1kのゴミ屋敷を片付けたい|片付け費用の相場と事例

ちょっと気を緩めると、1kの間取りではあっという間にゴミ屋敷になってしまいます。特に1人暮らしをしていると、ゴミを捨てる日を忘れてしまったり、捨てるのが億劫になったりするのがきっかけで、またたく間にゴミが溢れかえってしまいます。

ゴミ屋敷から解放されたいと思うあなたに、1kのゴミ屋敷を片付ける相場と、実際の片付け事例を紹介します。手遅れになる前に、プロの業者に相談してみてはいかがでしょうか。

1kのゴミ屋敷を片付ける相場

間取り作業者数作業時間料金
1R/1K1~2名1~3時間30,000円~80,000円
1DK2~3名2~4時間50,000円~120,000円
1LDK2~4名2~6時間70,000円~200,000円
2DK2~5名2~6時間90,000円~250,000円
2LDK3~6名3~8時間120,000円~300,000円
3DK3~7名4~10時間150,000円~400,000円
3LDK3~7名5~12時間170,000円~500,000円
4LDK~4~10名6~15時間220,000円以上

1kのゴミ屋敷を片付ける相場は3万円から8万円です。しかし状況によっては相場を超える場合があります。普段から部屋の片付けをしていれば、無駄な出費をせずに済んだのですが、面倒なことを後回しにために、そのツケが大きく跳ね返ってくるのです。

一般的な相場はある程度の目安にはなりますが、個々の事情によって金額は大きく異なります。あくまでも相場は指標として認識していただき、信頼できる業者に見積もりを依頼してください。

ゴミの量で料金が変わる

当然のことながら片付けるゴミの量で作業料金は変わります。あまりにも量が多く作業する人数や時間がかかる場合は、相場よりも請求金額が多くなるでしょう。ゴミの量が多くてもある程度分別されている場合であれば、仕分けの手間が省けるためにそれほど料金はかかりません。

しかし分別されていないゴミが散乱している場合は、仕分けや運び出しに時間を費やすために、相場よりも多い金額が請求されます。ゴミの量が増えれば増えるほど、悪臭や害虫などの影響が大きくなるため、作業時間はさらに増えるでしょう。目標の時間で終われない場合は、時間内で終わらせるための増員分も要請される可能性があります。

ゴミの運搬距離で料金が変わる

ゴミ屋敷を片付ける場合、片付けだけでなく運び出しにも労力は必要になります。玄関先でトラックに積み込める場合は問題ありませんが、マンションやアパートの上階や、玄関先から積み込むトラックまでの距離がある場合には、それに応じた追加料金が発生します。

特に階段を何回も上り下りする場合は、移動だけでも大変な手間になるため、別途追加料金がかかることを覚悟しなければいけません。こちらもゴミの量によって左右される場合があるので気をつけてください。

粗大ごみの有無でも料金が変わる

ゴミ屋敷では動かなくなった電化製品が放置されている場合もあると思います。テレビや洗濯機など大型の家電は、家電リサイクル法対象の粗大ごみとして扱われるために、別途処分料が必要です。長年放置されて動かなくなった家電製品は、状態が悪いものは修理して使われることもないために、ほとんどが廃棄処分になります。

部品取りとして使える可能性も限定的ですので、買い取りは期待しない方がいいでしょう。

ゴミの撤去後は簡易清掃のみ

片付け費用の相場は、あくまでも不用品を片付ける作業に必要な金額と思ってください。片付け後の簡易清掃はセットになっていますが、あくまでもカンタンな清掃であり、ハウスクリーニングレベルの清掃は別料金で依頼しなければいけません。

軽度のゴミ屋敷であれば簡易的な清掃でも十分ですが、状態がひどい場合はハウスクリーニングどころかリフォームに発展する場合もあります。賃貸物件であれば現状復帰が基本ですので、事前にハウスクリーニングやリフォームの相談をしておきましょう。

1kの片付け作業費10万円未満の事例

相場範囲内で収まる依頼は軽度のゴミ屋敷と考えていいでしょう。このレベルだと頑張れば自分で片付けできる状況だと思ってください。分別をしないで数年間ゴミを貯め続けている場合は、該当しない場合がほとんどです。

ゴミ屋敷歴が浅い

ゴミ屋敷には到達していない汚部屋レベルの状態で、ゴミを放置してから2年未満が一般的です。第三者の監視と指導が入るケースが多く、汚れている状態が定期的にリセットされるので重症化していません。

ある程度分別されている

ゴミを捨てる意識があって分別しているけれど、ゴミ出しができていない状況が多く見られます。弁当の容器でも簡易的に汚れを落としているために、悪臭や害虫が発生していないケースがほとんどです。新しく引っ越してきて、地域のルールに馴染むタイミングを逃してしまった学生や新社会人が陥りやすいパターンです。

自分でできる範囲の状況

無秩序にゴミを散乱させているわけではなく、むしろ片付け自体はできているので、処分する方法を理解して自覚を持つことで、ごみ屋敷から脱出できるでしょう。集積所にゴミを持っていくという習慣さえ身につけられれば、ゴミを溜め込むこともなくなるはずです。

ゴミの撤去後は簡易清掃で済む

散乱しているものはゴミではない日用品で、不要物はまとめられているのでフローリングはそれほど汚れていません。建具の痛みも少なく汚れは軽度な状態ですので、ちょっと念入りに掃除するくらいで綺麗になります。

1kの片付け作業費30万円の事例

相場の3倍から10倍の作業費ともなると、かなりひどい状態のゴミ屋敷です。一人暮らしが長くなり、他人との接触が少なければ少ないほど重症化する傾向にあります。プロの作業員でも苦痛に感じるほどのゴミ屋敷もあり、綺麗にするには相当の時間と労力が必要です。

5年以上のゴミ屋敷

放置されているゴミの質にもよりますが、ゴミ屋敷になってから5年も経過している場合は、あらゆる面で片付けが難航します。大切なものを残したいとご本人が言われる場合がありますが、長年積み重ねられたゴミの中に埋もれているものは、ゴミでなくても使い物にならない状態がほとんどです。

害虫や害獣がいるのは当たり前で、時にはご本人の汚物が点在している場合もあります。住んでいる方の健康状態も思わしくないのが、長期間経過しているゴミ屋敷の特徴と言えるでしょう。

無分別で1m以上堆積

弁当の食べ残しや空き缶、空きビンや雑誌などが分別されずにちらかっていて、1m以上堆積してゴミの層ができています。層の下になればなるほど、踏みつけられたり他のゴミの重みで潰されたりしているので、掘り起こすだけで一苦労です。

掘り下げるたびに悪臭が出てきますので、鼻の粘膜や目が刺激されて作業が思うようには進みません。分別などはもってのほかで、運び出すだけで相当の時間がかかります。

カビや害虫が大発生

有機物が混ざったゴミが堆積していますので、スキマにはカビやゴキブリが大発生しています。ヘタに殺虫剤を使うとゴキブリが大暴れして、作業の邪魔になって大変な思いをします。そればかりか逃げ出して2次的被害を及ぼす恐れがあるので、ある程度ゴミを処分するまでゴキブリといっしょにいるしかないのです。

カビを吸い込んでしまうと呼吸器官が障害を受けるため、専用のマスクをしながら作業を進めます。マスクをしても匂いだけはシャットアウトできませんので、こちらもゴキブリ同様我慢するしか方法はありません。

リフォームレベルのクリーニング

数年レベルでゴミが床を埋め尽くしているため、フローリングや畳はかなり劣化が進んでいて打ち直しや張り替えが必要になります。壁紙や建具についても、めくれたり歪んだりしているので取り替えしなければいけません。

まとめ

ゴミ屋敷を片付ける相場は一般的な金額であって、全てがその範囲内でできるわけではありません。ゴミ屋敷になっている状態を放置すればするほど、自分では手に負えない状況になり、プロに頼んだ場合は多くの費用が必要になります。

無駄な出費を抑えたいのであれば、ゴミ屋敷レベルになる前に不用品回収のプロである「すぐ片付け隊」に相談してください。不用品の回収はもとより、ゴミ屋敷にならない方法もアドバイスいたしますので、お気軽にお問い合わせください。皆様の快適な生活を不用品回収の面からサポートいたします。