引っ越しで出たゴミの上手な処分方法|引っ越しゴミの対応策

引っ越しの荷造りでは、長い間放置され続けてきた不用品の処分が問題になります。これらは当事者からするともう要らないものですから、ゴミとして扱われがちです。ただし、ちょっとした手間を惜しまなければこのゴミも利益を生む可能性があります。また、自分にとっては価値がないものでも、他に必要としている人がいるかもしれません。

この記事では、引っ越しゴミを処分する方法と4つの処分依頼先、依頼先ごとの引っ越しゴミの処分料金と引っ越しゴミを減らす4つのポイントについて解説していきます。引っ越し後の手間や費用削減にもつながりますので、ぜひ最後まで読んでください。

引っ越しゴミを処分する方法とは

転勤族でもない限り引っ越しに慣れている方は少ないと思います。荷造りを始めたものの、あちこちと手をつけているうちに収拾がつかなくなると、いつまでたっても荷造りが終わらなくなるでしょう。そこで、まずは不用品の処分方法を順に見ていきましょう。

  1. まずは不用品と価値があるものを仕分けする
  2. 自治体のゴミ収集に出す
  3. 特殊なゴミは専門業者に持ち込む
  4. 大量のゴミは最寄りのゴミ処理場に
  5. 知人にあげたり寄付したりする

不用品まで荷造りして無駄な引っ越し料金を払わないために、要らないものは早めのうちに処分してしまいましょう。

まずは不用品と価値があるものを仕分けする

引っ越しの準備をしているとありがちなことですが、つい持っているものを全て荷作りしたくなります。もったいないから捨てられないという意識が働くためですが、物置や収納スペースに半年以上眠っていたものはこの際なので全て処分してしまいましょう。

思い切って手放すことで荷物を少なくできるので、引っ越し費用を節約することにもつながります。ただし、使っていないからといって、全て捨ててはいけません。劣化や損傷が激しいものは不用品としての処分になりますが、比較的新しいものであればリサイクルショップやフリマアプリなどで売れる可能性があります。

引っ越しの荷造りをする際は、まず普段から使っていないものをピックアップして、不用品として捨てるものと売れるものに仕分けをしましょう。

自治体のゴミ収集に出す

荷物の仕分けが終わったら、不用品をゴミ収集に出しましょう。粗大ごみや家電リサイクル法に該当するものでない限り、自治体のルールに従っていれば無料で処分してもらえます。収集してもらえるサイズが決まっていますので、場合によってはパーツを分解したり既定の長さに切ったりしなければいけません。

なお処分に困った末に物置や収納スペースに押し込んでいたものは、これを機会に処分してしまいましょう。判断に迷うときは自治体に問い合わせて、適切な指示を受けてから正しい方法で処分するようにしてください。

特殊なゴミは専門業者に持ち込む

自治体によって異なりますが、エンジンオイルやタイヤ、自動車やバイクの部品、耐火金庫や消火器などは収集できないゴミに分類されます。これらのものは専門の処理業者や販売店に処分を依頼してください。また使えなくなったパソコンは、資源有効利用促進法に該当する製品ですので、メーカーが引き取ってリサイクルをすることになっています。

これらのものを個人の判断で処分することは、地域の迷惑になるだけでなく法律違反になる可能性もあります。処分の方法が自治体によって異なる点もあり、事前にしっかりとご自身の自治体に確かめてください。

大量のゴミは最寄りのゴミ処理場に

引っ越しの際には大量のゴミが出るのは当たり前ですが、一度にたくさんのゴミを集積所に出してしまうと、近隣住民に迷惑をかける恐れがあります。そんな時は自分の住んでいる地域のゴミ処理場に持ち込んで、まとめて処分してもらいましょう。運ぶ手間もありますし若干の処分料が必要なことも気になりますが、全てのゴミを一度に処分できることは魅力です。

収集のタイミングに合わせてゴミ出しをしていると、引っ越しの荷造りがなかなか進まなかったり引っ越し当日までにゴミの処分が間に合わなかったりします。引っ越し当日までにすっきり片付けるためにも、手間を惜しまずにゴミ処理場に運んでみてはいかがでしょうか。

知人にあげたり寄付したりする

引っ越しで出たゴミとは言っても、引っ越す本人にとって不要なだけであって、第三者には必要なものかもしれません。まだまだ使えるものであれば、職場の仲間や同級生、近所の知人に引き取ってもらえないかお願いしてみてはいかがでしょうか。ファッション系のアイテムの場合は好みがありますのでなかなか引き取ってもらえないと思いますが、家具や電化製品であれば手入れをすれば引き取ってもらえる可能性は高くなります。

また、書籍であれば最寄りの図書館、絵本などであれば近所の幼稚園や保育園などの公共施設に寄付する選択肢もあります。洋服やぬいぐるみなどは、子供たちを支援する団体へ寄付することで支援活動に役立ててもらうこともできます。不用品を捨てることは簡単ですが、まだまだ使えるものであれば誰かに役立ててもらうことを考えてみましょう。

引っ越しゴミの処分はどこにたのむ?

引っ越しの荷物の量や引っ越しまでの期間によって、仕分けや片付けができる範囲は決まってしまいます。場合によっては、引越しの荷作りが間に合わないかもしれません。したがって引っ越しを無事に済ませるためには、ゴミの処分を他者に依頼することも視野に入れる必要があります。その場合、以下の4つの依頼先が候補としてあげられます。

  1. 自治体に回収を依頼する
  2. 買い取り業者に依頼する
  3. 引っ越し業者に依頼する
  4. 不用品回収業者に依頼する

自分だけで済ませられれば一番無難ですが、スケジュールや荷造りの量を考えてできるだけ無理のない引っ越しスケジュールを作りましょう。

自治体に回収を依頼する

引っ越しゴミの処分で最初に思い当たるのが、自治体のゴミ収集に出すことです。ただし、引っ越しの準備で忙しいからといって分別をおろそかにしないように気をつけてください。可燃ごみや不燃ごみといった一般ゴミであれば問題なく回収してもらえますが、それ以外の不用品を自治体に回収してもらうためには、それなりの手続きが必要です。

一定の寸法を超えた家具などは、粗大ゴミに該当しますので有料で処分してもらうことになります。自治体が指定する方法で料金を支払い、所定の手続きをしてください。また、家電リサイクル法に定められている製品は購入した家電量販店に持ち込むか、リサイクル券を購入して処分しなければいけません。こちらは自治体のゴミ収集では引き取ってもらえないので注意してください。

買い取り業者に依頼する

買い取り業者として最も身近な存在は、近隣のリサイクルショップではないでしょうか。買い取りには査定がつきものですが、引っ越し準備で忙しい最中に足を運ぶのは難しい方も多いと思います。その場合は、便利な出張買い取りを利用しましょう。大型の家具や家電だけでなく、店舗に持ち込みが可能な貴金属やアクセサリーでも出張で買い取りをしてくれます。

また、不用品を送って査定後に買い取りをしてもらえるサービスもあるため、出張してくれるショップが近所になくても大丈夫です。配送キットを無償で支給してくれる業者もあるので、事前に確かめることをおすすめします。他にも買い取る商品を限定した業者もあり、未開封の化粧品やぬいぐるみなどを専門に取り扱っています。

ただでさえ引っ越しの荷造りで忙しいのですから、不用品の査定に時間を取られるわけにはいきません。買い取り専門の業者に依頼して、面倒な手間を省いてしまいましょう。

引っ越し業者に依頼する

引っ越し作業のサブメニューとして、引っ越しで出た不用品の買い取りを引き受けるサービスが用意されています。引っ越しのタイミングに合わせて不用品を処分できるので、荷造り以外に余計な手間がかかりません。引っ越しの見積もりと同じタイミングで、サービスの内容を確かめてみましょう。

しかし、あくまでも買い取りの値段がつけられる不用品であることが条件です。そのため、引っ越し業者が価値のないと判断したものは引き受けてもらえません。当日の土壇場になって引き取ってもらえないトラブルも予測されますので、心配な方は早めの問い合わせをおすすめします。

不用品回収業者に依頼する

引っ越しゴミと不用品を一括で処分したいのであれば、不用品回収業者に任せるのがベストです。粗大ごみや電化製品だけでなく、お願いすれば可燃ごみ不燃ごみまですべて回収してもらえます。不用品を分類する手間が省けるので、引っ越し準備の負担が軽減できるでしょう。

面倒なことを業者に依頼するので、自治体での処分と比べれば処分費用は割高に感じるでしょう。ただし、価値のある不用品については買い取るサービスがあります。買い取り金額をゴミの処分費用にあてることもできるので、結果的には出費を抑えられる可能性もあります。不用品の買い取りと合わせて他の処分方法と比較するために、まずは見積もりを取ってみましょう。

「すぐ片付け隊」では、 ご相談やお見積りのご依頼を無料で承っております。他の処分方法と比較するためにもすぐに金額が知りたい、という方はお気軽にお問い合わせください。最短で当日にお見積りをお渡しすることも可能です。

ご相談・お見積り
Web:24時間/お電話:7:00〜21:00
お気軽にお問い合わせください!

間に合わないときはゴミごと引っ越し

引っ越しゴミの処分方法は色々とありますが、準備期間が短くて引っ越すだけで精一杯であれば、不用品の処分は転居先でするのが妥当です。荷物の量は減らせないので引っ越し費用を抑えることはできませんが、引っ越しを無事に終わらせるという第一目的は達成されます。

荷造りの際に必要なものと不要なものを分別しておけば、転居先でスムーズに引っ越しゴミの処分ができますので、必要最低限の対応はしておくと良いでしょう。

引っ越しゴミの処分料金

引っ越しゴミの処分はお金を取られるだけではありません。上手に対応できれば、売ったお金が臨時収入として入ってくる可能性もあります。それでは、それぞれの依頼先ごとの処分料金を説明していきましょう。

  1. 自治体
  2. 買い取り業者
  3. 引っ越し業者
  4. 不用品回収業者

ただし、お得に処分するためにはある程度の期間が必要になりますので、時間や暇がない方は引っ越しを無事に終わらせることに集中し、ゴミの処分は転居先での処分をおすすめします。

自治体のゴミ処分料金

洋服や靴、本や小物といった不用品は、一般ゴミとして可燃ごみか不燃ごみで処分してください。もちろん無料で回収してくれます。ただし、粗大ごみについては別途処分料金が必要になります。引き取りが有料な品目や料金については、各自治体で異なりますので事前に確かめてください。処分の方法についても違いがありますので、回収してくれるのか、指定場所に自分で持ち込みするのかをチェックしておきましょう。

一例として、

  • タンスやクローゼット、食器棚など ⇒数百円~3,000円弱
  • テーブルや椅子、ソファーなど ⇒1,000円程度
  • ベッドや布団など⇒1,000円~2,000円弱

処分料金はあくまでも目安ですので、詳しい処分料金についてはお住まいの自治体に問い合わせてください。

買い取り業者のゴミ処分料金

ゴミ処分料金といっても価値のある不用品を買い取ってもらいますので、基本的に処分する料金はかかりません。ただし値段がつかない品物については、買い取りしてもらえないので注意が必要です。品物の汚れや破損、製造日からの使用期間で査定額は左右されます。以下に査定額の一般的な金額をご紹介します。

  • タンス⇒500円~数万円
  • 食器棚⇒900円~5,000円程度
  • テーブルや椅子、ソファーなど⇒1,000円弱~3,000円程度
  • 靴やバッグ、香水などのファッション系⇒900円~5,000円程度

タンスについては簡易的なものから民芸家具までありますので、500円から数万円までの幅広い査定額が一般的です。もちろん、タンスを含めた家具やファッション系アイテムでも、ブランド品になれば査定額はこれよりも高くなります。

引っ越し業者のゴミ処分料金

引っ越し業者のゴミ処分は、基本的に不用品を買い取るサービスです。そのため、何でも引き取ってくれるわけではありません。査定した結果、転売できると判断された不用品のみ買い取りしてくれます。買い取り後に転売するか自社で中古として販売しますが、その時点での市場価格で査定されますので相場としては買い取り業者と同等と考えていいでしょう。

不用品回収業者のゴミ処分料金

不用品回収業者はどのようなコンディションのものでも引き取る代わりに、それなりの処分費用が請求されます。以下が一般的な処分費用です。

  • タンスや食器棚など⇒3,500円程度
  • テーブルやソファーなど⇒2,000円~8,000円弱
  • ベッド⇒4,000円~6,000円

産業廃棄物や揮発性燃料など、引き取れないものは一部ありますが、可燃ごみや生ゴミも不用品として回収してくれます。また、物の状態や搬出経路によっては追加料金が発生する場合もあります。お伝えした金額はあくまでも一般的なものですので、不用品回収業者をご利用の際は必ず見積もりを取るようにしてください。より詳しい料金相場が知りたいという方は、以下の参考ページもご確認ください。

不用品回収の料金相場リストを確認!

引っ越しゴミを減らすポイント

引っ越しゴミを減らすポイントは意外と単純です。余裕を持った計画を作って、それに沿って淡々と作業を進めていくだけです。ちょっとした手間もありますが、インターネットを使って自分で調べる力があれば心配は要りません。以下の4つのポイントをおさえて、お得に引っ越しができるよう準備していきましょう。

  1. 余裕を持った荷作り計画
  2. 引っ越し前は生活規模を縮小
  3. 不用品のチェックと仕分け
  4. 売れる物は事前に処分

余裕を持った荷作り計画

物事の結果の良し悪しは、事前の準備で8割決まってしまいます。無計画で実行してしまうと色々なところでトラブルを招いてしまい、思ったような成果は得られないでしょう。ゴミを減らして引っ越しするには、単純に荷造りするだけではなく、持っていくものと手放すものを分別して処分しなければいけません。荷物の量にもよりますが、不用品を売ったり譲ったりする手間を考えれば、最低3ヶ月はかかると思ってください。

ゴミの処分にお金がかかったとしても、引っ越しする荷物の量が減ることを考えれば結果として得をする可能性もあるわけです。全てがうまくいくわけではありませんが、やるべきことを詰め込んだ荷造り計画を作り、できるだけゴミを減らして引っ越ししましょう。

引っ越し前は生活規模を縮小

引っ越し前の数週間から一か月は、ゴミを極力出さないために生活の規模を縮小してください。ここでいう生活の規模とは、食事や寝食以外のものを買うことを示しています。引っ越しの荷物の量を減らそうとしているのに、新しいものを買って増やしてしまっては意味がありません。

必要最低限のものは購入しても構いませんが、趣味趣向を理由とした購買意欲を満足させるための行動は、これから行う不用品のチェックと仕分けが終わるまでできる限り控えましょう。新しいものに興味を示すのが人間の特性ですが、身近にあるものを中心とした引っ越し作業に集中するため、一時的な禁欲生活を心掛けてください。

不用品のチェックと仕分け

不用品をチェックする際は、過去6ヶ月間で使っているか使っていないかをボーダーラインとします。使っていないものは容赦なく処分の対象にしましょう。思い出の品を溜め込む癖がある方がいますが、本当に大事なものだけを取り置いて、その他のものは画像として保管するようにしてください。

必要なものと不要品の仕分けが終わったら、まずは必要なものから引っ越しの荷造りをしてしまいましょう。続いて不用品の再仕分けに入ります。再仕分けでは壊れたり汚れたりといった状態を判断基準としましょう。壊れたり汚れたりしているものはゴミとして処分して、それ以外のものは売却や寄付をする手続きに移ります。

売れる物は事前に処分

不用品の仕分けが終わったものについては、自分が一番負担を感じない方法で売ってしまいましょう。不用品の種類にもよりますが、まずはリサイクルショップに買い取ってもらえるかを相談してください。ここで買い取ってもらえないものは、ネットオークションやフリマサイトに出展します。

この段階でも処分できないものは、知り合いや寄贈先に引き取りや寄付を依頼します。さらにこの段階でも行き場を失ってしまったものは、有料で業者に引き取ってもらうかゴミとして自治体に出すしか処分する方法はありません。

損失をできるだけ減らしてリユースとリデュースを両立させるため、このようなステップを踏んでいくと理解してください。複数の工程を進まなければいけないので、最低3カ月の処分期間は必要になるのです。

引越しゴミの処分方法まとめ

ものが増えてしまう大きな要因が、もったいないという気持ちやものに対しての愛着心です。いくらもったいないと感じても使っていなければ宝の持ち腐れですし、物置や収納に長年しまいこんでいるだけでは収納力にも影響をあたえます。

手持ちのものを処分することについ感傷的な気持ちになってしまいがちですが、捨てる勇気を持たなければ、収納し切れないほどの不用品を抱えることになります。やがてそれはゴミになり、また捨てられる運命をたどってしまうのです。引っ越しは人生の中での強制的な断捨離ですので、これを機に溜め込んだものを処分してしまいましょう。

仕分けした結果、あまりにも多くの不用品が出てしまったという方は不用品回収業者に依頼するのも一つの手です。お気軽にWEBフォームよりお問い合わせくださいませ。