不用品回収業者に3ldkのゴミ屋敷を片付けてもらいたい!料金相場と事例

ゴミ屋敷

3ldkの住まいがゴミ屋敷になってしまい不用品回収業者に片付けてもらいたい時に、気になるのが料金相場でしょう。3ldkでもゴミの量次第で片付ける費用には、大きな変動が出ます。

今回は、3ldkのゴミ屋敷の片付けを依頼した際の相場と具体的なゴミ屋敷の片付けの事例を説明します。参考事例とあなたのゴミ屋敷の問題とを比べてみて、見積もりの際にぜひ参考にしてみてください。

3ldkのゴミ屋敷を片付ける料金相場

電卓と現金

3ldkのゴミ屋敷の片付け料金相場は、以下のように17万から50万円です。1kや2dkに比べるとそれだけ部屋の間取りが増えるだけではなく部屋の広さも大幅に違ってくることもあり、出費もかなりかさむことも考えておきましょう。

間取り 作業者数 作業時間 料金
1R/1K 1~2名 1~3時間 30,000円~80,000円
1DK 2~3名 2~4時間 50,000円~120,000円
1LDK 2~4名 2~6時間 70,000円~200,000円
2DK 2~5名 2~6時間 90,000円~250,000円
2LDK 3~6名 3~8時間 120,000円~300,000円
3DK 3~7名 4~10時間 150,000円~400,000円
3LDK 3~7名 5~12時間 170,000円~500,000円
4LDK~ 4~10名 6~15時間 220,000円以上

3ldkの部屋の状況や立地条件などから料金が変わって来ます。どのような内容によって料金が上がって来るのかを把握しておくようにしましょう。

部屋数だけではなく面積の広さも料金に影響する

3ldkの間取りでは、当然部屋数が増えてしまうためにゴミの量も比例して増えます。マンションの3ldkなら70~80㎡、戸建てなら90~100㎡なので広ければゴミとして処理されないまま置かれているものがそれなりに多くなると考えられるでしょう。

天井近くまでゴミがある場合は割高になる

ゴミ屋敷といっても実際にどんな状態なのかは、人によってまちまちです。レベルは、以下のように大まかに分けられています。

  1. 床の半分以上にゴミが埋まっている
  2. 床がすべてゴミで埋まっている
  3. 悪臭や害虫が発生している
  4. 害虫が発生していて天井近くまでゴミが埋まっている

レベルが上がるに連れてゴミの量が多くなるため、それに伴って料金が変わっていきます。大量のゴミで埋め尽くされているゴミ屋敷だと、スタッフの人数も増やす必要がありそれだけ時間も長くかかるため料金が上がる可能性が高くなります。一方、ゴミは多いけれどある程度は分別されていると仕分けをする作業が軽減されるため、安めになるわけです。

3や4のレベルでは、悪臭や害虫によって作業が難航することも考えられるため1や2のレベルよりも時間が長くかかります。

トラックが家の側に停められないと料金が変わる

3lkの場合、4tトラックであれば十分回収できる量を一度に積み込んでもらえます。住宅街で周辺道路が狭いとトラックが停車していると、近隣の車が通れなくなってしまうこともあるでしょう。やむを得ず1tか2tのトラックを複数回使うことになれば、料金へ影響も出てきます。

その他にも、以下のような事例は追加料金が発生するのであらかじめ確かめておくようにしましょう。

  • 3階以上の自宅から不用品を階段で降ろす作業が必要な場合
  • 吊り降ろし作業や解体作業が必要な場合

別途ハウスクリーニングが必要になることもある

3ldkがゴミ屋敷となってしまうと、片付けが完了したとしても簡易的な清掃作業のみでは生活に支障が出ることがあります。臭いやカビなどの影響を改善できるようにするためには、以下のようなハウスクリーニングを別途依頼しなければなりません。

  • 水回りクリーニング
  • 床クリーニング
  • オゾン除菌消臭
  • ゴキブリ駆除

3ldkの片付け作業費18万前後の事例

分別されたゴミ

一見18万円前後の片付け作業費がかかるのは大きな出費と感じるものですが、3ldkの片付け料金の相場から見るとゴミ屋敷のレベルは軽めです。レベルが低い状態ならゴミや不用品が散乱している程度で悪臭の問題も気にならない程度だと考えられます。

ゴミがある程度分別されている

確かに足の踏み場もなくいわゆる「汚部屋」にはなっているのですが、ゴミをある程度分別はできているものの生ごみ以外のゴミを出せないままで置きっぱなしになっている状態です。時間が不規則で多忙な方や仕事や家庭などのストレスが強い方には、こういった傾向が見られます。

ゴミ屋敷になってから年数が経過していない

この程度だとゴミ屋敷になってからの年数も1年程度ですので、ゴミ屋敷の重症化をこの段階で防げます。ただ、自発的に行動を起こすのはさまざまな事情から上手く行きにくいため身近な人の助けや声掛け次第で、ゴミ屋敷の進行にストップをかけられる状態なのです。

ゴミの撤去後は簡易清掃で対応できる

散乱している不用品やゴミはあるもののほどほどは袋に入れてまとめられているため、埃や湿気はあるもののフローリングはひどく汚れているわけではありません。通常の掃除よりも入念に行えば以前の状態に戻せます。業者にゴミを撤去してもらったら簡易清掃を済ませればだいぶきれいな状態になります。

3ldkの片付け作業費50万円前後の事例

散乱したゴミ

料金が50万円前後となるのには、それなりにゴミ屋敷の自レベルが相当ひどいことを示しています。ゴミ屋敷が重症化してしまうのは、一人暮らしが長い方で人の出入りが滅多にないとさらに拍車をかけてしまいます。片付いた家にするには、それそうとうの費用や時間も要するわけです。

ゴミは分別されず1m以上も部屋に蓄積している

この事例の方でも、前述のようなゴミ屋敷の軽いレベルの時も確かにあったはずです。だんだんとゴミの分別もしなくなり食べ残しのパック・空き缶・空き瓶・雑誌・衣類などがそのままゴミの上に堆積を繰り返しているため、床からの高さは1mを超えています。ゴミの重さで下層のゴミは密着して原形をとどめないほどになっているため、プロのスタッフですら掘り起こすのには困難を極めてしまいます。

ゴミ屋敷になって5年以上経過している

このレベルのゴミ屋敷は、5年以上は経過していると考えられゴミの撤去にも時間と労力はかなり必要です。ゴミ屋敷に住んでいる方は、孤独やストレスをゴミで埋め合わせていると考え「不要なものはない」と答えることも少なくありません。すでに大切なものと住人が思っているものでさえ、原形をとどめていないこともあります。

ゴミを掘り起こす際にさらに悪臭を放つため作業は思うようにはかどりません。臭いだけではなく目にも強い刺激があるため、スタッフは万全の対策を講じて作業を進めていきます。ゴミの掘り起こしから搬出までには、通常の何倍もの時間もかかってしまうわけです。

きつい悪臭やカビや害虫が発生している

きつい悪臭は、食べ物の腐敗臭やトイレ・お風呂・キッチンから発生するなどからも原因で起こって来ます。こうなると通常の掃除だけでは対応できないため、悪臭を断つ専門的な作業が不可欠です。カビや害虫の被害は、健康にも悪影響を及ぼすため直ちに対策や駆除をするほかはありません。

ゴミの撤去後はリフォームを含めたハウスクリーニングが必要になる

このレベルのゴミを撤去した後、床や畳の損傷が激しくなっているためリフォームを含めたハウスクリーニングが必要です。悪臭のひどさや床の損傷がひどければ根太の交換も必要となります。

また、トイレの詰まりもあり汚物による頑固な汚れが蓄積されていると、排水が正常にできなくなってしまいます。こうなるとトイレ本体の交換や配管の作業まで必要になってしまいます。

まとめ

不用品回収業者のスタッフ

3ldkの広さになるとゴミ屋敷が進行してしまうと、費用もかなりかかってしまいます。リフォームまで必要な状態になる前に何とか手を打つことで、費用や時間を抑えられます。足の踏み場もないものの悪臭がするほどではなく、誰かのサポートがあればゴミ屋敷を解決できると思われることもあるでしょう。すぐ片付け隊は、ゴミ屋敷の不用品回収も幅広く対応していますので、遠慮なくご相談ください。経験豊富なスタッフが丁寧に聞き取りをしたうえで最適なプランでお見積もりいたします。ゴミ屋敷は、健康被害だけではなく漏水や漏電による火災・害虫や悪臭で近隣とのトラブルをも招く可能性も高くなります。何とか解決したいけど方法が分からないという方も、お気軽にご連絡ください。