パソコン処分は6つの処分方法とデータ消去の注意点を解説!不用品回収のすぐ片付け隊へお任せください

パソコン キーボード マウス

使わないパソコンや壊れてしまったパソコンの処分ができずに、そのまま置いている方もいるでしょう。廃棄したいけれど、個人情報やデータが入っているためどんな方法で処分したら良いのか戸惑ってしまうものです。パソコンは廃棄処分だけではなく、下取りや売却の方法も選べます。お手持ちのパソコンでどの方法が、ご自身の希望状況に相応しい処分方法になるのかをまず検討してみましょう。

今回は、パソコンの処分方法がそれぞれどのような意向があるかによっておすすめの方法を説明しています。費用が安い、もしくは無料なら嬉しい限りですが、その他パソコンを捨てる際のデータ消去の対応の有無についても比べてみましょう。

パソコンの処分方法6選

考えている男性
  1. パソコンメーカーの回収を利用する
  2. 自治体の回収ボックスに廃棄する
  3. 無料回収サービスを利用する
  4. パソコン購入時に家電店を利用する
  5. パソコン買取を利用する
  6. 不用品回収業者を利用する

パソコンは、普通の粗大ゴミのような感覚で処分できないだけに悩んでしまいます。どんな処分方法が適切なのかを把握しておくようにしましょう。

パソコンメーカーの回収を利用する

PCリサイクルマークのついているパソコンの処分にオススメ

PCリサイクルマークをご存知ですか?このマークがすでに貼付されているパソコンは、メーカーが無料でパソコンの回収に応じてくれます。

廃棄費用 リサイクルマークあり 無料
データ消去の対応
  1. メーカーホームページから回収申込
  2. 払込票の受け取り
  3. 料金を郵便局かコンビニで払う
  4. 「エコゆうパック伝票」が配送される
  5. パソコンを梱包し伝票を貼付
  6. 集荷か持込で発送する

PCリサイクルマークがないパソコンを持っている方でも、料金を払えば回収してもらえます。デスクトップパソコン本体・ノートパソコン・液晶ディスプレイ・液晶ディスプレイ一体型パソコンなら3,300円の費用が必要です。

自治体の回収ボックスに廃棄する

手軽に安心して捨てたい方にオススメ

お住まいの自治体で、小型家電リサイクルのための回収ボックスの設置がされているなら、スキャナー・プリンター・携帯電話・ノートパソコンなどの廃棄ができます。回収ボックスの他にも、家庭ゴミの分別回収を行い、その後小型家電を選別するピックアップ回収も対応しているかも同時に調べることもできるので参考にしてみてください。

回収ボックスの確認は、こちらの「小型家電リサイクル回収ポータルサイト」で、行ってください。

廃棄費用 無料
データ消去の対応 ×

無料回収サービスを利用する

複数のパソコンを一度で処分したい方にオススメ

また、パソコンをリユースする企業での処分は、メーカーや自作パソコンでも、回収できるため便利に利用できます。メーカー回収の場合には、パソコン1台ごと申し込みが必要ですが、無料回収サービスは1箱に入る範囲なら複数のパソコンやキーボードやマウス・モニターなど周辺機器まで入れられるので一度に処分を済ませられるのが魅力だと言えるでしょう。

  1. パソコンリユース企業のホームページから申込
  2. 段ボール(事前配送も可能)にパソコンなどを梱包
  3. 佐川急便が自宅へ回収
  4. 完了のメールが配信される
廃棄費用 無料
データ消去の対応 基本的には自身での消去を推奨
△ 消去できない場合 有料3000円で消去対応

パソコン購入時に家電店を利用する

パソコンの買い替えを計画している方にオススメ

新しくパソコンを買い替える時には、家電店で下取りを行っているところもあるので活用して処分する方法も検討してみましょう。店舗へ持ち込みをする場合とウェブサイトで購入の場合に宅配便をする場合もあります。下取りしてもらうことで、新しいパソコンをお得に購入できるのが魅力です。下取り対象とならないケースもあるので、ご自身で動作確認を行っておきましょう。

処分費用 無料
データ消去の対応 △ 家電店によって異なる

買い替えをしない場合でも小型家電リサイクル法で定められたパソコン回収を行っている家電店なら処分に応じてもらえます。たとえば、エディオン・ケーズデンキ・上新電機で対応が可能ですが、全ての店舗で回収に対応していないので、事前に最寄りの店舗で確認をしておくようにしてください。

パソコン買取を利用する

お金をかけずに処分をしたい方にオススメ

中古パソコンは、需要も高いので買取業者を利用して売却する方法も検討してみる価値があります。パソコンの種類にこだわることなく買取してもらえるため、査定を受けてみるのもおすすめです。宅配買取・出張買取・店舗買取と買取方法も選択肢があるので、利用しやすい魅力もあります。メールフォームから、パソコンのOS・容量・CPUなどの情報を入力していくだけでしばらくすると業者から査定額について返信されるので、気軽に問い合わせしてみるのも良いでしょう。

処分費用 無料
データ消去の対応 〇 対応可能な業者が多い

不用品回収業者を利用する

手間をかけずに回収してもらいたい方にオススメ

パソコンを不用品回収業者に処分してもらう方法もあります。ただ、多くの業者が存在しているため、中には悪質な業者に依頼してしまうこともあるので注意が必要です。「チラシに無料回収とあり依頼したら回収費用が3万円かかる」というトラブルも、国民生活センターには寄せられています。不用品回収業者に依頼する際には、他の不用品や粗大ゴミと異なり個人情報の流出が懸念されることから、業者選びにはより注意をしてください。

処分費用 デスクトップパソコン 2,900~3,150円
ノートパソコン 1,900~2,900円
※業者次第で出張費・基本料金がかかることもある
データ消去の対応 △ 業者次第で対応が異なる

不用品回収業者だと、訪問してくれてその場で回収が可能なため、手間がかかりません。また、希望の日時に回収してもらえるため一気に片付けられるメリットもあります。ただし、データ消去をご自身でできない方は、業者の対応を必ず聞いてから依頼の判断をしましょう。

ご相談・お見積り
Web:24時間/お電話:7:00〜21:00
お気軽にお問い合わせください!

パソコン処分の前にすべきデータ消去の方法は?

パソコン本体をハンマーで破壊

パソコンの処分を進めるなら、まずデータ消去を行う必要があります。パソコンにある写真や住所録などを削除したり、初期化をしたりするだけでは完全なデータの消去にはなりません。

専用のソフトウェアで消去する

パソコンが起動して正常に動くなら、専用のデータ消去ソフトで消去を行いましょう。パソコンを初期化するだけでは、データの復元ができてしまうのです。データ消去の専用ソフトがついているパソコンも最近は多くなっていますが、ついていない場合にはフリーまたは有料のソフトを使います。

消去ソフトの入手は、パソコンメーカーや販売店のホームページのに、無料・有料のソフトが紹介されているので検討してみましょう。

専用装置でデータ消去を依頼する

パソコンが起動すらしない、消去の方法が分かりにくいという場合には、消磁装置でデータを消去してもらいます。これは、データ消去を可能としている会社がサービスとして提供可能です。

HDDの物理的な破壊

データ消去を物理的に行うのが、ハードディスクを専用機器で破壊して機能を無くすやり方です。自分でハードディスクをハンマーなどで叩いて壊すと、有害物質の飛散の可能性があるのでやめ、業者に任せるのがおすすめです。

パソコンを適切に処分しないと考えられるリスク

消去しないままの個人情報が残されるのは危険

パソコンには、記憶媒体ハードディスクやSSDが必ず内蔵されています。消去をしないままで、たとえば中古パソコンとして販売されると、データの復元をして前所有者の個人情報が漏えいしてしまいます。悪意のある方が悪用をされる危険性もございますのでご注意ください。

  • 写真・動画
  • メール
  • クレジットカード情報
  • アカウント情報
  • 各種口座情報
  • 住所録など

情報を悪用される方は少ない情報でも使い道を考えられるので、こういった個人情報を漏れなく消去するようにしましょう。

パソコン処分に困ったら不用品回収のすぐ片付け隊が迅速に対応します

パソコンを回収する不用品回収業者

膨大なデータが収められているパソコンですので、捨てようにも悩んでしまうのが当然です。不用品回収のすぐ片付け隊は、パソコンの処分ももちろんサービスの対象となっています。当社では、基本的にHDDやSSDを物理的に破壊してデータへアクセスができない対応を行っていますのでご安心ください。
デスクトップパソコン・ノートパソコン・自作パソコンをはじめスキャナーやプリンターなど周辺機器も回収可能ですので、一気にパソコン関連の処分をしたい時にも手間がかかりません。新しい機種でスペックも高いパソコンであれば、場合によっては買取もさせていただきます。家具や家電・その他の粗大ゴミだけではなく、当社はパソコンの処分もサービス提供できますので、お気軽に相談ください。