スプレー缶の処分方法(捨て方)ってどうすればいいの?処分方法を解説します!

今回の記事では、スプレー缶の2つの処分方法(捨て方)について解説します。先に説明すると、基本的にスプレー缶の処分方法は、

  • 自治体でのゴミ回収
  • 不用品回収業者に依頼

の2つの方法があります。しかし、ただ回収してもらうと言っても回収前にやらなければならないことや注意点が多くあります。そこで、スプレー缶を処分する手順や中身を捨てる具体的な方法3つ、加えて処分する際の注意点や費用についてもまとめました。これからスプレー缶を処分したい方はぜひとも活用してください。

スプレー缶を処分するための手順

スプレー缶は普通のゴミとは違って処分するために以下のような手順があります。

  1. 中身を捨てる
  2. 透明な袋に入れる
  3. 自治体の指定する日時や場所に捨てる

スプレー缶は通常のゴミよりも危険なものであり、きちんとルールを守って捨てなければいけません。それでは、スプレー缶を処分するための手順について解説しましょう。

中身を捨てる

スプレー缶にはいろいろな種類があり、それぞれ中に含まれているガスの種類は違います。それでも、基本的にどのスプレー缶の中身は危険なものです。毒性のある成分が含まれていたり、引火する可能性のあるガスが入っていたりするケースがあります。そのため、スプレー缶を処分する前に中身をきちんと捨てておくことが大切です。もし中身が入ったままだと、ゴミ収集車の中で爆発するケースもあり大変危険なのです。

透明な袋に入れる

スプレー缶の中身を捨てたあとは、透明な袋の中に入れておきましょう。透明な袋であれば、回収の際に中身を確認することができます。中身がはっきり見えない袋に入れてゴミとして出しても回収されません。中身が確認できるのであれば、ロゴ入りの袋であっても問題ないです。ただし、自治体ごとに細かなルールが定められていることもあるため気をつけましょう。

自治体の指定する日時や場所に捨てる

スプレー缶を回収する日時や場所は自治体ごとにルールが定められています。自治体のホームページを確認すれば、詳しいことが説明されています。あるいは、電話で問い合わせて確認することも可能です。ゴミ出しのルールが記載された冊子がある場合も多いので、まずは確認してみましょう。

スプレー缶の中身の処分方法

スプレー缶の処分手順はわかったけれども、中身を捨てる方法がわからないという方もいるでしょう。ここからは、スプレー缶の中身を捨てるため方法をご紹介します。その方法は大きく分けて3つあります。

  1. 空気中に出し切る
  2. 穴あけ器を利用する
  3. 紙類に吸わせる

それでは、それぞれの方法を詳しく解説していきましょう。

空気中に出し切る

比較的危険性の少ないガスであれば、空気中に出し切って処分することができます。消臭スプレーやヘアスプレーといったものであれば、空中に放出する方法で処分しても構いません。ただし、けっして屋内で放出するのは避けましょう。必ず屋外で周りに火の気がないことを確認してからガスを出してください。

穴あけ器を利用する

スプレー缶に穴をあけて中身を出し切るという方法があります。穴あけ機がホームセンターなどで市販されていて、それを使うことで簡単に穴をあけられるのです。ただし、キリなどを用いて無理やり穴をあけるのはおすすめしません。キリで穴をあけるのは慣れていないと危険で、怪我をする恐れがあります。また、自治体によってはスプレー缶に穴をあけることを禁止しているケースがあります。

穴をあけてガスを出すのは、中身が勢いよく噴出する可能性もあり危険です。穴をあけるときに金属がこすれることで火花や静電気が発生して引火する恐れもあります。そのため、基本的に穴をあけてガスを出すことはあまりおすすめできません。

紙類に吸わせる

空気中に放出するのは引火の危険性などがあり気になるという方は、紙類に染み込ませるという方法があります。トイレットペーパーや新聞紙に向かって噴出させることでガスが吸われていきます。ビニール袋の中に紙類を入れて、そこに放出しましょう。また、屋内ではなく屋外で風通しのよい場所で作業することが大切です。

スプレー缶を処分するときの注意点

スプレー缶を処分するときには、さまざまな注意点があります。どういった注意点を守るべきなのか、詳しくみていきましょう。

中身を出すときの服装や場所に注意する

スプレー缶の中身を処分するときに服が汚れてしまうことがあります。そのため、汚れてもいい服を着て作業をしましょう。また、静電気が起きにくい素材の服を選ぶことも大切です。万が一、静電気が発生すると引火の恐れがあります。特に冬場は空気が乾燥していて、重ね着することが多く、静電気が発生しやすいです。

作業は素手でするのではなく、必ず手袋を着用しましょう。できることなら肘あたりまでしっかりと覆えるような手袋が望ましいです。さらにマスクも着用することでガスを吸ってしまう危険性を避けられます。

場所は火の気がなくて風通しがよい場所にすることが大切です。風上側で作業をすることで、ガスを吸うリスクを避けられます。たとえば、一軒家であれば庭で作業をし、マンションの場合はベランダで窓をしっかりとしめておき、隣の人が洗濯物を干しておらず窓もあけていないタイミングで行うとよいでしょう。

自治体ごとに細かなルールが異なる

スプレー缶の処分の方法は自治体ごとにルールが大きく異なります。たとえば、ガスを出し切ってから穴あけをして出す自治体と、穴あけをせずそのまま出す自治体があります。ビニール袋に「キケン」と書いて出さなければいけないケースもあります。細かいことは事前にご自身の自治体のホームページなどでチェックしておきましょう。

わからないことは自治体や製造元に問い合わせる

スプレー缶の処分でわからないことは、どんなに小さなことであってもすぐに問い合わせをしましょう。その際には自治体だけではなく、スプレー缶の製造元に問い合わせをするという方法もあります。製造元であれば、スプレー缶のことを熟知していて、疑問にしっかりと答えてくれるでしょう。

スプレー缶の種類によって中身の捨て方は異なる

スプレー缶の種類によっては、中身の捨て方に気をつける必要があるものも多くあります。たとえば、殺虫剤などの薬剤系のスプレー缶は引火性が高いだけではなく、殺虫成分が含まれるため環境に及ぼす影響が大きいです。そのため、薬剤系のスプレー缶の処分は、紙類に吸わせる方法がよいでしょう。

また、カセットコンロに使われるスプレー缶はLPガスが含まれています。こちらは爆発の危険性があるため引火に気をつけましょう。空気中に放出したとしても特に問題はありませが、中身が少しでも残っていると危険なため必ず出し切りましょう。

他にも、ヘアスプレーなどは髪の毛を固めるための成分が含まれていて、これを屋外で噴出すると周辺を汚す可能性があります。そのため、紙類に吸わせて処分しましょう。このようにスプレー缶の種類によって捨て方には注意が必要なのです。

スプレー缶処分にかかる費用について

正しい処分方法がわかったところで、みなさんも気になるのは「スプレー缶の処分にはいくらかかるのか」という費用の面ですよね。そこで最後にスプレー缶の処分にかかる費用についてご説明し、本記事を締めくくっていきましょう。

自治体は無料で回収してくれる

自治体に回収してもらう場合には基本的にゴミ袋以外の費用はかかりません。これは、普段のゴミ出しと同じような扱いとなるからです。ただし、ルールを守っていないと回収されないことがあります。きちんと指定された方法にしたがって中身を処理して、指定日・指定場所にスプレー缶を出しておきましょう。

有料でスプレー缶を回収してくれる業者がある

自治体とは別で、スプレー缶の回収を行っている業者があります。それは不用品回収業者です。家電や大型家具の回収イメージの強い不用品回収サービスですが、業者の中にはスプレー缶にも対応しているところもあります。ただし、スプレー缶のような危険物の回収に対応していない業者も少なくありません。そのため、事前に対応しているかどうか確認しておきましょう。

不用品回収業者を利用する場合、回収には費用がかかります。しかし、処分しなければならないスプレー缶が大量にある方や他にも不用品がたくさんあって一気に処分してしまいたいという方にとって、一つ一つ時間をかける余裕はなかなかないですよね。そうした場合、一気に処分してくれ手間も省いてくれる不用品回収のサービスはとても便利なのです。

ただし、不用品回収業者の中には違法な営業をしているところがありますので、許可証をしっかり持っているか確認するのも大切です。すぐ片付け隊は、70,000件以上のご相談を受けている正規の不用品回収業者です。お急ぎの方であれば最短当日でお見積もりにお伺いすることも可能です。相談は無料なので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積り
Web:24時間/お電話:7:00〜21:00
お気軽にお問い合わせください!

不用品回収の料金相場一覧のページはこちら

スプレー缶の処分方法まとめ

スプレー缶は中身のガスに引火性があり、毒性が含まれるケースもあるため、処分するときには十分注意しなければいけません。基本的には自治体に回収してもらえるのですが、その場合はご自身で中身をしっかりと空にする必要があります。安全な方法でしっかりと中身を出し切ってから、指定された方法で回収をしてもらいましょう。自分で処分するのが不安なときには、自治体や業者に相談してみましょう。

大量処分に困っている方は、すぐ片付け隊までWEBフォームよりご相談のご連絡をお待ちしております!