【不用品回収】ソファの処分する7つの方法!費用相場や簡単リメイク法も解説!

大きくて中々捨てづらい代表のソファーの処分方法についていたします。

「長年使ってきてボロボロになったから処分したい」という場合は、できるだけ早く処分したいところでしょう。ソファが小さいものであれば処分は簡単ですが、大きいサイズのものになれば時間や費用もかかります。

この記事では、使わなくなったソファの処分方法について詳しく解説していきます。ソファを手軽に処分する方法に加え、処分する際の費用相場や簡単にできるリメイク方法もお届けしますので、最後までお見逃しなく。

使わなくなったソファの処分方法

ソファの処分には、無料で行う方法と有料で行う方法の2種類があります。無料で処分できるのが一番ですが、条件が揃っていないと費用がかかることがあるので、ソファの状態によって処分方法を選びましょう。

また、処分方法によってメリット・デメリットがあるため、しっかりと把握したうえで自分に合った方法を選ぶことも大切です。

無料でソファを処分する方法

無料処分は費用面でのメリットが大きいですが、手間がかかるうえに100%確実に処分できる保証がない、というデメリットがあります。無料処分を検討している方は、デメリット部分も見落とさずに確認しておきましょう。

リサイクルショップで買取依頼をする

リサイクルショップでは、ソファーの買取を実施している店舗があります。査定結果が良ければ、その場で買取金額分の現金を受け取れるのが魅力です。ゴミとして処分する方法と比較すると、環境にもお財布にも優しいと言えるでしょう。

買取店によっては、出張買取サービスを設けているケースもあります。「大きくて自分では持っていけない」「買取不可になったときを考えると、時間と手間が気になる」という方は、ぜひ出張買取サービスも検討してみてください。

買取拒否になるソファーには、以下のような共通点があります。二度手間にならないよう、依頼する前にセルフチェックしておくのもおすすめです。

  • 大きな傷や汚れがある
  • カバーが破れている
  • バネ部分が壊れている
  • 全体的に色あせている

ただし、買取店によって判断基準(許容範囲)が異なります。「判別が難しい」と感じる際は諦めずに、ぜひ一度相談を持ち掛けてみましょう。

フリマアプリやネットオークションに出品する

リサイクルショップと同じく、ソファの状態が良ければフリマアプリやネットオークションに出品することができます。フリマアプリやネットオークションはすぐに登録ができるので、誰でも簡単に利用可能です。

出品する時は自分で販売価格を設定できるので、希望価格で売却できればお得に処分ができます。ただ、購入者が現れるまでは処分ができないので、時間に余裕を持って出品してみてください。

また、落札したら梱包・発送作業を自分で行う必要があるので、手間を惜しまない方は出品してみてはいかがでしょうか。

家具専門の販売店で引き取りの依頼をする

家具専門店の中には、新品のソファを購入する代わりに不要になったソファを下取りしてくれるサービスを行っているところがあります。店舗によっては無料で引き取りしてくれるお店もあり、自宅内からの運搬も対応しているため手っ取り早く処分ができます。

加えて、古いソファを回収すると同時に新しいソファを運んでくれるので、自分で設置する必要がありません。ソファの新規購入を予定している場合のみ利用できる方法ですが、最も手間がかからず費用も安く抑えることができるのでおすすめです。

ただし『処分するソファと同じメーカー・同じ数を購入すること』というような下取り条件を提示しているお店もあるので、注意が必要です。

有料でソファを処分する方法

有料でソファを処分するといっても、処分方法によっては安く費用を抑えることができます。

とはいえ、処分するソファの大きさや配置場所などによっては追加で費用がかかったりしますので、よく確認するようにしましょう。

自治体の粗大ごみに出して処分する

ソファは粗大ごみに出すことができ、自治体の粗大ごみ受け入れ場所まで持ち込む方法と回収してもらう方法の2種類があります。処分したいソファが持ち運びできるサイズであれば、指定の受け入れ場所まで持っていくとすぐに回収してもらうことができます。受付時間内であれば好きな時間に処分でき、運搬費がかからず手数料のみで済むので費用を安く抑えることが可能です。

そして、自治体にソファを回収してもらう方法は、指定の日時までにごみ置き場に置いておくと収集してくれます。ごみ置き場へ置く前には、事前にコンビニやスーパー、市役所などで『粗大ごみ処理券』を購入しなければいけません。

購入した券をソファに貼り付けてごみ置き場に置くだけで回収してくれますが、自治体によっては回収時に立ち合いが必要な場合があります。また、回収日時や場所も各自治体によって異なりますので、粗大ごみ受付センターへ問い合わせて確認しましょう。

分解してから可燃ごみや不燃ごみに出す

ソファは分解することで『可燃ごみ』や『不燃ごみ』として処分できます。ノコギリやハサミ、ニッパーなどの道具を使って分解しますが、ソファの足部分がスチール素材の場合はネジだけ外せば分解できることもあります。

  • 布や中身のクッション素材は可燃ごみ
  • 針金や金属製のバネは不燃ごみ

分別する時は上記のように分けますが、ソファの素材によって分別方法は変わりますのでご注意ください。また、ノコギリを使う場合は軍手をするなどしてケガをしないように気を付けましょう。

引っ越し業者に処分の依頼をする

「引っ越しのタイミングでソファを処分したい」というのであれば、引っ越し業者に処分をお願いしてみましょう。すべての業者が実施しているわけではないので事前の確認が必要ですが、荷物の運搬をするついでに不用品を回収してくれることがほとんどです。

費用は別途かかりますが、引っ越し作業と同時進行で対応してくれるので手間を省きたい方にはおすすめの方法です。

不用品回収業者に回収の依頼をする

不用品回収業者に依頼をすると、自宅までソファを引き取りにきてくれるので手軽に処分できます。問い合わせをすればすぐに対応してくれますし、ソファの状態が悪くても回収してくれます。買い取りサービスを行っているところもあるので大変便利です。

さらに、不用品の数が多いと割引サービスを実施する業者もあるため、ソファ以外に処分したいものがある場合は利用してみても良いでしょう。ただし、不用品回収業者に依頼する際は悪徳業者に引っかからないように注意してください。

「回収したソファを不法投棄された」「荷物をトラックに積んだ瞬間に高額請求をされた」といったようなトラブルも少なくありません。以下の点に気を付けると優良業者を見つけやすくなるので参考にしてみてください。

  • 複数の会社から見積りを出してもらい値段を比較し安い業者に依頼する
  • 見積りの問い合わせをした時に業者の対応をチェックする
  • 見積りを無料で出してくれる
  • 業者の住所や電話番号がホームページに記載されている
ご相談・お見積り
Web:24時間/お電話:7:00〜21:00
お気軽にお問い合わせください!

ソファを処分する時の費用相場

ソファを処分する時の費用は、処分方法や大きさ、状態によって変わります。自分で運搬できるくらいのものであれば安く抑えることができますが、サイズが大きかったり2階以上にあったりする場合は割高になります。

以下に、処分方法別に費用相場をまとめましたのでご覧ください。

自分で分解して処分する場合

自分でソファを分解して処分する時の費用は、基本的に指定のごみ袋代のみです。

大体100円程度で済むため低コストで処分できますが、分解するための道具が自宅にない場合は買い揃える必要があります。

ただ、ノコギリやドライバーなどソファを処分するためだけにわざわざ購入するのも大変かと思います。道具がない場合は別の方法で処分した方が費用を抑えることができるでしょう。

自分で分解して処分する時の費用相場 時間と手間は掛かるが、実質タダ

ソファベッドの処分ならこちらのページを参考に

粗大ごみに出して処分する場合

ソファを粗大ごみに出す時の費用は、ソファ自体の大きさや各自治体によって異なります。事前に粗大ごみ受付センターへ問い合わせるかホームページを確認しておきましょう。

ソファを粗大ごみに出す時の費用相場は、約500~3,000円ほどです。粗大ごみに出す際に必要な粗大ごみ処理券は200円券と300円券があり、処分費用に合わせて券を購入します。

大きさ別の費用相場は、一人がけ用で約500~800円・二人がけ用で約900~2,000円となります。

粗大ごみに出す時の費用相場 約500~3,000円

不用品回収業者に依頼する場合

不用品回収業者の場合も業者によって価格設定は異なり、他の処分方法と比較すると少し割高となります。費用はトラックの大きさで決めるところもあれば、不用品の数で決めるところもあり様々です。

トラックの大きさの場合、軽トラ1台で約10,000~25,000円・2トントラックで約60,000~80,000円が相場となっています。トラックに積み放題というパターンが多いので、ソファ以外に処分したいものがある時は利用してみることをおすすめいたします。

ソファだけ処分したい場合は不用品の数で金額を定める業者に依頼をしましょう。数といってもソファ1つの大きさによって料金が変わることがあり、3辺の長さが100m以内(1立方メートル)で約8,000~9,000円が相場となっています。マンションにお住いの方など部屋からソファを運び出すのが難しい場合は、不用品回収業にお願いをして手間を省いてもいいでしょう。

不用品回収業者の費用相場 約3,000円~7,000円(ソファ単品)
約10,000~25,000円(軽トラ1台)
約60,000~80,000円(2トントラック)
約8,000~9,000円(3辺の長さが100m以内の場合)

ソファの寿命を知っておこう

ソファには寿命があり、買い替えのタイミングというものがあります。

  • 合皮製のもの約5~7年
  • 布製のもので約8~10年
  • 本革張りのもので約10年

上記のように一般的なソファの寿命は5~10年ですが、素材以外に大きさや設置されている場所によっても変動します。もちろん、普段からお手入れをあまりしていなかったり、大家族でソファを使う機会が多かったりする場合は寿命は短くなります。

  • ソファに座るとギシギシと音がする
  • クッション素材に弾力がなくなってきた

使用しているソファが上記のような状態になった場合は、買い替えるタイミングです。

古くなったソファの簡単リメイク方法

処分したいソファがまだ問題なく使えるのであれば、リメイクをしてみませんか?ソファは少し手を加えるだけでオシャレに変身させることができます。

もし、ソファを買い替えようか悩んでいるのであれば、これからご紹介するリメイク法を試してみてください。

カバーを変えてアレンジする

手っ取り早くリメイクしたいのであれば、ソファのカバーを変えてみましょう。カバーを変えるだけで、ソファや部屋の雰囲気を変えることができます。季節によって色を変えたり自分の好きな模様のカバーを付けたり、自由にカスタマイズできるのが嬉しいところです。

さらに、布やカバーをかけるだけでソファ自体を保護することにも繋がるのでおすすめです。ただ、そのままカバーをつけてもズレれたりして逆に不便になることもあります。

  • サスペンダーをソファの両端で固定する
  • 裁縫用・両面タイプのマジックテープ固定する
  • 安全ピンを使ってソファとカバーを繋げるように固定する

上記のようなアイテムを使うことでズレたりせずにカバーを固定できますので、試してみてはいかがでしょうか。

ソファの処分はすぐ片付け隊にお任せを!

一人で運べるようなソファであれば比較的簡単に処分ができますが、大きくて重いソファには時間と手間がかかります。また無理に運ぼうとしたり分解したりした際に、ケガを負うなんてことがあったら大変です。

ソファの処分は、不用品回収のプロにお任せくださいませ。すぐ片付け隊は、即日対応可能で料金もお安く提供しています。

お見積りにお伺いするのは無料です。もちろん、料金にご納得頂けない場合は費用はいただきません。まずはWEBフォームよりお気軽にお問い合わせくださいませ。