不用品回収の見積もり方法!優良業者に安く依頼するためのコツを解説

暮らしの中でどうしてもたまってしまうのが、不用品です。電子レンジやソファなどすぐに捨てづらいものは、気がかりになりながらも保管していることもあるでしょう。不用品回収を頼んでみたいものの、見積もりの方法や見積もりで注意することなどたびたび利用することでもないので、あまり知られていません。

今回の記事は、不用品回収業者に見積もりをする方法・見積の内容と料金相場・見積の際の注意点・おすすめの業者を探すためのとっておきのアドバイスまでまとめて紹介します。

不用品回収業者に見積もりを依頼する方法

不用品回収業者に見積もりを依頼するには、現在では利便性が良くなるようにいろんな方法での受付をしているところが多くなっています。

電話

電話で依頼する際には、フリーダイヤルも開設しているところもあるので、安心して相談ができるでしょう。

おおむね10:00~18:00まで受付をしているところが多いので、日中に相談や依頼をしたい方に向いています。

メール・Webフォーム

いつでも時間を気にせず、見積もりの依頼を申し込めるのがメールやWebフォームです。

  • 相談内容
  • 名前
  • メールアドレス
  • 住所
  • 電話番号
  • その他の要望など

電話と違い、見積もりの返答を即座に受けられるわけではありません。そのため、返答が来るまでの時間を確認しておきましょう。フリーメールなどの場合、迷惑メールへ振り分けれられることもあり、業者から返信が来ないと判断してしまうこともあるからです。

メールやWebフォームなら、何といっても24時間365日、いつでも問い合わせできる点が魅力です。

LINE

他にも、業者の公式LINEを活用する方法もあります。QRコードかID検索で業者を「お友達追加」の後、トーク機能で写真やメッセージを送れるのでとても便利です。回収してもらいたい写真を業者に見てもらうことで、見積もり依頼が手軽になります。ただし、情報が不足している時や詳細の説明が必要な時などは、電話での確認もあることも理解しておいてください。

業者が訪問して見積もりするのはどんな時?

不用品回収業者の見積もりには、2種類あります。電話・メール・Webフォーム・LINEで見積もりの依頼が可能です。

依頼したい不要品が10点程度の時には、業者がその場で見積額の送信や回答ができるので、手軽に問い合わせしてみる価値があるでしょう。処分したいものをリスト化しておき、抜かりないように伝えると、より正確な見積もりを出してもらえます。

  • サイズ(高さ・奥行・幅)
  • 材質
  • 電化製品(製造年・メーカー)

一方、断捨離、遺品整理、生前整理、引っ越し、ゴミ屋敷の片付けなど大量の不用品がある場合には、訪問しないと正確な見積もり額が提示しづらいと説明を受けることも一般的です。この場合、訪問日時の打ち合わせを行うようになります。

都合の良い日に、訪問依頼をするとスタッフが訪問してくれ30分から1時間ほどで見積もりは終わるのでそれほど負担にもならないでしょう。買取品がある場合には、その場で査定も対応してくれます。もし、訪問での見積もり後、金額に納得が行かないなどの理由がありキャンセルしても費用が発生しないのが普通です。

条件に納得が行けば、その場で契約成立となりますが、数日内に依頼の返事でも問題ないとしている業者もあります。

見積もりの内容と料金相場

不用品回収を業者に依頼する時、見積もりの内容と料金相場の知識があるだけでも、より良い業者を見つける手立てになります。

不用品回収業者の基本料金とは?

不用品回収業者には、基本料金が設けられていますが、これは回収のための運送費用、つまりガソリン代が含まれているわけです。基本料金は、もし不用品の数がわずかだとしても、料金の変動は実質ありません。

  • 基本料金の相場 3,000~5,000円

たとえば、ベッド1台だけの回収であっても、基本料金+ベッド回収料金がかかるわけです。

品目ごとの料金相場

基本料金を設定せずに品目ごとで加算する業者は、少ないながらもいます。料金相場表の一部掲載していますが、当然、数があまりにも大量になると割高になる料金体系です。

冷蔵庫 170L未満 6,000円~8,000円 ・170L以上 8,000円~10,000円
テレビ   ブラウン管テレビ 2,000~5,000円・液晶テレビ 2,500~5,000円
ベッド 3,000~5,000円
ソファ 一人掛け 1,000~3,000円・ 二人掛け 2,000~5,000円
自転車 自転車 500円 ・電動 2,000円

けれども、値引き交渉をしてみると意外と応じてくれる業者もいますので、少しでも安くするためにも、一度は交渉をしてみましょう。

他の品目の料金相場を知りたい方は 、不用品回収業者が解説する料金の仕組みと料金相場!賢く安く依頼する7つのコツ へどうぞ

積み放題定額サービス

良くある定額サービスで、「積み放題」「軽トラ詰め放題」というプランは、不用品を一定料金で積み込める範囲内まで積み込めるサービスです。

たくさんの不用品がある時でも費用を抑えられることや違う種類の不用品を同時に依頼できるなど魅力があるサービスなので、サービスを展開している業者も見つけやすくなっています。

ただ、見積もりの際に積み放題の料金だけではなく載せられる量を確認しておいてください。「積めるだけ」という言葉だと、業者とお客様の間で認識が違ってくることもしばしばあるためです。

  • 軽トラック 1K~1DK程度 12,000~25,000円
  • 2トントラック 2DK~2LDK程度 50,000~100,000円

オプション料金

不用品回収業者の料金設定には、オプション料金があります。依頼をする前に、有料になるオプションをチェックしておきましょう。

  • 階段料金
  • 吊りおろし料金
  • 希望時間帯指定の料金
  • エアコンの取り外し料金
  • パソコンデータの消去料金

余分なコストを省くために、オプション料金が定額サービスに含まれているかどうかもしっかりと確認をしておきましょう。

見積もりは複数業者に依頼する方がおすすめ

不用品回収業者の見積もりは、1社だけでなく複数の業者に見積もりを依頼するのがおすすめです。最低でも3社は依頼する方が良いのは、以下のような理由があります。

業者は得意分野が異なる

不用品回収業者といっても、業者の特徴によって得意分野が違います。たとえば、トラック載せ放題に精通している、買取が強い、個人経営でも融通が利く、女性スタッフが在籍しているなど業者のカラーは、似ているようであって得意分野はそれぞれ違いがあるのです。

複数の業者に見積もりを出すと、こうした得意分野が分かりやすなります。買取対象品目の有無や積み放題定額サービスでお得などの特徴を数字で比較するのにも、有効利用できるのが複数業者への見積もりなのです。

値引き交渉しやすくなる

複数社の見積もりがあれば、値引き交渉しやすくなります。お客様で不用品回収の料金相場を詳しく知っているという方は、そう多くないでしょう。実際の見積もりがあれば、具体的に「他の業者より安くしてくれるなら、依頼したいのですが」とかけあうのにも有利になります。

比較すると悪徳業者を見つけやすくなる

複数社の見積もりを比べると、不明な点、金額の差など不用品回収の利用が初めてという方でも、だんだんと比べやすくなってきます。明確な記載をしていなかったり、法外に安い金額になっていたりすれば、もしかすると違法営業をしている悪徳業者の可能性すらあるわけです。安い見積もりを提示して、回収後に、出張費、運搬費などと追加請求する業者も、残念ながら存在しています。事前にそう言った業者を回避するためにも、複数社への見積もりを活用してみてください。

不用品回収業者に見積もりをするときの注意

複数の業者に見積もりをするにしても、ある程度、評判の良いところから絞り込んで行きたいものです。より効果的に、良質な業者にたどり着けるためには、注意点を覚えておくのがおすすめです。

「現地の作業をしないとわからない」業者は避ける

電話やメールなどで見積もりの依頼をしても、その後、料金の内訳を記載する以前に、「現地の作業をしないとわからない」という業者もいます。何となく、素人である依頼者は、もっともらしい専門用語を使い威圧的な態度で説明されればと「なるほど、そうかもしれない」と人によっては鵜呑みにしてしまうことだってあるでしょう。こうした業者への依頼は、避けるようにした方が賢明です。

見積もりを細部までチェック

見積もりに記載されている内容は、細部までチェックすることも大事です。不明な項目があれば、聞いてみて納得の行く説明を受けられれば、良心的な業者かどうかがある程度わかるでしょう。

追加費用の請求の決め手になるように、「別料金」と細かい文字で記載されていることもあります。通常、安心して依頼できる業者はそのような記載はしていません。

お客様も不用品を把握しておく(写真や動画を活用する)

依頼するお客様側も、複数業者に依頼するなら、不用品の状態や部屋の様子を写真や動画で撮影しておくのがおすすめです。見積もりは、同じタイミングで複数社から受けられるわけではありません。訪問見積もりのタイミングでは、不用品の数や買取可能なものの状態が変わってくることだって考えられます。


見積もりの比較を正確に行うためにも、写真や動画で保存しておくと便利なので、活用しない手はありません。特に、部屋ごと、家ごと依頼する場合には、不用品や粗大ゴミの状況の記憶があやふやになることだって十分考えられるからです。

見積もりへの質問にあいまいな返事をする業者

見積もりの内訳には、お客様自身が明確に判断できにくい場合もあり得ます。その際に、業者があいまいな返事をするようであれば、他の業者を検討してみる方が無難でしょう。あいまいな返事をする業者がすべて、信頼するに値しないわけでもないのですが、後々、誤解を生じさせることも考えられるので、不安材料があれば選択肢から除外するのが賢明です。

「すぐ片付け隊」からおすすめの業者を探すアドバイス

最後になりましたが、お客様によりおすすめの業者を見つけやすいように「すぐに片付け隊」のスタッフが、アドバイスさせていただきます。お電話いただければ、より詳しいご説明も対応いたしますので、どうぞご活用ください。

相見積もりが基本です。

不用品回収は会社によって金額の差が多い業界でもございます。同様のサービスに見えますが、パック料金や積み放題プランなどの定額サービスを提供していたり、わたしたちすぐ片付け隊のように物量やトラックの占有率でご提案させて頂く不用品回収もございます。現地で見積りが基本ですが、いちど問い合わせしてみるのが得策と言えます。

分かりやすく明確な説明をする業者

業者にありがちなのが、ざっくりとした説明に終始することです。業界では当たり前の用語でも、一般の方にとっては分かりづらいことがあります。たとえば、「軽トラ積み放題」と言われても、業者とお客様の認識にズレが生じることもあるので、具体例での説明を厭うことのない業者ならより分かりやすく感じるものです。

見積もり後の追加請求は一切ない業者

見積もりを提示後でも、追加料金が一切ないことを明確にしている業者なら、信用できます。不用品回収では、説明しましたようにご依頼内容によっては「オプション料金」が発生するのは確かです。けれども、前もって見積もりに算定することは可能なので、作業後に追加料金を請求するのとは、意味合いが異なることも理解しておきましょう。

実績が多数ある業者

実績がどれほどあるのかも、業者の見極めをする際に参考になります。ホームページ上でこれまでの依頼内容を公開しているのは、より分かりやすい判断材料になるでしょう。作業前、作業後の写真やお客様の声を掲載している業者なら信頼しやすいでしょう。また、具体的に、何件の実績があるかも記載されているとよりお客様が理解しやすくなり比較検討しやすくなります。

すぐ片付け隊は相見積もりも大歓迎です。また弊社はお見積り後の追加料金は一切発生しません。まずはWEBフォームよりお問い合わせくださいませ。