マッサージチェアの処分方法7選!費用相場や高価買取のコツもご紹介!

マッサージチェアは、重量があって大きいものが多いため、処分するとなると大変です。「重くて大きいマッサージチェアは、どうやって処分すればいいの?」と、疑問に思う方も多いことでしょう。

マッサージチェアの処分方法は、「破棄・買取・譲る」の3つに分かれます。この記事では、マッサージチェアを処分する7つの方法を紹介します。また、マッサージチェアを高く買い取ってもらうためのコツも解説しますので、最後までご覧ください。

マッサージチェア処分時の費用相場

マッサージチェアを処分する際にかかる費用相場を表にまとめました。以下の料金は目安なので、あらかじめご了承ください。

自治体の粗大ごみとして出す1,000~2,000円
家電量販店に引き取り依頼をする購入時:無料または約3,000円~
処分のみ:約7,000~8,000円
不用品回収業者に依頼する約8,000円~
ネットオークションでの買取相場約8,000~100,000円
リサイクルショップ・買取業者での買取相場約3,000~30,000円
知人または掲示板サイトに書き込みをして譲る無料

【破棄する場合】マッサージチェアを処分する方法

マッサージチェアを破棄する場合の処分方法は、以下の3つです。

  1. 自治体に粗大ごみとして出す
  2. 家電量販店に引き取り依頼をする
  3. 不用品回収業者に依頼する

各処分方法のメリット・デメリットを踏まえて解説しますので、参考にしてみてください。

方法1.自治体に粗大ごみとして出す

マッサージチェアは、家電リサイクル法の対象商品ではないため、自治体に粗大ごみとして出せます。自治体が回収・処分しているので不法投棄の心配もなく安心です。

粗大ごみとして出す場合は、指定の回収場所またはごみ処理センターまで持参する必要があります。どちらも、事前に「粗大ごみ受付センター」へ問い合わせをして、回収日時の予約をします。

予約ができたら、コンビニなどで粗大ごみ処理券を購入し、マッサージチェアに貼り付けましょう。その後、指定のごみ置き場におけば処分が完了します。

マッサージチェアを運ぶときは、以下2点に注意しましょう。

  • 壁や家具にぶつけて傷を付けない
  • 運搬中にケガをしないようにする

自宅から持ち運ぶのが難しい場合は、無理をせず別の方法での処分をおすすめします。

自治体の粗大ごみとして出す1,000~2,000円

方法2.家電量販店に引き取り依頼をする

家電量販店では、マッサージチェアの引き取りサービスをしています。購入店なら、無料で引き取ってくれることがあります。購入店ではなくても店舗によっては有料回収しているため、確認しみることをおすすめします。

もし、古いマッサージチェアを処分後に新規購入を検討している場合は、下取りサービスを利用しましょう。購入金額から下取り金額を差し引くため、お得に新しいマッサージチェアを購入できます。

家電量販店なら古いマッサージチェアを回収後、新しいものを設置してもらえます。自分で運ぶ手間が省けるのは嬉しいポイントです。ただ、店舗によって下取りサービスの有無・下取り金額や運搬費用に差があるなど違いがあります。必ず複数の店舗に確認して、比較しましょう。

家電量販店に引き取り依頼をする購入時:無料または約3,000円~
処分のみ:約7,000~8,000円

方法3.不用品回収業者に依頼する

マッサージチェアを不用品回収業者に依頼すると、手間をかけずに処分できます。不用品回収業者なら、自分の好きな日時に依頼ができるため、平日休みの方でも安心。他にも、以下のような場合に不用品回収業者は役立ちます。

  • 処分したいマッサージチェアが100㎏以上あって運搬ができない
  • エレベーターがなくて、階段からの運び出しが難しい

不用品回収業者の料金は、マッサージチェアのサイズ・重さ・設置場所によって異なります。複数の業者に見積りを出してもらい、納得ができた業者に依頼しましょう。注意点は、悪徳業者に依頼しないこと。悪徳業者に引っかかると、不法投棄や高額請求される恐れがあります。

  • 回収業務を行うために必要な一般廃棄物収集運搬業の許可を受けているか
  • 見積り依頼をしたときに、丁寧な対応をしているか
  • 業者のホームページに会社の詳細が明記されているか

優良業者を見つけるためには、上記の3点を確認することが大切です。

不用品回収業者に依頼する約8,000円~

【買取・譲る場合】マッサージチェアを処分する方法

マッサージチェアを買取・譲る方法には以下4つの方法があります。

  1. ネットオークションに出品する
  2. リサイクルショップに持参する
  3. 買取業者に依頼する
  4. 知人または掲示板サイトに書き込みをして譲る

状態がよいマッサージチェアなら高額買取も期待できるため、破棄する前に買取依頼へ出すのがおすすめです。

方法1.ネットオークションに出品する

普段からネットオークションを利用している方は、マッサージチェアを出品してみましょう。メリットは、リサイクルショップよりも高額で売れる可能性があることです。人気メーカーの場合、希望価格よりも高い金額で落札されやすいです。

デメリットは、出品したからといって必ず売却できるとは限らないこと。購入者が現れないと処分ができないため「早く片付けたい」方には向いていません。その他、以下のデメリットもあるので、しっかりと頭に入れておきましょう。

  • 出品する際に写真撮影や詳細情報を記入する必要がある
  • 売却が決定したあとに、梱包・発送などの作業がある
  • 配送料が高いため、赤字になる可能性がある

特に、ユーザーが分かりやすいように、写真撮影や詳細情報の記入は丁寧に行いましょう。ネットオークションは個人とのやり取りなので、トラブルも少なくありません。売却後にクレームがきてトラブルになると、より時間や手間がかかります。未然に防ぐために、マッサージチェアの状態を細かく記載してください。

ネットオークションでの買取相場約8,000~100,000円

方法2.リサイクルショップに持参する

自宅近くにリサイクルショップがある場合は、買取依頼に出すのも一つの方法です。リサイクルショップであれば、その場で査定~買取まで行うため、処分費用や手数料がかかりません。

店舗の中には、宅配買取や出張買取を行っているところもあります。近くにリサイクルショップショップがない・持参するのが難しい方におすすめです。ただし、以下の条件に満たしていないと買取不可になることがあるので、ご注意ください。

  • 製造から5年以内のマッサージチェアであること
  • 保証書や取扱説明書など付属品が揃っていること
  • マッサージチェアが有名のメーカーであること
  • 傷や汚れがなくキレイな状態であること

買取依頼に出す前に、必ず買取対象かどうかをショップに確認しましょう。

リサイクルショップでの買取相場約3,000~30,000円

方法3.買取業者に依頼する

家具やゲームなどの買取を行う専門業者でも、マッサージチェアの買取を実施しています。買取まで時間がかかるネットオークションと比べて、すぐに対応してもらえます。

買取業者の場合も店舗まで直接持参する方法と、出張買取を依頼する方法があるため、ご自身の状況に合わせて選びましょう。また、買取条件として傷や汚れがないこと・足もみ機能が付いているもの限定など、その他の条件もあるため事前の確認が必須です。

買取業者での買取相場約3,000~30,000円

方法4.知人または掲示板サイトに書き込みをして譲る

「マッサージチェアが欲しい」という知人に譲る方法もあります。近くにいなければ、地域の掲示板サイトに書き込みをして、希望者を募ってみるのもよいでしょう。

マッサージチェアが持ち運びできるくらいの大きさであれば、問題はありません。もし、運ぶのが難しい場合は、業者に運搬してもらう必要があります。

知人または掲示板サイトに書き込みをして譲る無料

マッサージチェアは解体して処分できるの?

マッサージチェアは、解体すると可燃ごみもしくは不燃ごみとして無料で破棄できます。一般ごみに出すためには、各部品の1辺サイズを30㎝以下にする必要があります。

マッサージチェアの解体は、YouTubeなどで解体方法を解説している動画を見ながら行えば可能です。とはいえ、解体するための道具を揃えたり解体後に掃除したりするなど、大変な面も多いです。

解体自体も時間がかかるので「手間をかけず早く処分したい」方には、あまりおすすめしません。

マッサージチェアを高く買い取ってもらうためのコツ

マッサージチェアは買取に出す前に以下3点を押さえておくと、高価買取の確率が上がります。

  1. 正常に作動するか確認する
  2. 付属品が揃っているか確認する
  3. キレイに掃除をしておく

上記のポイントは簡単にできるため、買取依頼に出す前に試してみてください。

正常に作動するか確認する

マッサージチェアが正常に作動するかどうかは、重要なポイント。修理の必要がないマッサージチェアは、高値で買い取ってもらいやすいです。

万が一、動作に不備がある場合は必ず事前に店員へ伝えましょう。修理技術を持つスタッフがいる店舗なら、ジャンク品として買い取ってもらえます。古いタイプのマッサージチェアで部品が廃盤になっている場合は、買取不可になりますのでご注意ください。

付属品が揃っているか確認する

マッサージチェアを買取に出す前に、付属品が揃っているか確認しましょう。

  • 取扱説明書
  • リモコン
  • 保証書
  • カバー

上記の付属品の有無で査定額が大きく変わります。取扱説明書や保証書などは普段使わないため、紛失してしまった方も多いかと思います。少しでも高い買取を希望する場合は、根気よく探してみるのもおすすめです。

キレイに掃除をしておく

マッサージチェアの買取額は、基本的に使用年数やメーカーなどで決まることが多いです。しかし、見た目のキレイさも重要な査定ポイントになってきます。特にシートの汚れや日焼け、たばこの匂いなどは減点対象です。

査定額を上げるために、軽く湿らせたタオルなどで汚れを拭き取るなど、できる限りキレイにしましょう。細かい掃除方法は取扱説明書に記載してあることが多いので、確認してみるのもおすすめです。

マッサージチェアを処分するタイミング

マッサージチェアには、処分するタイミングがあります。

  1. マッサージチェアが寿命を迎えたとき
  2. 故障の状態が深刻な場合

上記の状態は修理が難しいため、思い切って処分を検討しましょう。

マッサージチェアが寿命を迎えたとき

マッサージチェアが寿命を迎えたときは、処分のタイミングです。寿命の年数は、約6~7年ほど。ただし、マッサージチェアの機種によって多少異なります。10万円以下なら寿命が短く、それ以上のものは長くなる傾向があります。

寿命といっても、年数を迎えたらマッサージチェアが使えなくなるわけではありません。あくまで、寿命年数が過ぎたら故障したときに修理するのが難しくなるということです。

メーカーが部品を保有する期間は6~7年。年数が経過するとメーカーは部品をストックしなくなります。在庫が無くなり次第、取り扱いが終了するため、6~7年を目安に処分するのがおすすめです。

故障の状態が深刻な場合

電源が入らない場合や途中で動きが停止するなど、故障の状態が重い場合は処分しましょう。エア漏れなどの軽い故障であれば、すぐに修理をすれば問題ありません。マッサージチェアを購入してから、さほど年数が経過していない場合も、修理を依頼してみましょう。

電源が付かない・内部の部品が破損したなどの場合は、修理費も高額になりやすいです。10年近く使用しているものは、修理してもすぐに故障する可能性が高いため、処分して新規購入した方がお得です。

マッサージチェアの処分は「すぐ片付け隊」にご相談を!

マッサージチェアは、大きいもので100㎏以上にもなります。たとえマッサージチェアを持ち上げられたとしても、壁にぶつけて傷を付けたり、ケガをしたりする可能性があり危険です。

「マッサージチェアを処分したいけど運搬ができなくて困っている」という方は、不用品回収業者のプロ「すぐ片付け隊」にご連絡ください。すぐ片付け隊なら、大きさに関係なく自宅にあるマッサージチェアを回収します。

お見積りも無料で承っていますので、まずは以下のお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。