【ベッドの処分】ラクで安い方法はある?ベッドの処分方法3つ

ベッドの処分はとにかく大変・・・そんなときはすぐ片付け隊におまかせください!

生活に欠かせない家具であるベッドですが、不要になった場合どうやって処分すべきかご存知の方は意外に少ないはず。

「要らなくなった介護ベッドの片付け方が分からない」
「買い替えをしたいけれど、古いベッドはどうすればいいの?」

・・・など、大型家具だけにいざという時対応に困ってしまうことでしょう。

そこで今回はみなさんに、迷いがちなベッドの処分方法について詳しく紹介したいと思います。ラクに片付ける方法や費用を抑える手段まで分かるので、ぜひ参考にしてくださいね。

「色々考えるのは面倒!」という方
ベッドの処分を丸っとお任せするなら、まずはすぐ片付け隊にお問い合わせください!

ベッドを処分する方法は3つ

ベッドの処分方法は大きく分けて、自治体回収・リサイクルショップ・不用品回収の3タイプあります。それぞれどんな方法なのか、続けてしっかり確認していきましょう。

  1. 自治体の粗大ゴミ回収を利用する
  2. リサイクルショップで買い取ってもらう
  3. 不用品回収業者に依頼する

「一気に全部比較したい!」方はこちらから

自治体の粗大ゴミ回収

粗大ゴミ収集ご利用の流れ
・自治体に事前申込み → 料金の支払い(粗大ゴミ券の購入) → 収集日に指定の場所へ搬出
・ゴミ処理施設に事前申込み → 施設への持ち込み → 料金の支払い

ベッドは大型家具として、自治体の粗大ゴミとして出すことができます。

粗大ゴミの出し方は自治体によって異なりますが、他のゴミ同様平日のみの収集が一般的。お仕事や家事のスケジュールを考えて申込むようにしましょう。

また「よくあるお困りごと」のコーナーでもご紹介しますが、ベッドフレームとマットレスは別々に出すルールの自治体も多いのでご注意を。

各地域の粗大ゴミの出し方はこちら

ゴミ処理施設への持ち込みには車が必須!
運び込みには体力が要るので、人手は多い方が安心です。

リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップご利用の流れ
事前申込み → 自己搬出 → 査定(見積もり) → 売買契約 → 出張費や運搬費の支払い

要らなくなったベッドは単に廃棄するのではなく、リサイクルショップに買い取ってもらうことも可能です。

お店によって手順はさまざまですが、自己搬出などが不要のサービスも中にはあります。リサイクルを検討される場合はご希望通りのお店があるか、しっかり下調べしておくと安心です。

なおベッドを含む大型家具を買い取ってくれるお店は限られるため、ご自宅までの出張費はきちんと確認しておきましょう

新品・ブランド品のベッド以外は値段がつきにくいことにもご注意を!

不用品回収業者に頼む

不用品回収業者ご利用の流れ
お問い合わせ → お見積り → お見積り納得後お支払い → 収集

ベッドを処分するにも色々なやり方がありますが、1番手間がかからないのは不用品回収業者に依頼する方法です。

不用品回収業者のいい点は何といっても、自分で大きくて重いベッドを運ぶ必要がないということ。依頼した後は搬出も運搬もすべてお任せでき、簡単にベッドの処分が終わります。

さらに他の不用品があればまとめて処分してくれるため、短時間でお部屋中を片付けられます。もちろんあなたの希望に合わせて来てもらえますから、時間の融通が利くという面でもメリットは大きいといえるでしょう。

お任せOKだから、引っ越しや大掃除の際も便利です!

3つの処分方法比較表

回収料金の比較

  自治体 リサイクルショップ 不用品回収業者
ベッド 1,000円~ 3,000円前後
(店舗による)
3,500円~
自分で動かないといけないから、自治体とリサイクルショップはお安めなんだね。
そうだね。だけどその時間を他に使える分、
不用品回収の方がコスパが良いともいえるよ。

対応日・日時指定の有無

  自治体 リサイクルショップ 不用品回収業者
日時指定 × 対応可能
土日対応 × 店舗による 対応可能
即日対応 × × 対応可能
自治体やリサイクルショップは都合に合わせづらいんだなー。
地域やお店によって異なるけど、
基本的に自治体回収やリサイクルは忙しい人にとって不便だよね。

時間や手間の比較

  自治体 リサイクルショップ 不用品回収業者
お申込み 1週間前まで 前日まで 当日可能!
処理券の購入 事前購入など 不要 不要
ゴミ回収作業 ご自身で ご自身
or
お任せ
お任せ!
事前準備 役所手続きや荷造り 運び出し 当日待ってるだけ!
自治体やリサイクルショップだと、事前準備がツライなあー
手続きや準備が煩雑なのは悩ましいね。
一方不用品回収業者なら手間が一気に省けるよ!

【結論】1番ラクなのは不用品回収業者

こんな人は
自治体へ
  • 人手や車の手配ができる
  • 自分で回収場所まで運べる
  • 平日スケジュール調整できる
こんな人は
リサイクルショップへ
  • ベッドが新品同様または高級ブランド
  • 自分で屋外まで運べる
  • 出張費無料圏内にご自宅がある
  • どんな査定結果でも納得できる
こんな人は
不用品回収業者へ
  • 自分で運ぶのは難しそう
  • 平日は仕事や育児で対応できない
  • ベッドの他にも処分したいものがある
  • とにかく時間や手間をかけたくない
すぐ片付け隊はあなたの「今すぐ!」にも対応可能!
料金についても頑張らせていただきます!
ご相談・お見積り
Web:24時間/お電話:8:00〜20:00
お気軽にお問い合わせください!

回収料金は11,000円からとなります。

※ すぐ片付け隊は自治体の粗大ごみ回収ではございません。

ベッドの処分によくあるお困りごと

ベッドは大きな家具ですから、処分に際し何かしらのお困りごとに直面することがあるはずです。ベッドの処分をできるだけスムーズに進めるためにも、予備知識としてベッドの処分につきもののトラブルを把握しておきましょう。

スプリングマットレスは粗大ゴミに出せない!?

ベッドの処分=マットレスも一緒に処分できそうに感じますが、実はそうではありません。自治体によってはマットレスは粗大ゴミ回収対象外となっていて、出し方には注意が必要です。

マットレスにはウレタンとスプリングの2種類ありますが、スプリングマットレスはその名の通り金属のバネが入っています。つまり分別が必要なため、粗大ゴミに出せないこともあるというわけです。

また回収可能であったとしても、分別の手間がかかる分費用は割り高ということも心得ておきましょう。

✓マットレスは粗大ゴミに出せない、または別途料金がかかる可能性大

そもそも大きくて運び出せない…

ベッドは意外に大きくて重いため、そもそも自分で運び出すのは難しいかも知れません。材質などによって異なりますが、概ね10~20kgはあると考えた方がいいでしょう。

解体できるものなら何とかなりますが、バラすのが難しいと1人で搬出するのは大変です。無理をすれば身体を傷めたり屋内をキズつける可能性もありますし、運び出せる算段がない時はプロに任せる方が安心でしょう。

✓ベッドは意外に大きくて重いため、自分で運び出すのは難しい

ブランド物以外買い取ってもらえない!?

突然ですが、みなさんはボロボロのベッドで眠りたいと思いますか?もしそんな状態のベッドが売っていたら、どんなに安くても買う人はいないはず。

つまり使い古されたベッドは商品にならないため、リサイクルショップでも買い取ってくれないケースがほとんどです。

買い値がつくものは高級ブランド品や新品同様のものなど、商品価値が高いベッドのみ。それ以外は望み薄なので、初めから別の方法でベッドの処分を進めましょう。

買い取りの注意点などについてはこちら

✓リサイクルショップに買い取ってもらえるのは、商品価値の高いブランド品や新品同様のベッドのみ
ちなみに買い替えの場合でも、
引き取りNGのお店があるためご注意を!
すぐ片付け隊が70,000件ご相談いただく理由
すぐ片付け隊駆けつけるのが早い、
即日対応!
即日対応できる秘密は?

トラック稼働台数業界最大級大量のご依頼でも
大丈夫!

全てのトラックにGPS搭載最寄りトラックが
すぐ対応

すぐ片付け隊回収料金を安く提供
できます!
安く提供できる秘密は?
不用品回収ならすぐ片付け隊におまかせ!

※2010年~2019年弊社問い合わせ実績 2020年1月時点

ベッドの処分にお困りなら「すぐ片付け隊」にお任せください!

不用品回収ならすぐ片付け隊におまかせ!

普段何気なく使っている家具ですが、ベッドは意外に大きくて重く、処分に手こずる大型家具の1つです。「1人では処分できない」「引越しまでに急いで処分したい」などお困りでしたら、ベッドをラクラク処分できる「すぐ片付け隊」に相談してみてはいかがでしょうか。

トラック稼働数は業界最大級の当社は、迅速な対応でサービス提供が可能です。ベッド処分のお悩みがあるご家庭へ、いち早く駆けつけさせていただきます。
まずはWEBフォームよりお気軽にお問い合わせくださいませ。