上 8,000円~10,000円
テレビ   ブラウン管テレビ 2,000~5,000円 液晶テレビ 2,500~5,000円
パソコン 本体 1,000~3,000円 モニター 500~3,000円 ノートパソコン 500~1,000円
コンポ   ミニコンポ 500~1,000円 オーディオデッキ 500円
電子レンジ 500~1,500円
トースター 500円
電気ポット 500円
炊飯器 500円
食器洗い機 2,000円
洗濯機 3,000~6,000円
アイロン 500円
ガステーブル 1,200円

【家具・冷暖房関連】

ベッド 3,000~5,000円
布団 1,000円
毛布 500円~
マットレス シングル 3,000円~ セミダブル・ダブル 5,000円~
ソファ 一人掛け 1,000~3,000円 二人掛け 2,000~5,000円
座椅子 1,000円
折りたたみ椅子 500~1,000円
タンス 2,000~5,000円
本棚 3,000~5,000円
テーブル 2,000~3,000円
カーペット 2,000~3,000円
ファンヒーター 1,000円~
扇風機 1,000円~

【スポーツ用品・】

スポーツ用品 スキー板・スノーボード 1,500円 ゴルフセット 1,000~2,000円
健康機器 1,000~7,000円
ピアノ 10,000円~
ギター 500~1,000円
スーツケース 1,000円~
自転車 自転車 500円 電動 2,000円
物干しざお 500円
カラーボックス 500円

知っておきたい積み放題の注意点

積み放題定額プランを利用する際には、意外と知られていない注意点もあります。積めるだけ積んでも定額というイメージを持つ消費者と業者の想定しているイメージが一致しないことも多々あるからです。

前述のように、軽トラックの高さの制限の違いによっても、詰める量に大きな差が出てしまいます。

また、積み放題定額プランを比較する際に、業者によっては積み放題の定義にばらつきがあるのが現状です。共通のルールが定められているわけではないため、認識の違いからトラブルになるケースもあるので充分注意をしてください。

軽トラックにコンパネを立てて、目一杯積み放題といっても、コンパネの高さによっては立米数がだいぶ変わって来ます。さらに、回収品がはみ出てしまった際の対応も業者で違ってくるため、認識が違ってくることもあり得るわけです。

不用品回収料金を安く抑える7つのコツ

不用品回収業者に依頼すれば、スムーズに搬出や運搬、廃棄も対応してもらえるとはいっても、できるだけ費用を抑えたいと思うものです。不用品回収業者と契約する前に、少しでも安く抑えるために知っておいてもらいたい7つのコツを紹介して行きます。

不用品の分別と袋詰めを済ませる

不用品の種類や数が多い時には、できる範囲で分別を行い、袋詰めを行っておきましょう。その分、料金を2割程度抑えられるようになります。

素材によって仕分けを行うように意識をしておくと、不用品の仕分けが進みやすくなるので参考にしてみましょう。

  • 電化製品
  • 衣類
  • プラスチック
  • スチール
  • その他

自治体の回収で出せるものは出しておく

また、自治体で回収しているものは、できるだけ計画的に出すようにするのもコツです。たとえば、布団や毛布などの寝具でも指定の可燃ごみに入るサイズに裁断することで、可燃ごみとして出せるようになります。

屋外に出しておく

運べるものなら、屋外に出しておくだけでも不用品回収の作業時間の短縮にも役立ちます。事前に屋外への運び出しをしていても、暮らしに影響がないものであれば、運び出しておきましょう。

もし、屋外まで運ぶのは困難だという場合には、2階にあるものを1階までおとしておくだけでも階段料金の発生がなくなるので安くできます。

お年寄りや体が不自由な方にとっては、こうした事前の準備も負担がありできづらいでしょうが、体力のある方ならできるだけ搬出できるところまで出すと余計な出費を削減できます。

作業当日に手伝いをする

大きくて扱いにくいものや重量のあるものは、スタッフが2名以上必要となります。たとえば、不用品の中に大型で重いものが1点でもあれば、スタッフ2名の人件費が発生するわけです。当日に、自分が手伝えるものはできる限り手を出すようにするのも、安く抑えるコツになります。

オプションをなるべく避ける

不用品回収の料金には、特別な手間や作業が加わるとオプション料金を追加されます。主なオプションとしては、階段料金や解体料金があります。たとえば、2階にあるベッドやデスクをすべて業者に依頼すると、このようなオプション料金がかかってしまうので、組み立てでできているものは自分で解体に挑戦してみると良いでしょう。

買取してもらえそうなものはきれいにしておく

不用品回収料金を安くするのに、大きく影響するのが買取金額の高さです。回収料金の算定で、買取金額を差し引いてくれるため、できるだけ買取してもらえそうなものはきれいにしておくようにあらかじめ準備をしておきましょう。

  • 製造から5年以内の電化製品
  • 取り扱い説明書や箱も揃えておく

たとえ、買取で値段がつかない場合でも、業者次第では無料で回収をしてくれることもあり得ます。買取サービスも、同時に行っている不用品回収業者を検討するのがおすすめです。

相見積もりを取るのが基本~相場と見積もりを比較するのが重要

不用品回収業者を検討する際には、少なくとも3社から相見積もりを取るのがおすすめです。料金の比較をして安いところを見つけるためにも、相見積もりは基本中の基本と考えておきましょう。

しかし、ご紹介した相場からあまりにも安いところは、避けた方が無難です。極端に安い業者だと、サービスの質が粗悪だったり、あとあと追加料金の発生などのトラブルがおきたりする可能性もぬぐいきれません。

不用品回収の料金が気になる時も「すぐ片付け隊」へお気軽に相談を

お客様のご家庭で捨てたい不用品がある時にも、「気になるのは料金がいくらかかるのか」という点ですね。当社では、とことん安い回収料金を提示させていただくことができます。お客様と認識が異なることもないように積み放題定額プランは採用せずに、最適な算定方法でご案内しています。安さで勝負できるその理由は、リサイクルに関して海外への独自ルートの保有、オークションサイトでの売買、提携リサイクルショップの活用を行っているからです。捨てたいけれど捨てられず困っている方は、どうぞ当社までご相談ください。ご相談・お見積りももちろん無料です。お客様のご要望に合った最適なプランをご提案させていただきます。