タイヤを処分する方法9つ!処分の判断基準や費用相場もご紹介!

車や自転車のタイヤ処分は、ごみに出す・リサイクルに出す・売却するなどさまざまです。タイヤはまだ使える場合と、もう使えなくなった場合で処分方法が異なります。

この記事では、タイヤを処分する9つの方法を紹介します。また、破棄すべきか売却すべきかの判断基準も解説しますので、最後までお見逃しなく。

タイヤを処分する際の料金相場

タイヤを処分する際の費用相場・買取相場を処分方法ごとに分けました。各料金は、業者やショップ、タイヤの状態によって大きく変動するため、参考程度にご覧ください。

自治体に粗大ごみとして出す自転車タイヤ約200~400円
ガソリンスタンドでの費用相場1本約300~350円
タイヤの販売店・カー用品店で費用相場1本約300円
ディーラーでの費用相場約350円
不用品回収業者での費用相場1本約1,000~2,000円
自動車修理工場での費用相場1本約250~550円
フリマアプリやオークションでの出品相場 4本約6,000~26,000円
タイヤ専門の中古販売業者での買取相場 4本4,000~20,000円
リサイクルショップでの買取相場 4本約4,000~15,000円

【もう使えない場合】タイヤの処分方法

処分予定のタイヤがボロボロで使えない場合は、以下6点の方法で処分しましょう。

  1. 自治体に粗大ごみとして出す
  2. ガソリンスタンドに持っていく
  3. タイヤの販売店・カー用品店に引き取り依頼する
  4. ディーラーに依頼する
  5. 不用品回収業者に処分してもらう
  6. 自動車修理工場に持ち込む

手軽に処分可能なため「時間がなくて処分できない」と悩んでいる方におすすめです。

方法1.自治体にごみとして出す

自治体にごみとして出せるのは、自転車のタイヤです。自転車タイヤは自治体によって可燃ごみ・不燃ごみ・粗大ごみに分かれます。ごみとして捨てる場合は、以下の流れで処分しましょう。

可燃ごみ・不燃ごみ1.不燃ごみナイフなどでタイヤに切り込みを入れ、ワイヤーを取り出す
2.ワイヤーは金属なので分別して処分する
粗大ごみ1.自治体に問い合わせて処分の日時を予約する
2.コンビニやスーパーなどで粗大ごみ処理券を購入し、タイヤに貼り付ける
3.予約した日時に指定のごみ置き場に持っていく

自転車タイヤの区分も、各自治体のホームページに記載されているので、はじめに確認してみてください。

ちなみに、車タイヤは「適正処理困難物」に指定されており、自治体にごみとして出すことができません。破棄する際は特別な方法で処分する必要があります。ただ、一部地域では粗大ごみとして破棄できるため、お住いの自治体ホームページをチェックしてみてください。

自治体に粗大ごみとして出す自転車タイヤ約200~400円

方法2 ガソリンスタンドに持っていく

あまり知られていませんが、ガソリンスタンドでも車タイヤの回収を行っています。セルフのスタンドでは回収が不可能なことがあるため、必ずスタッフが常駐している店舗に持っていきましょう。

また、系列店やチェーン店のガソリンスタンドでも、店舗によって回収している場所とそうでない場所があります。金額も店舗ごとにさまざまなので、安く処分したい方は複数の店舗に聞いて比較しましょう。

ガソリンスタンドでの費用相場1本約300~350円

方法3.タイヤの販売店・カー用品店に引き取り依頼する

タイヤの販売店やカー用品店では、車タイヤの引き取りサービスを実施しています。タイヤを購入した時に、古いタイヤを交換する形で回収してもらうのが一般的です。

タイヤの交換時などにその場で引き取ってくれるため、手間も時間もかかりません。タイヤ販売店の中には、ネットでタイヤの購入や回収依頼の予約ができ、簡単に処分ができます。

タイヤの販売店・カー用品店で費用相場1本約300円

方法4.ディーラーに依頼する

車のタイヤを処分後に新規購入を検討している場合は、カーディーラーに回収の依頼をしましょう。基本的には新規購入が条件ですが、不要のタイヤのみを回収している店舗もあります。気になる店舗がある場合は、回収だけでも対応しているか聞いてみてください。

中古車販売のディーラーは、安価で引き取りを行っている場合が多いため、正規ディーラーよりもおすすめです。個人経営の販売店なら、付き合いが長いほど安くタイヤを回収してくれる場合もあります。

ディーラーでの費用相場約350円

方法5.不用品回収業者に処分してもらう

不要な家具や家電の回収を行っている不用品回収業者でも、廃タイヤの回収をしています。車や自転車など種類に関係なく、どんなタイヤでも引き取ってくれるのは大きなメリットです。また、問い合わせをすれば希望の日時に業者が自宅まで訪問し、運び出してくれます。

  • タイヤの数が多くて処分が大変
  • 忙しくて処分する時間がない

上記の悩みを抱えている方には、不用品回収業者の利用がおすすめです。ただし、他の処分方法と比べて費用が割高になるためご注意ください。トラック積み放題のプランであれば、タイヤ単体で依頼するよりもお得に処分できるため、検討してみてください。

不用品回収業者での費用相場1本約1,000~2,000円

方法6.自動車修理工場に持ち込む

不要になったタイヤを車の修理・整備工場に持ち込んで処分してもらう方法です。車の修理や車検のついでに相談してみましょう。

料金は各工場で異なり、比較的安く引き取ってくれます。付き合いが長い工場なら、割引してくれることもあります。

自動車修理工場での費用相場1本約250~550円

【まだ使える場合】タイヤの処分方法

まだ使えるタイヤを処分する方法は、以下3つです。

  1. フリマアプリやオークションに出品する
  2. タイヤ専門の中古販売業者に依頼する
  3. リサイクルショップに持っていく

問題なく使えるタイヤであれば、売却して現金化できる可能性があり、お得に処分できます。

方法1.フリマアプリやオークションに出品する

フリマアプリやネットオークションでは、車タイヤの売買が行われています。出品の際は、タイヤのメーカーや大きさ、年式などの詳細を記載します。その後、ユーザーが見やすいように写真を撮影し投稿すれば完了です。

タイヤに傷がある場合などは、商品詳細にしっかり書き込みましょう。丁寧に書いておけば、個人とのトラブル防止につながります。

フリマアプリやネットオークションには「新品でなくても使えるなら買いたい」という方が多いです。買取業者やリサイクルショップで買取不可でも、売却できる可能性があります。思わぬ金額で売れることもあるため、使えるタイヤなら出品してみてはいかがでしょうか。

フリマアプリやオークションでの出品相場4本約6,000~26,000円

方法2.タイヤ専門の中古販売業者に依頼する

中古タイヤやホイールの販売業者では、不要なタイヤの買取サービスを行っています。

  • お店までタイヤを持参して買い取ってもらう店頭買取
  • 専用の梱包キットに入れて送る宅配買取
  • 業者が自宅まで訪問し回収する出張買取

業者によって、さまざまな買取方法があります。中でも出張買取は自分で運ぶ必要がないため、手間をかけずに処分可能です。ただ、どんなタイヤでも買い取ってくれるわけではありません。

  • ホイールが付いていないタイヤ
  • 使用年数が2年以上経過しているタイヤ
  • ひび割れしているタイヤ

買取対象外の条件は、各業者によって変わります。上記のタイヤは買い取ってもらえない場合がほとんど。買取査定に出す前にタイヤの状態や使用年数を確認しましょう。

タイヤ専門の中古販売業者での買取相場4本4,000~20,000円

方法3.リサイクルショップに持っていく

リサイクルショップでも、タイヤを買い取ってくれることがあります。リサイクルショップも、ホイール付きの条件が多いです。費用がかからず、ホイールを外す手間も省けるのは嬉しいポイント。

状態が悪くて査定額が付かなくても、無料で引き取ってくれるパターンもあります。ただし、タイヤのみの場合は買い手が付きにくいため、買取不可になりやすいです。

リサイクルショップでの買取相場4本約4,000~15,000円

タイヤを破棄するか売却するかの判断基準

タイヤを処分する際、破棄するか売却するかは悩むところ。破棄か売却かの判断は、タイヤの状態を見て決めることが重要です。

  • 溝がない
  • 大きなヒビが入っている
  • ワイヤーが見えている

上記3点の条件に当てはまるタイヤは、値が付かないことがほとんどなので、確認しましょう。

溝がない

タイヤがすり減って溝がないタイヤは、破棄を検討しましょう。タイヤの溝は道路交通法で1.6cmと定められています。

溝がなくてツルツルのタイヤは事故の発生率が高くなります。スリップサインが見えているタイヤは売却できないため、すぐに処分してください。

大きなヒビが入っている

タイヤにヒビが入っている場合は、たとえ溝があっても売却不可になることが多いため、破棄しても問題ありません。

タイヤは、劣化・紫外線・空気圧不足が原因でひび割れを起こすことがあります。走行中にパンクする危険性が高いため、早急に交換することが必要です。

ワイヤーが見えている

タイヤからワイヤーが出ている場合も、破棄するタイミングです。ワイヤーが見えている状態はバーストしやすく、とても危険です。

買取に出したとしても値が付かないため、破棄した方がスムーズに処分できます。

タイヤの処分なら「すぐ片付け隊」にお任せ!

タイヤの状態がよければ買取に出すのがおすすめですが、ボロボロになったタイヤは破棄するほかありません。

破棄する場合は、お片付けのプロ「すぐ片付け隊」にご相談ください。すぐ片付け隊なら、どんな状態のタイヤでも数に関係なくお引き取りします。

お見積りも無料で承っているため、まずは以下のお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

東京都内で不用品回収が可能なエリア

神奈川県で不用品回収が可能なエリア

埼玉県で不用品回収が可能なエリア

千葉県で不用品回収が可能なエリア