マットレス処分の料金・処分方法!種類別の解体と分別方法も解説

マットレス処分をしたいと考えたときに、どうやって処分をすればいいのか、処分費用はどれくらいなのか、など疑問点がたくさん出てきますよね。マットレス処分は自分に合う方法を選ぶことが大切です!

当記事では、マットレス処分にかかる料金や5つの処分方法などを解説します。この記事を最後まで読んでいただくことで、自分に合うマットレス処分の方法を発見できますよ。ぜひ、参考にしてください!

マットレスの処分方法
体力に自信のある人はこっち!
ラクして処分したいならこっち!不用品回収業者を利用!お金はかかるけど、今すぐ処分できる!部屋から運び出さなくてOK!安く処分するポイント、1点だけよりも数点まとめて処分するほうが断然お得
不用品回収業者に依頼する場合、マットレスの相場はだいたい 2,000円~9,000円くらいです。参考まで!
すぐ片付け隊のアイコン
ご相談・お見積り無料
Web:24時間/お電話:8:00〜20:00
お気軽にお問い合わせください!

回収料金は11,000円からとなります。

マットレス処分にかかる料金

自治体の粗大ごみに出す400円~2,800円
※自治体によって異なる
リサイクルショップ処分費用0円
※もしくは引き取り不可
フリマアプリ・ネットオークション2,388円~ 28,289 円
※ヤマト便利用の場合
※引き取りの場合は0円
新品購入時の引き取り0円~3,300円
※販売店によって異なる
不用品回収業者2,000円~9,000円
※運搬費・人件費がかかる場合も

マットレスの処分は選ぶ方法で費用が異なります。粗大ごみとして捨てる方法が最も安いと思われがちですが、新品を買うタイミングであれば引き取りサービスの方が安くなることもあります。

また、ウレタンやコイルなど素材、自治体や選ぶ業者によって費用が変わるため、上記の表は目安料金として参考にしてください。

あわせて読みたい

不用品回収会社が解説する料金の仕組みと料金相場!賢く安く依頼する7つのコツ

マットレスのおすすめ処分方法5選!

マットレスの処分には様々な手段がありますが、その中からおすすめの処分方法を5つ紹介します。それぞれの処分方法には良い点と悪い点があるため、自分に合う方法を見つける参考にしてください。

①自治体の粗大ごみに出す

処分費用400円~2,800円
※自治体によって異なる
メリット料金が安い
デメリット予約・持ち運びの手間がかかる、収集不可の場合も

マットレスは自治体の粗大ごみとして捨てることが可能です。粗大ごみとして捨てる場合は、電話やインターネットで予約後にシールを購入し、決められた日時に決められた場所へ捨てます。

しかし、大きいサイズやスプリングコイル入りのものは粗大ごみとして捨てられないことがあります。例えば、東京都の西東京市ではスプリングコイルのものは収集不可とされています。

②リサイクルショップ

処分費用処分費用0円
※もしくは引き取り不可
メリット買取の可能性がある
デメリット持っていく手間がかかる、買取不可の場合も

マットレスの状態が綺麗であれば、リサイクルショップで買取の可能性があります。買い取ってもらえれば処分費用がかからず、さらにお金を得ることができます。

直接リサイクルショップに持っていく手間がありますが、新品同様に綺麗であればリサイクルショップに持っていく方法はおすすめです。しかし、状態が良くなければ、買取不可の可能性があるリサイクルショップは止めた方が賢明です。

③フリマアプリ・ネットオークション

処分費用2,388円~ 28,289 円
※ヤマト便利用の場合
※引き取りの場合は0円
メリット売却の可能性がある
デメリット送料が高い、売れ残りのリスク、トラブルの可能性がある

メルカリなどのフリマアプリや、ヤフオクなどのネットオークションでマットレスを売ることもできます。リサイクルショップと同様に新品同様に綺麗な状態であれば、売れる可能性はあるでしょう。

しかし、送料が高いため商品の価格も高くなり、売れ残りのリスクがあります。現地引き取りの方法で売っているケースも多いですが、引き取り時にトラブルが起きたら自分で解決をする必要があります。

④新品購入時の引き取り

処分費用0円~3,300円
※販売店によって異なる
メリット料金が安い、手間がかからない
デメリット新品を購入しないと利用できない

新しいマットレスを購入するために、古いものを捨てたいのであれば、新品購入時の引き取りサービスがぴったりです。配送時に古いものと新しいものを交換できるため、手間もかかりません。

通販サイトのベルメゾンでは条件が合っていれば無料で、ニトリでは3,300円で引き取りを依頼することができます。その他の販売店でも引き取りサービスを行っている会社は多いため、購入時に問い合わせてみてください。

⑤不用品回収業者

処分費用2,000円~9,000円
※運搬費・人件費がかかる場合も
メリット運ぶ手間がかからない、便利、対応が早い
デメリット粗大ごみより料金が高い

マットレス処分は不用品回収業者に回収を依頼することもできます。粗大ごみよりも処分費用が高くなるものの、捨て方を調べる必要や、持ち運ぶ手間がなくなり便利なのがメリットです。

また、最短で即日対応のため、急な引っ越しなどすぐ捨てたいときに向いています。業者に依頼をする場合は、別途で運搬費や人件費がかかることがあるため、事前に見積もりを取ると安心して依頼ができます。

種類別!マットレスの解体・分別方法

マットレスを自力で解体・分別するための方法を、種類別に解説します。ハサミやのこぎりを使う作業になるため、自力で解体をする場合は怪我に最大限注意するように作業を進めてください。

ウレタン・樹脂素材マットレス


  1. ハサミを使って縫い目を切る
  2. 表布と中身(ウレタン・ ポリエチレン樹脂)に分ける
  3. 表布と中身を小さくハサミで切る
  4. 表布のファスナーなど金属があれば切り、分別する
  • 使用する道具=ハサミ、軍手、マスク、ごみ袋

ウレタンや樹脂素材の場合は、上記の流れで解体します。ウレタンや樹脂素材であれば、小さく切れば中身の素材も燃えるゴミとして捨てることができます。可燃ゴミは無料で捨てることができるので経済的です。

ファスナーなど金属部分があればその部分のみ切り、不燃ごみとして出しましょう。使用する道具として軍手やマスクは安全に作業を行うために、準備をしてください。

スプリングコイルマットレス


  1. ハサミを使って縫い目を切る
  2. 表布を取り外す。スプリングの上に綿などがあれば同様に取り外す
  3. 両面の表布や綿を取り外し、コイルのみにする
  4. ボルトクリッパーを使用して、コイルを小さくカットする
  • 使用する道具=ハサミ、ボルトクリッパー、軍手、マスク、ゴミ袋、土嚢袋

スプリングコイルの場合は上記の流れで解体しますが、大変な作業なので自力での解体はおすすめできません。半日~1日くらい時間がかかることを覚悟の上で行ってください。また、切ったコイルは危険なので気を付けてください。

ボルトクリッパーはコイルを切るために使用します。マットレスのスプリングは個数が多く、スムーズに切るために必須アイテムのボルトクリッパーは、ホームセンターで購入できます。

小さく切ったコイルは不燃ごみとして出すことができます。その際に直接ごみ袋に入れてしまうと袋が破れてしまうため、土嚢袋など丈夫な袋に入れてから指定のごみ袋に入れるようにしてください。

足つきマットレス


  1. ハサミを使って縫い目を切る
  2. 表布、中身の綿やコイルなどを取り外す
  3. 木製のフレームと足部分をのこぎりでカットする
  • 使用する道具= ハサミ、ボルトクリッパー、のこぎり、軍手、マスク、ゴミ袋、土嚢袋

足つきの場合は中身にコイルが使われていることが多いため、スプリングコイルマットレスと同様に解体作業が大変になります。コイルは不燃ごみ、木製のフレームは可燃ごみとして分別できます。

木製のフレームを小さくするために、のこぎりを使用するので床に傷を付けないように気を付けて作業をしてください。1日作業では終わらない可能性があるため、できれば次の日も時間を確保しておくと安心です。

マットレス処分は不用品回収業者がおすすめ!

マットレス処分にはいくつか方法がありますが、その中でも不用品回収業者に任せるのがおすすめです。なぜ不用品回収業者がおすすめなのか、その理由を3つ解説します。

【理由①】解体が必要ない

マットレスの解体は非常に手間がかかり、怪我の恐れもあります。また、ボルトクリッパーや土嚢袋など、使用する道具がなければホームセンターなどで買う必要があります。

不用品回収業者の回収では、自力での解体が不要になります。解体に自信がない方や忙しい方は、ぜひ依頼をしてみてください。

【理由②】単身者・お年寄りも安心

マットレスはサイズが大きく重たいものがあり、単身者が一人で持ち運びをするのは困難です。また、お年寄りなど重い荷物が持てない場合にも、捨てることは大変でしょう。

不用品回収業者に依頼をすれば、自分で持ち運ぶ必要がないため単身者やお年寄りも安心して捨てられます。

【理由③】どの種類のマットレスも回収可能

自治体ではスプリングコイルマットレスは捨てられないなど、種類によっては受け入れてもらえません。しかし、不用品回収業者であれば一般的なマットレスであればほとんどが回収対象になっています。

そのため、自治体に受け入れてもらえなかったとしても、業者に依頼をすれば回収してもらえます。 自治体に断られてしまって困っている方は、ぜひ不用品回収業者に依頼をしてみてください。

あわせて読みたい

不用品回収の見積もり方法!優良業者に安く依頼するためのコツを解説

マットレス処分を便利な不用品回収業者に依頼しよう!

当記事では、マットレス処分に必要な料金や5つの処分方法などについて解説しました。マットレス処分は、解体作業が不要な不用品回収業者に依頼をするのがおすすめです。

持ち運びが難しい、粗大ごみとして収集不可のマットレスの解体に自信がない、すぐに回収して欲しい、そんな方は便利な不用品回収業者に依頼をしてみてください!

東京都内で不用品回収が可能なエリア

神奈川県で不用品回収が可能なエリア

埼玉県で不用品回収が可能なエリア

千葉県で不用品回収が可能なエリア