土を捨てるのは意外と困る!処分方法と費用・不用品回収に依頼するメリット

園芸 プランター 土

趣味として園芸を行う方も、現在では幅広い世代でたくさんいらっしゃいます。けれども、使用済みになった土の処分がしづらく、意外と困っている人も少なくありません。処分できる場所もさることながら、処分する際の土の重さもネックになる人もいるでしょう。処分方法には、いくつかの方法がありそれぞれ費用の目安も違って来ます。また、身近な不用品回収業者に土の回収も依頼できるのかも気になるものです。

今回の記事は、土が自治体のゴミ回収の対象となっているのか・土の処分方法による料金やメリットの違い・土と同時に園芸用品まで回収してもらうなら不用品回収業者へ依頼の3点をまとめています。

自治体では土の回収にほとんど対応していない

自治体のゴミ回収

ガーデニングや家庭菜園で使用済みの土の処分を自治体のゴミで回収してもらいたいと思っても、多くの自治体は回収してくれません。素人の感覚では、「土に返す」というぐらいなので処理が容易ではないかと思いがちですが、土の処理は困難を極めるゴミとなるため、自治体では回収していない所が実際多いのです。

土の回収可能な自治体でも条件がある

土を回収している自治体では、さまざまな条件があるので守った上で適正に出すようにしましょう。以下の自治体でも、土の量について少量という決まりがあるところがほとんどです。一度にまとめて捨てられるわけではないので、まずは、自治体へ問い合わせをしてみましょう。また、草花の根・枝・石などが混入したままでは受付ができないため、異物はすべて取り除くようにして出しましょう。一部の自治体がどう対応しているのか、以下で紹介します。

横浜市の場合

  • 週2回の「燃えないゴミ」の回収日に出す
  • 半透明の袋に入れる
  • 一度に多量にならないようにする

世田谷区の場合

  • 販売店へ引き取りを依頼
  • 処理業者の案内をしてもらえる

名古屋市の場合

  • 土は少量なら「可燃ゴミ」の回収日に出す

大阪市の場合

  • 鉢植えなど少量の土は「普通ゴミ」の回収日に出す

土の回収を対応可能としている自治体でも、量の制限があるため、たくさんの土があっても一度にまとめて処分することはできず、小分けにするしかありません。

土の処分方法による料金やメリットの違い

プランタと土

土を自治体の回収で出せないことが多くなっているため、別の方法を取る他はありません。処分方法のよる料金やメリットの違いを見て行きましょう。

自分の庭や畑に土を反す

いくら土だと言っても、他人の山や畑などに捨てることはできません。逆に、自分の庭や畑であれば、土を反すことはできます。お金もかからず、捨てられるメリットはありますが、畑が遠い場合には、車で運ぶ手間がかかってしまいます。

農家に土を捨てられるか相談してみる

知り合いの農家の方に、土を捨てられるかこうしょうしてみるのも一つの手です。不要となった土は植物の生育のための栄養素が残っているとは、言えません。土の引取に快諾してくれたとしても、量がどの程度なら可能かも聞いておきましょう。先方に迷惑がかかる可能性もあることも、把握しておくことが大事です。それでも、引き取ってくれる方が居れば、お礼も忘れずに行いましょう。気心の知れたお付き合いがある間柄なら、相談しやすいメリットはあるでしょう。

ホームセンターの土の引取サービスを利用する

土を入れ替えしたい時に便利なのが、ホームセンターの引取サービスです。園芸土を購入したら、古い土を無料で引き取ってもらえます。お店次第で、条件が異なるので以下の点にも注意をしておきましょう。

  • 購入する園芸土に古い土を入れて持参する
  • 石や草花の根など異物を取り除く
  • 古い土を運んだ袋は必ず持ち帰る

このような土の引取サービスを行っているホームセンターは限られているので、処分まで見越して購入を検討するなら最寄りでサービスを行っている店舗があるかを調べておくと、スムーズに購入・引取ができるのがメリットです。

土の回収業者に依頼する


土の回収に対応していない自治体が多いのが、東京23区です。土の回収業者が、存在していることはあまり知られていません。ゴミ袋やレジ袋などに土を小分けしておくだけで、自宅まで回収してもらえます。

東京都内のエリアごとに基本料金が、500円~2,000円の幅で設定され、土の量や状態に応じた料金が加算されます。

異物がない土 60円/㎏
根や茎が混入している土 100円/㎏

基本的に依頼できるのが東京都内の方だけに限られるものの、自宅まで土の専門業者が回収してくれるので処分に悩んでいる時にとても役立つでしょう。実際に、土を小分けする手間はかかりますがどこへ運搬する必要もありません。

不用品回収業者に土の回収を依頼する

自治体で土の回収に対応していない、対応しているのが少量で手間がかかるといった事情がある場合には、不用品回収業者へ相談をしてみましょう。もちろん、どこの不用品回収業者も土の回収に対応しているわけではないので、問い合わせ後、可能であれば見積もりをしてもらうのがおすすめです。

土や砂の処分を対象としている業者の場合、800円/㎏で回収してくれます。先述の土の回収業者と同じように、エリアごとの収集運搬費がかかります。不用品回収業者によって価格はまちまちですので、予め見積もりを取るようにしてください。

最寄りで土や砂に特化している不用品回収業者が見つけにくい場合には、問い合わせの際に「土が回収対象となっているか?」を確認してみるのが賢明です。土の回収に、費用はかかりますが収集運搬もすべて行ってくれるので、安心して任せられるメリットがあります。

自治体のゴミとして「捨てられる土」を購入する

自治体のゴミで土が捨てられなくて悩んでいる方のニーズが多いことから、発売されているのが「捨てられる土」です。植物由来の原料からできているので、燃えるゴミで出せるので、土の処分に悩まずに済むようになります。ただし、捨てる際に外見は普通の土に見えるため、スタッフが回収してくれない恐れもあるので、ゴミ袋に分かりやすく「捨てられる土」であることを書いておきましょう。

プロトリーフ あとラク観葉・多肉の土 3.5L 550円程度
燃やせるごみとして捨てられるエココソイル 14L 1580円程度

これらの商品は、消費者全般の希望が高いわけでもないので、広く流通しやすいセール商品よりも多少は値が張ります。それでも、結果的に処分に費用を掛けなくても捨てられるメリットがあるのは確かです。

土と同時に園芸用品や不用品を処分できるのは不用品回収業者のみ

OKサインをする業者のスタッフ

園芸では、捨てたいと思うのは土だけではなく鉢底石・砂・プランター・支柱など劣化や汚れなどからいろいろな不用品が出て来るものです。置き場所に困ってしまい、庭の隅に寄せておくだけになっていることもあるでしょう。

土だけではなく、園芸に関するものも同時に処分できるのは、ご紹介した方法の中では不用品回収業者のみです。たとえば、自治体のゴミ回収でプランターを出し、不用品回収業者に土を回収してもらうのは、一気に片付くわけでもありません。できるだけ手間を省きたい方やたくさんの古い土を処分したい方には、不用品回収業者の力を借りることでスムーズな処分ができます。