【不用品回収】ピアノの処分方法6選!処分方法の違いによる手間・費用を解説します。

ピアノ 鍵盤

使わなくなったピアノをとりあえず置き続けているけれど、何とか処分したいと困っていることはありませんか?家庭向けの電子ピアノやアップライトピアノは、処分するのにどれくらいの費用がかかるのかも気になるところでしょう。他にも「粗大ゴミで処分できるか?」「不用品回収にピアノを引き取ってもらえるの?」など気になる疑問も何かと浮かぶのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、ピアノの処分方法6選と買取されないピアノの見極め方・不用品回収業者へ依頼する方法をご紹介していきます。

ピアノを「廃棄する」「売る」「譲る」など6つの処分方法

考え込んでいる女性

ピアノを処分するのには「廃棄する」「売る」「譲る」といったやり方がありますが、具体的には以下の6つの方法があります。

  1. 自治体の粗大ゴミ回収を利用する
  2. ピアノ買取業者を利用する
  3. リサイクルショップの買取を利用する
  4. オークションサイトやフリマアプリを利用する
  5. 身内や友人に譲る・施設へ寄付をする
  6. 不用品回収業者を利用する

みなさんがお手持ちのピアノを処分する際、処分にかかる費用の目安や手間などを考えてみて自分にあった最適な方法を選んでみましょう。

自治体の粗大ゴミ回収で対応できる!?

楽器の中でも大型のピアノは、自治体の粗大ゴミ回収で対象品目となっているかどうかも気になるところです。残念ながら、多くの自治体ではピアノを粗大ゴミで回収品目に指定していません。

粗大ゴミとしてピアノを回収してくれる自治体はわずかですが、手順・費用目安は以下の通りです。

  • ピアノのサイズ・種類・回収日を決めて自治体へ電話やインターネットで申し込む
  • 指定販売店で、ゴミ処理券を購入する
  • 必要事項をゴミ処理券に記載してピアノに貼り付けする
  • 粗大ゴミ回収日に指定場所に運ぶ
  • ピアノを粗大ゴミで処分する費用 1,500~2,000円程度

ピアノを回収可能としている自治体で、受け付けているピアノの種類は電子ピアノのみです。ご自身の自治体では対象かどうかお確かめの上、参考にしてみてください。

ピアノ買取業者利用する

愛着のあるピアノをそのまま処分するのは忍びないとか、処分に費用をかけたくないといった希望があるなら、ピアノを買取業者へ売る方法があります。まず、以下のようなお手持ちのピアノの情報をまとめておいてください。

  • メーカー
  • 製造年数
  • 型番
  • ペダルの本数

電子ピアノは、ヤマハ・カワイ・カシオ・ローランド・グラビノーバが主な有名メーカーです。ピアノの発売時期から何年経過しているかによって、大まかな査定額を知ることができます。

たとえば、発売から2年以内なら3~4割の掛け率が査定の目安となるのに対して、発売から9年以上経過していると2割以内の掛け率になり、状態次第では買取不可になってしまうものもあるのです。買取店次第ですが、値段がつかなかったピアノの処分に応じてくれるケースもあるため、ピアノの情報は事前に揃えておくのがおすすめです。

  1. ピアノの必要な情報をまとめておく
  2. ピアノ買取専門店に査定を依頼する
  3. 納得が行けば買取の契約を済ませる
  4. ピアノを引き取り買い取ってもらう
  5. 買い取り代金を受け取る

ピアノ買取は、このような流れで進めていきます。一括査定を活用すれば、できるだけ高値で買い取ってくれるところを探しやすくなるでしょう。

リサイクルショップの買取を利用する

総合リサイクルショップの公式サイトでは、ピアノの買取金額例を紹介しています。お手持ちのピアノと比べてみて参考にしてみるのも良いでしょう。ただし、ピアノ買取業者と比べると総合リサイクルショップは楽器に特化しているわけではないため、査定額が低く出てしまう傾向があります。

リサイクルショップの一括査定サイトを利用すると、おおよその相場をつかむことができるので、他の買取店と比べる際の判断材料にもなる点はとても便利だと言えます。

オークションサイトやフリマアプリを利用する

急いでピアノの処分をしなくても良いという方は、オークションサイトやフリマアプリを利用するのもお得なので便利です。特に需要が高い電子ピアノなら、フリマアプリでも多く出品されています。また、オークションサイトでは電子ピアノだけでなく本格的なアップライトピアノも出品されています。

ピアノの配送となると、気になるのが送料の負担ですよね。ピアノの場合は、基本的に購入者の負担になっている場合が多いです。そのため、出品者は送料をあまり気にせず出品できるでしょう。

  1. 出品するピアノの写真を撮る
  2. 必要な情報を登録する
  3. 取引を始める・購入(もしくは落札)決定
  4. 購入(落札)者へピアノを発送する
  5. 評価を済ませる

大まかな流れは、上記の通りです。処分するまで時間に余裕があるのなら、オークションサイトやフリマアプリを活用すると、他の方法で売れない場合でも買い手が見つけやすく処分費用の節約にもなるというメリットがあります。

身内や友人に譲る・施設へ寄付をする

電子ピアノなら重量が比較的軽いため、これから欲しいと思っている身内や友人に声掛けしてみると思いがけず貰い手が見つかるかもしれません。先方には喜ばれ、所有者は無料で処分できるためお互いにお得ですよね。ただし、譲る相手が遠方となるとピアノの運送にかかる費用も考えておかなくてはならないためご注意ください。

その他には、施設へ寄付するという方法もあります。たとえば、緩和ケア病院やアトリウムのある病院などでは、患者のためのピアノイベントを定期的に開催しているので、ピアノの寄付の申し出を受け入れてくれる可能性も高いのです。

この方法を取ると、自分ではもう不要と思っていたものを寄付することによって多くの方に喜ばれるため、持ち主としてとても嬉しいですよね。この場合に処分費用はかかりませんが、寄付先が遠方の際はこちらもピアノ運送費用がかかるためお気をつけください。

不用品回収業者を利用する

ピアノを処分するのに不用品回収業者を利用する方法もあります。良質なサービスを提供している不用品回収業者なら、ピアノの処分を適切に行ってくれるのが普通です。何より自分の都合が良い日に回収してもらえ、家から運び出す手間もかからないのが不用品回収業者を利用する魅力でしょう。その一方で、費用は粗大ゴミで回収してもらう場合と比べると割高になってしまいます。

  • 電子ピアノ 10,000円程度
  • アップライトピアノ 20,000~30,000円程度

ピアノだけの処分ではなく他にも多くの不用品があるという場合は、不用品回収業者がおすすめです。不用品回収業者の利用ならその他の不用品をまとめて処分できるため、全部の処分費を考えると費用を安く抑えることが期待できます。早急に処分をしなければならない場合でも、最短の希望日に回収してくれるのは心強いですよね。一般的に、不用品回収業者の利用の流れは以下の通りです。

  1. ピアノを回収しているかを業者に問い合わせる
  2. 見積もりを提示してもらう
  3. 納得が行けば希望日時にピアノを回収してもらう(見積もり後にすぐ回収も可能)
  4. ピアノの回収料金を支払う

すぐ片付け隊の場合は、最短で当日にお見積もりが可能です。また、もしもピアノを含めた不用品回収のお見積もりにご納得頂けない場合は、費用を頂いておりません。相談は無料でできるので、迷っている際はお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積り
Web:24時間/お電話:7:00〜21:00
お気軽にお問い合わせください!

こんなピアノは買取されない!

古いピアノ

これから処分を考えているピアノの状態が以下に当てはまる場合には、査定を受けても残念ながら値段がつかないことがあるというのも知っておきましょう。

  • 相場が現状で安いピアノ
  • 損傷や汚れが著しいピアノ
  • 年式が古いピアノ

30年前に製造されたアップライトピアノやグランドピアノは、現在でも査定額がつきます。しかし、電子ピアノはそれ程年数が経過していれと買取対象となりません。電子ピアノに関しては、比較的新しいものであれば査定を受けてみることをおすすめします。

処分に困るピアノはすぐ片付け隊へお任せを!

お辞儀をする女性スタッフ

粗大ゴミで回収できない自治体にお住まいの方や他店で買取対象とならなかった方など、不要なピアノの処分に困った時は、不用品回収・買取まで行っているすぐ片付け隊へご相談ください。

お見積りは無料で承りますので、安心してWEBフォームよりお問い合わせください。稼働してる最寄りのトラックがすぐに引き取りに伺うことができるので、早ければ即日に回収ができるケースも珍しくありません。その他の不用品も合わせて一気に処分をすることで、より安く抑えることもできます。ぜひ、ご検討くださいませ。