携帯電話・iPhone 処分方法(捨て方)とは?方法や注意点を紹介!

使わなくなった携帯電話やiPhoneの処分にお困りの方は意外と多いでしょう。どうやって捨てればいいのかわからず悩んでいるかもしれません。そこで、携帯電話・iPhoneの処分方法や注意点を紹介します。

携帯電話・iPhoneの処分方法

どのようにして携帯電話やiPhoneを処分すればいいのか、具体的な方法を解説しましょう。

回収ボックスに捨てる

日本では小型家電リサイクル法が施行されて、小型家電から資源を回収することになりました。レアメタルなどが含まれていて、貴重な金属のため、しっかりと回収して再利用することになったのです。そのため、自治体の中には回収ボックスを用意しているところがあります。回収ボックスには携帯電話やスマホなどを捨てることが可能です。公共施設に設置されていることが多いです。それぞれの自治体ごとに詳細は異なるため、ホームページなどで調べてみましょう。回収は無料で行われます。

ショップに引き取ってもらう

キャリアショップでは、携帯の回収やリサイクルを促進しているため、無料で引き取ってもらうことができます。その際には電池パックやACアダプタといった付属品も同時に回収してもらうことが可能です。ブランドやメーカーを問わずに回収してくれるため、他社の端末であっても問題ありません。回収された端末から資源が取り出されて、電子機器などに再利用されます。

売却する

携帯・iPhoneなどの買取を行っている業者があります。特に新しいモデルであれば高値がつきやすいでしょう。無料で査定してくれるため、買取額を確かめてから売却するかどうか決められます。あるいは、フリマやオークションサイトなどで売却するという方法もあります。

下取りに出す

これから新しくスマホなどを購入するときには、現在使っている端末を下取りに出せるケースがあります。下取りで高く売ることができれば、新しい端末を安くすることができるでしょう。たとえば、iPhoneであれば各キャリアで下取りを実施しています。

不燃ごみとして捨てる

自治体の中には携帯やiPhoneを不燃ごみとして捨てられるところがあります。ただし、自治体ごとにルールが異なるため注意しましょう。不燃ごみとして取り扱ってくれない自治体もあります。

回収業者を利用する

不要品の回収を行っている業者に依頼することも手です。そちらに有料で携帯やiPhoneを回収してもらうことが可能です。携帯だけではなく、ほかの不用品と一緒に回収してもらえるのがメリットです。
すぐ片付け隊はお見積もり無料ですぐに駆け付けるのでお困りの際にはお声がけください。

ご相談・お見積り
Web:24時間/お電話:7:00〜21:00
お気軽にお問い合わせください!

携帯電話・iPhoneを処分するときの注意点

これから携帯電話やiPhoneを処分するときの注意点を説明します。

自治体によっては不燃ごみとして捨てられない

携帯やiPhoneは不燃ごみとして捨てればいいと考えている人がいるかもしれません。しかし、自治体によっては、携帯やiPhoneは資源として再利用することを促進しているため、不燃ごみとして扱わない場合があります。事前に自治体に問い合わせるか、ホームページなどをチェックしましょう。

データのバックアップを取っておく

これから携帯・iPhoneを処分するときには、必ずデータのバックアップを取っておいてください。処分してから大切なデータのバックアップを忘れていたと気がつくことは意外とあります。二度とデータを取り戻せなくなることがあるため、大事なデータはすぐにバックアップしましょう。

本体を初期化する

どのような方法で処分するにしても、事前にデータを初期化しておくことをおすすめします。携帯やiPhoneには個人情報がたくさん含まれているからです。万が一、個人情報を抜き取られてしまうと犯罪に利用されるかもしれません。キャリアショップに回収してもらったり、買取に出したりするときには、お店側が初期化してくれるものです。しかし、ひょっとしたら悪意のある店員がいて、データを抜き取るというケースも考えられます。あるいは、初期化を忘れた状態で再販売されることもあるでしょう。大切な個人情報を守るためにも、自分で初期化をしておくことが大切です。

SIMカードなどを抜いておく

スマホなどを捨てるときにSIMカードやSDカードを入れたままにしておくケースがあります。これらはすべて抜いておきましょう。特にSIMカードには電話番号の情報などが残されていて危険です。悪用されてしまう可能性があります。SIMカードは取り外して、通信キャリアに返却するか、自分でハサミで切り刻むなどしてから捨てましょう。

端末が壊れていたとしてもデータが盗まれる可能性がある

スマホなどが壊れてしまったから捨てようとする人は多いでしょう。端末が壊れている場合は、中のデータが読み取られることはないと油断して、そのまま捨ててしまうケースがあるのですがこれは危険です。壊れた端末からデータを抜き出せる可能性があります。データ復元ソフトがあって、それを使えばデータを復元できることがあるのです。データ復元のサービスを提供している業者もあります。そのため、これから処分する端末は、データを取り出せないような状態にしておきましょう。SIMカードなどをすべて取り出しておき、信頼できる方法で処分してください。キャリアショップや信頼できる回収業者を頼りましょう。

分割払い中の端末を処分してはいけない

分割払いしていて残債のある端末の買取を行っている業者はあります。しかし、トラブルが発生するケースがあるため、残債のある端末を買取などで処分することはおすすめしません。たとえば、残債のある端末を売却して、そのあとで支払いが滞ってしまうと赤ロムになります。赤ロムとはキャリアによって遠隔ロックされている状態であり、通信を規制されてしまうのです。その結果、買取したお店から損害賠償を請求されるというケースもあります。また、支払いが残っている端末を捨てることはメリットがありません。支払いが残っているならば、それをきちんと返済してから処分しましょう。

携帯電話・iPhoneの処分にかかる費用

携帯電話やiPhoneを処分するのにかかる費用について解説します。

自治体やショップは無料で引き取ってくれる

自治体やキャリアショップなどでは、資源回収やリサイクルのために積極的に携帯電話やiPhoneの回収を行っています。その際に料金を請求されることはありません。無料で引き取ってもらうことができます。

業者を利用するにはお金がかかる

不用品の回収業者を利用する場合には、携帯電話やiPhoneを引き取ってもらうのに料金がかかります。ただし、業者の場合はスタッフが自宅まで出張してくれるため手間がかかりません。別の不用品もまとめて引き取ってもらうことができるというメリットもあります。携帯やiPhoneの回収であれば、それほど費用が高くなることはないでしょう。

不用品回収の費用相場をまとめているページはこちら

まとめ

携帯電話やiPhoneを処分するための方法について解説しました。自治体の回収ボックスやキャリアショップ、回収業者などを利用して処分することができます。また、買取業者に売却したり、下取りに出したりするという方法もあります。どんな方法で処分するにしても、きちんとデータを消去して、SIMカードなどを抜いておき、個人情報漏洩を防ぐことが大切です。