いらない家具をかしこく処分する5つの方法と基礎知識

一口に家具と言っても色々な種類がありますが、手持ちの家具がいらなくなるのは、どのような場合でしょうか。引っ越しがきっかけであったり、古くなったから買い換えたり、お気に入りが見つかったからなど様々なケースが考えられます。

それではいらなくなった家具を処分するには、どういった方法があるかご存知でしょうか。粗大ごみとして捨てる以外の方法が分からない方は、この記事を参考にすれば捨てるだけではない選択肢が見つかりますので、是非とも最後までお読みください。

いらなくなった家具を処分する5つの方法

  1. ゴミとして集積場に出す
  2. 家具を下取りに出す
  3. 買い取りを依頼する
  4. オークションやフリマサイトに出品する
  5. 不用品回収業者に引き取りを依頼する

いらなくなった家具を処分する具体的な方法をお伝えします。処分しようとする家具の状態や、ご自分のライフスタイルに合った手法をお試しください。

ゴミとして集積場に出す

いらない家具を処分したいのであれば、自治体のゴミ収集を活用するのが最もスタンダードな方法です。家具の場合は粗大ゴミに分類されるため、処分するには自治体ごとのルールに従わなければいけません。自分勝手な判断で集積所に出してしまうと、未回収のまま放置される可能性もあり、近隣の住民に迷惑がかかることになりますので気をつけてください。

ただし一番手軽で簡単な方法だと思われがちですが、捨てる人自身で対応することが最も多いのが自治体のゴミ収集です。したがって必要事項をしっかりと確かめておく必要があります。

家具を下取りに出す

リユースという観点から、古くなった家具を下取りしてくれるサービスが増えてきました。下取りですから新しい家具を買うことが前提になりますが、どんなものでも下取りしてくれるわけではありません。新しく購入するものと同じ種類の家具だけを下取りする場合や、下取りできない家具を指定しているパターンもあります。

また下取り対象の家具であっても、査定金額がつかない場合は下取りに応じてもらえないケースがあるので注意が必要です。下取りを断られた場合は、あまり無理強いをせずに他の処分方法を考えるようにしましょう。

買い取りを依頼する

「家具 買い取り」のキーワードで検索すれば、近隣にある全国チェーンの店舗や、個人経営の買い取り業者を見つけられます。家具の場合は大型で動かせないので出張査定をしてから買い取る流れが一般的ですが、出張査定の条件が業者によって違うことはご存知でしょうか。

取引が成立しなくても出張査定費用を請求しない業者もあれば、査定する品物が複数でなければ出張査定に応じない業者もあるので、出張査定の詳細について依頼する前に必ず確認することをお勧めします。

オークションやフリマサイトに出品する

自分で手続きする手間は増えますが、ネットオークションやフリーマーケットのサイトに出品して家具を処分する方法もあります。地元の人同士で不用品を取引するサイトを活用して、引き取り可能なユーザーをターゲットに出品するのも良いでしょう。取引価格の設定で戸惑うかと思いますが、買い取りの基準を参考にしながら、値引き交渉分も視野に入れた価格の設定をするべきです。

ネットオークションでは購入希望者が価格を決めて入札しますので、送料を見込んで損をしない程度の価格設定をお勧めします。運が良ければ高値で取引されるかもしれないので、あきらめずにチャレンジしてみましょう。

不用品回収業者に引き取りを依頼する

いらない家具を今すぐに処分したい場合は、不用品回収業者に依頼することをお勧めします。ある程度の費用負担は覚悟しなければいけませんが、下取りや買い取りを断られた家具でも引き取りに応じてくれます。一人では運び出すことが困難な大型家具でも、複数名の専門のスタッフが対応しますので心配することはありません。

さらに買い取りしてもらえる可能性もあるので、まずは不用品回収業者に相談してみましょう。見積もり金額が気に入らなければ、もちろん断ることは問題ありません。引き取りのスケジュールも柔軟に対応してもらえますので、依頼主の制約が少ない処分方法と言えるでしょう。

すぐ片付け隊は、すぐ駆け付けること(即日対応)を企業の強みとして、毎日関東近辺のお客様宅をトラックが走り回っています。どうぞお気軽にWEBフォームよりお問い合わせくださいませ。

ご相談・お見積り
Web:24時間/お電話:7:00〜21:00
お気軽にお問い合わせください!

処分方法別の料金とメリット&デメリット

当然のことですが処分方法によってメリットやデメリット、処分費用なども変わります。ここからはそれぞれについての一般的な情報をお伝えしますので、基礎知識として活用してください。

家具の下取り

家具を下取りに出す最大のメリットは、新しい家具と入れ替えにいらなくなった家具を処分できることです。自分で処分する手間が省けるだけでなく、家具を取り扱うプロが運び出してくれますので、建物に傷をつけてしまうリスクも少なくなります。

ただし気をつけておきたいのは、下取りできる家具の種類が限定されているという点です。相手も商売ですから、どんな家具でも引き取るというわけにはいきません。製造から5年以上経ったものや、破損が著しい家具などは下取りを断られることもあります。

特に高級家具メーカーでは厳しい基準が設けられている場合が多く、一般的な家具メーカーでも購入する家具と同等品のものでなければ、下取りに応じてくれない可能性が高いので事前に確かめておきましょう。
また一般的な査定額は中古家具の市場動向に左右されますが、購入時の金額の2割から4割程度なので参考にしてください。

買い取り依頼

買い取り専門業者の場合、出張査定を依頼できる業者が多いので、処分する側の負担が軽減されます。小規模な業者から買い取りを断られたり、処分費用を請求されるような家具でも、最低1円からの買い取りをしている全国チェーンの業者もありますので、業者選びが重要なポイントになります。

売る側とすれば高く買い取って欲しいと思うのが人情ですが、家具の買い取りについても下取りほどではありませんが一定の基準があります。家具の寸法や運び出しの難易度、購入から10~15年以下といった点をクリアしなければいけません。したがって比較的新しい高級家具やデザイナーズ品でなければ、高価買い取りは期待できないでしょう。

専門業者が買い取った家具についても、家具の下取りと同じ中古家具市場で売買されますので、査定額は購入金額の2割から4割程度と考えてください。

サイトへの出品

オークションやフリマサイトへの出品は、自分自身で価格設定ができるため取引が成立した際の満足度が高くなります。処分するまでに時間的な余裕があれば、納得した金額で取引ができるまで繰り返し出品ができます。ただし家具の種類によって一定の相場が存在するので、処分を急ぐ場合は相場以下での価格設定を意識してください。

しかしネットが苦手な方にとっては、少々ハードルの高い取引になります。サイトのアカウント作成や出品する家具の画像撮影、取引成立後の手続きや商品発送の対応など、様々なことを一人でやらなければいけません。値引きやクレーム対応などもありますので、比較的高値で売買できる分手間がかかると思ってください。

洋タンスやチェストでは平均19000円、食器棚でも平均25000円、ソファーセットなら平均50000円弱、シングルベッドの場合は平均21000円強で落札されています。ノンブランドや状態が悪いものであれば1000円以下の落札金額になる場合もありますが、ブランド品や工芸品になると数万円から数十万円で落札される可能性もあると考えてください。

不用品回収業者への依頼

いらない家具の処分は不用品回収業者に頼むのが一番ストレスを感じない方法です。回収費用を支払いますので、汚れや傷や破損などは気にすることなく依頼できます。再利用が可能な家具であれば買い取りもしてくれますので、回収費用を買い取り金額の分安くできるかもしれません。

不用品の回収が前提ですので、他の方法に比べれば出費は多くなってしまいます。目安となる相場ですが、テーブルやタンス、食器棚については2000円から3500円、ベッドやソファーであれば3000円から7000円強での引き取りが平均的です。ただし立地条件によっては運び出す費用を追加で請求される場合もあるので、事前に見積もりをとって確かめましょう。

ちなみに軽トラックで地域を巡回しているような無許可の業者に依頼すると、法外な金額を請求されるリスクもあるので注意が必要です。

ゴミに出す

自治体でゴミとして処分する一番の魅力は、少ない費用で処分できることでしょう。ルールさえ無視しなければ、すんなりと処分できるため、精神的な負担は少ない方法と言えます。ただし処分の費用を安く済ませられる分、処分する側の労力は増えます。

処分費用の目安として、タンスやチェスト、本や食器の保管棚では高くても3000円程度。大きさにもよりますがベッドなどの寝具類は1000円から2000円ほど。ダイニングテーブルやセンターテーブルは900円から1000円、椅子やソファーは数によりますが数百円から1000円強となります。

各自治体によって基準は異なりますが、ステッカーやチケットの購入が必要で、自宅からの運搬は基本的に処分する本人の責任で行わなければいけません。また収集日が限られているので、引っ越しなどの移動の期日が決まっているケースでは、タイミングが合わずに処分できない可能性もあります。

家具を処分する前のチェックポイント

事前に家具の状態をチェックすることで適正な処分方法が見つかります。業者に問い合わせする場合でも、家具の現状を報告しなければ正しい回答は得られません。無駄な対応を避けるためにも、まずはしっかりと現状を把握してください。

処分する家具の状態

まずは家具の外観からチェックしますが、修正不可能な大きな傷や破損、日焼けによる退色がある場合は、下取りや買い取りは期待できないと思った方がいいでしょう。キクイムシによる食害も、家具に見えないダメージを与えている可能性が大きいので、廃棄の対象になります。直径1mm前後のまるい穴が開いていたり、細かい木くずがある場合はキクイムシの被害を疑ってください。

まれにタンスや本棚にチャタテムシが潜んでいることもありますので、注意深く観察することをお勧めします。

ブランドの有無

洋服やバッグと同じように、家具も有名ブランドであれば高値で買い取ってもらえる可能性があります。あまりにも奇抜なデザインの家具は、なかなか買い手がつかないために敬遠されがちですが、オーソドックスなデザイナーズ家具であればある程度の買い取り価格は期待できるでしょう。

またノンブランドの家具でも、年代物であればアンティークとして取引される場合もあるので、あきらめずに骨董品の買い取り業者に鑑定をお願いしてみましょう。

カンタンに運び出せるか

家具を処分する際に一番問題となるのが搬出作業です。ある程度の大きさと重量がありますので、運び出す知識と経験がなければ破損や事故につながってしまいます。メーカーによる下取りや不用品回収業者の場合は、熟練した作業スタッフが搬出してくれますが、買い取りやゴミとして自治体で処分する場合は、自力で搬出しなければいけません。

ですから階段を使わなければ搬出できなかったり、素人には扱えない高さや重量の家具は、搬出をお願いできる業者に依頼するのが安全で確実だと言えます。

備品を無くしていないか

下取りや買い取りが可能な家具であっても、付属している備品が無い場合は取引を断られる場合があることをご存知でしょうか。キャスターや止め金具、フックやジョイント、高さ調整用の特殊工具などが備品としてあげられますが、家具の機能にとって欠かせないパーツとみなされます。

買い取られた家具は中古品として転売されますので、備品の欠損は商品の価値を大きく下げる要因となり嫌われてしまいます。失くしてしまいがちな家具の備品ですが、買い取り価格を左右する重要なポイントなので、できるだけ揃えておきましょう。

分解できるか

いらなくなった家具をゴミとして自治体に出す場合、粗大ごみや大型ゴミとして処分するのが一般的です。ゴミの収集券やステッカーを購入して集積所に出すだけで、粗大ゴミや大型ゴミを回収してくれますが、自治体によっては一部の家具を回収できない対象として設定している場合があります。

ただし回収してもらえない家具でも、分解してしまえば可燃ごみや不燃ごみとして集積所に出せます。自治体の収集基準にあったサイズに合わせ、できるだけ小さくできれば、粗大ゴミや大型ゴミとして扱う必要も無くなるでしょう。

分解できるメリットはそれだけではありません。パーツごとに分解することで運び出す手間も変わってきます。運び出せなくてあきらめていた大型家具も、買い取りしてもらえる可能性が出てくるので、確かめておくべきポイントです。ただし分解して元に戻せる自信が無い人は、プロに処分してもらうことをお勧めします。

家具の種類別処分方法

家具の種類によっては中古市場の状況が違うので、処分する方法にも差が生じます。一方で有名メーカーの商品やブランド品、高級素材を使った家具は買い取りで優遇されるのが一般的です。最終的に捨てることになっても、できるだけリユースの視点を持ちつつ処分方法を決めてください。

収納家具

下取りや買い取りができるかどうかは、中古市場の需要に左右されます。最近ではビルトイン式の収納がメインとなり、タンスの需要自体が減っていることから下取りや買い取りは難しいのが現実です。さらに婚礼家具は新品の需要がほとんどですので、引き取っても転売できないために敬遠される傾向にあります。

引き取ってもらえない場合は捨てるしかないのですが、タンスを粗大ごみとして処分するのであれば、排出者自身に搬出と運搬義務があることがネックとなります。不用品回収業者に依頼すれば多少費用は高くなりますが、タンスの搬出から処分までを一貫で対応してくれるので、無難な処分方法だと言えるでしょう。

寝具

羽毛ふとんや機能性の高いまくら、有名メーカーの低反発マットレスで比較的新しいものであれば、買い取りに応じてくれる可能性があります。一方でベッドは下取りの望みはあるものの、中古市場の需要が少ないこともあって買い取りは期待薄です。捨てるのであれば粗大ごみとして処分するか、不用品回収業者に依頼することになります。

処分に困るベッドの処分方法を解説
ロフトベッド処分方法4選!メリットデメリットが分かる比較早見表付き

ソファー・椅子・テーブル

ソファーや椅子、テーブルなどの素材やデザインが重視される家具では、高級素材が使われているか高級家具メーカー製でなければ、下取りや高価買取は期待できません。ただし素材の良いブランド品でも、8年以上使用している場合は減額の対象となってしまいます。

こちらも捨てる場合は粗大ごみとして処分するか、不用品回収業者に依頼しましょう。汚れたり壊れたりくたびれたりしていなければ、寄付を検討することも良いでしょう。「家具 寄付 仲介」で検索すれば、仲介してくれる団体を見つけられます。

捨てにくい勉強机/学習机の5つの処分方法と費用について解説!

カーペット

カーペットの場合もブランド品や高級家具メーカーの製品であることが、下取りや買い取りができるボーダーラインになります。皆さんご存知のペルシャ絨毯はもちろんのこと、トルコ絨毯や中国緞通などは下取りや買い取りが可能です。

質の良い天然素材でシンプルなデザイン、そしてちょうどよいサイズ感のカーペットであれば、高級絨毯でなくても買い取りできる可能性はあります。しかし残念ながら元値が安かったり化学繊維で織られたりしているカーペットの場合は、粗大ごみや一般ごみとして処分するか不用品回収業者に引き取りを頼むしかありません。

粗大ごみとして処分する場合は、必要な費用を支払って自治体に処分を依頼します。また一般ごみとして処分するには、自治体で定められている大きさにカットする必要があるので、想像以上の手間と労力が必要になります。

神棚・仏壇

神棚や仏壇の下取りと買い取りをしてくれる業者はありますが、処分に必要な供養や魂抜きなどの費用が発生するため、出費を伴わない処分はできないと言っていいでしょう。一般的には粗大ごみとして出しても構いませんが、自治体によっては受け入れを拒否されることもあります。

不用品回収業者に依頼する方法もありますが、事前に供養や魂抜きをしなければいけません。一貫した対応してくれるのが仏具屋ですので、近隣で頼めるところを探すのが賢明です。

仏壇の処分する5つの方法と費用相場を紹介いたします。

他にも、不用品回収を行う際の費用相場を徹底的に解説しているページはこちら

いらない家具の処分方法まとめ

世の中が便利になればなるほど、新商品への買い替えサイクルが短くなっています。しかし家具の場合は吟味して購入することが多いために、長年使い続けることが一般的です。引っ越しなどの環境の変化が起きない限り、家具を頻繁に買い換えることはないので、いらなくなった家具の大半は何かしらの不具合があると言えます。

不具合があるということは、下取りや買い取りにはマイナスポイントになるばかりか、取引すらできないかもしれません。致命的な損傷でなければリユースが可能なので、オークションやフリマで販売するか、再利用のルートを持つ不用品回収業者に依頼して頂ければ幸いです。

すぐ片付け隊ではリユース事業を推進しております。お気軽にWEBフォームよりお問い合わせくださいませ。