いらない家具はカシコク処分!処分方法5つと基礎知識を紹介!

「使わない家具があるけど、処分の仕方が分からない…」
「要らない家具を一気に処分する方法はある?」

引っ越し・買い替え・スペース確保のためなど、さまざまなシーンで家具の処分を検討されることでしょう。

それではいざ片付けるとなった時、どんな処分方法があるかみなさんご存知でしょうか?

そこで今回は家具処分方法5つと片付け方の基礎知識について詳しくご紹介したいと思います。

お読みになればあなたにぴったりの家具処分方法が見つかるはず、ぜひ最後までチェックしてみてください。

いらない家具の処分方法5選

いらなくなった家具の処分方法は全部で5つあります。それぞれどんな方法なのか、続けてしっかり確認していきましょう。

「1つひとつ確認するのは面倒」という方は、右下のジャンプをぜひご利用ください。

  1. リサイクルショップに売る
  2. オークションやフリマに出す
  3. 自治体の粗大ゴミ収集を利用
  4. 買い替えて下取りに出す
  5. 不用品回収業者に頼む

「一気に全部比較したい!」方はこちらから
家具別の基礎知識を知りたい方はこちらから

リサイクルショップに売る

リサイクルショップご利用の流れ
事前申込み → 自己搬出 → 査定(見積もり) → 売買契約 → 出張費や運搬費の支払い

「家具 買い取り」のキーワードで検索すれば、家具を取り扱うリサイクルショップを見つけることができます。

状態が悪い家具は売れる見込みが薄いですが、新品同様であったりブランド品の家具ならば買い値がつく可能性はあるでしょう。

ただし売る前には掃除する手間がかかりますし、大型家具の場合出張買い取りで別途費用がかかることも。

確実に買い取ってもらえる家具でない限りプラス収支は見込めないため、家具の状態をみてからご利用になる方がいいでしょう。

キズや汚れがある家具は望み薄です。

オークションやフリマに出す

オークションやフリマご利用の流れ
フリマ(オークション)サイトに登録 → 出品 → 購入者からの入金 → 梱包と発送

リサイクルと似た手段として、ネットオークションやフリマアプリに出品するやり方もあります。

あなたの好きな値段に設定できるため、うまくいけばちょっとしたお小遣い稼ぎが期待できるでしょう。

しかし家具の状態やニーズの有無によっては売れ残る可能性もあり、出品したからといって処分できるとは限りません。

また掃除+写真撮影+梱包作業などを考えると、リサイクルよりも時間と手間がかかるのは確実。その点にも留意して利用する必要があるでしょう。

家具は梱包作業も大変ですね。

自治体の粗大ゴミ収集を利用

粗大ゴミ収集ご利用の流れ
・自治体に事前申込み → 料金の支払い(粗大ゴミ券の購入) → 収集日に指定の場所へ搬出
・ゴミ処理施設に事前申込み → 施設への持ち込み → 料金の支払い

要らない家具の処分方法として、最もオーソドックスなのが自治体の粗大ゴミに出すやり方です。

粗大ゴミの出し方は自治体によって異なりますが、他のゴミ同様平日のみの収集が一般的。お仕事や家事のスケジュールを考えて申込むようにしましょう。

なお粗大ゴミは手軽で簡単な方法と思われがちですが、ゴミ券購入や搬出など、あなた自身で対応することが最も多い手法です。

特に自分で外に運び出すのが難しい家具の場合、他の方法を選ぶ方が無難といえるでしょう。

各地域の粗大ゴミの出し方はこちら

見た目以上に重い家具も多いです!
くれぐれも無理しないでください!

買い替えて下取りに出す

買い替え下取りご利用の流れ
回収対象商品購入時に申込み → 収集運搬費用の支払い → 収集

もし新しく家具などを購入する予定なら、下取りに出すという方法もあります。

商品搬入と同時に不要な家具を回収してもらえるため、手間がかからず便利です。

しかし下取りには同ブランドでないといけない・〇円以上購入など各種条件があり、それらを全て満たさないといけません。

また査定対象になったとしても状態によっては値がつかず、下取りに応じてもらえないケースもあるので注意が必要です。

ご利用の際は出張費などの有無を確認しておきましょう!

不用品回収業者に頼む

不用品回収業者ご利用の流れ
お問い合わせ → お見積り → お見積り納得後お支払い → 収集

ご紹介してきた中でも1番ラクで簡単なのは、不用品回収業者に頼む方法です。

搬出・運搬もすべてお任せでき、どんな状態・大きさの家具でも回収してもらえます

自分で動く必要がない分お金はかかりますが、時間や手間がかからない分コスパは良好

もし他にも不用品があれば、まとめて回収してもらえるというメリットもあります。

もちろん好きなタイミングで来てもらえますから、忙しい方でも利用しやすいサービスといえるでしょう。

お任せOKだから、引っ越しや大掃除の際も便利です!

処分方法比較表

回収料金の比較

自治体下取り不用品回収業者
1,000円~対象商品代金+
2,000円~
2,000円~
自分で動かないといけない分、自治体はお安いんだね。
そうだね。だけどその時間を他に使える分、
不用品回収の方がコスパが良いといえるよ。

時間や手間の比較

 自治体下取り不用品回収業者
お申込み1週間前まで3日前まで当日可能!
回収の可否一部条件あり各種条件ありどんなものでもOK!
回収作業自己搬出お任せお任せ
準備など役所手続きや
荷造り
掃除当日待ってるだけ!
自治体や下取りだと回収してもらえない家具もあるんだね。
そうなんだ。
一方不用品回収業者ならどんな家具でも回収OKだよ!

【結論】1番ラクなのは不用品回収業者

どんな人にもおすすめの処分方法はこの3つ!

こんな人は
自治体へ
  • 時間的余裕がある
  • 自分で回収場所まで運べる
こんな人は
下取りへ
  • 下取り対象商品を購入予定
  • 引き取ってもらえればラッキーというスタンス
こんな人は
不用品回収業者へ
  • 平日は仕事や育児で対応できない
  • 他にも処分したいものがある
  • とにかく時間や手間をかけたくない
すぐ片付け隊はあなたの「今すぐ!」にも対応可能!
料金についても頑張らせていただきます!
すぐ片付け隊のアイコン
ご相談・お見積り無料
Web:24時間/お電話:8:00〜20:00
お気軽にお問い合わせください!

回収料金は11,000円からとなります。

家具を処分する前のチェックポイント

あなたに合った処分方法を選ぶためにも、事前に家具の状態をチェックしておくことは大切です。現状把握をしっかり行い、スムーズに家具のお片づけを進めましょう。

キズや汚れの程度は?

出品や買い取りを検討中の方はまず、家具の見た目の状態をチェックしておきましょう。

一見キレイに見える家具でも、裏側が虫食いやカビだらけなんて可能性も大いにあります。

また修正が難しい大きなキズや破損、日焼けによる退色がある場合も商品価値はほぼ0です。

キズや汚れが目立つようであれば、初めから捨てる方向で考えるようにしましょう。

✓キズや汚れが目立つ家具には商品価値がない

備品の紛失はない?

どんなに見た目がキレイでも、セットとなる備品がないと取り引きを断られるケースがあります。

装飾用の備品は別ですが、キャスタ―・ジョイント・調整用の特殊工具などは家具に欠かせないパーツの1部。

備品の欠損は商品価値を大きく下げてしまうため、家具自体の状態が良くとも売れない可能性があることに注意してください。

✓備品の有無でも商品価値は下がる

ブランドorノーブランド

洋服やバッグと同じように、家具も有名ブランドであるほど商品価値が高くなります。

多少キズついていても一定の価値があると見なされるため、ブランド品の家具は出品や買い取りに向いているといえるでしょう。

一方ノーブランドの場合は新品のもの以外値段がつきにくく、状態によっては処分一択です。

またブランドものであっても、デザインが奇抜なものは敬遠されがちということも覚えておきましょう。

✓ブランド家具かどうかによっても処分方法は限られる

運び出せるかどうか

処分方法によっては家具を自己搬出する必要があるため、自力で運び出せるかどうかも先にチェックしておきましょう。

ドアより大きいサイズでも分解すれば搬出できるようになりますし、工具の有無も考慮して考えてみてください。

しかし大きな家具は分解中にケガをするリスクが高く、人手がないと難しい作業といえます。

大きくて重い家具の場合は無理にバラそうとせず、最初からプロにお任せしてしまうのがおすすめの方法です。

✓大きくて重い家具の場合はプロに任せる方が安全&簡単

家具別の処分方法基礎知識

一口に家具といっても色々ありますし、「コレはどう処分すべきなの!?」と思ってらっしゃる方も多いはず。ここでは家具の種類別におすすめの処分方法を紹介していますので、迷った際の参考にしてみてください。

収納家具

収納のビルトイン化が進んでいる昨今は、タンスなどの単体収納家具の需要は減ってきています。

中古市場でも人気が落ち着いているため、下取りやリサイクルに対応してもらえないケースも多いです。

とはいえ粗大ゴミに出そうにも、大きくて重いため搬出は困難を極めます。

タンスなどの大きな収納家具は、搬出から処分まで一貫対応してくれる不用品回収業者に頼むのが無難でしょう。

作りがしっかりしている婚礼家具も、中古は敬遠されてしまいますよ。

寝具

羽毛ふとん・高性能まくら・有名メーカーのマットレスなどは、比較的新しいものなら買い取りに応じてくれる可能性もあります。

しかし少しでも使用感が出ると途端に価値が下がってしまうため、1~2回使用の内に処分を検討しなければなりません

またベッドは下取りの望みはあるものの、中古市場の需要が少ないため期待薄です。

捨てるのであれば粗大ゴミか、不用品回収業者へ依頼するようにしてください。

ベッドの詳しい処分方法はこちら
ロフトベッドの詳しい処分方法はこちら

寝具は特に売れにくいものなので、基本捨てるの一択です。

ソファー・椅子・テーブル

ソファー・椅子・テーブルといった素材やデザインが重視される家具の場合、高級素材のものか高級家具メーカー製でなければ下取りや高価買取は期待できません。

また素材の良いブランド品でも、8年以上使用したものは減額の対象となってしまいます。

捨てる際は粗大ゴミに出すか、不用品回収業者に頼んでラクラク引き取ってもらいましょう。

勉強机/学習机の詳しい処分方法はこちら

値段がつかないならラクに処分したほうが、時間も手間もかからずお得ですね。

カーペット

カーペットの場合も、ブランド品や高級家具メーカー製であることが商品価値のボーダーラインです。

ペルシャ絨毯・トルコ絨毯・中国緞通など、質が保証されている製品は中古でもリサイクルなどに出せる可能性はあるでしょう。

一方元値が安かったり化学繊維で織られた一般的なカーペットは、粗大ゴミや不用品回収業者に頼むしかありません。

裁断すれば通常ゴミとしても出せますが、カットする際毛くずが散らばるため大きいカーペットには不向きでしょう。

カーペットは意外に重く、搬出が大変ということも覚えておきましょう。

神棚・仏壇

神棚や仏壇の処分には供養や魂抜きなどの費用が発生するため、出費を伴わない処分はできません。

自治体によっては粗大ゴミの対象外としていることもあり、仏具店や供養も可能な不用品回収業者に頼むのがベストな方法といえるでしょう。

仏壇の詳しい処分方法はこちら

すぐ片付け隊には遺品に関するスペシャリストが在籍、
供養やお焚き上げのご提案もできますよ。
すぐ片付け隊が70,000件ご相談いただく理由
すぐ片付け隊駆けつけるのが早い、
即日対応!
即日対応できる秘密は?

トラック稼働台数業界最大級大量のご依頼でも
大丈夫!

全てのトラックにGPS搭載最寄りトラックが
すぐ対応

すぐ片付け隊回収料金を安く提供
できます!
安く提供できる秘密は?
不用品回収ならすぐ片付け隊におまかせ!

※2010年~2019年弊社問い合わせ実績 2020年1月時点

すぐ片付け隊の3つのゼロ宣言
  • お見積りゼロ
  • 追加料金ゼロ
  • トラブルゼロ
すぐ片付け隊のアイコン
ご相談・お見積り無料
Web:24時間/お電話:8:00〜20:00
お気軽にお問い合わせください!

回収料金は11,000円からとなります。

家具の処分にお困りなら「すぐ片付け隊」にお任せください!

不用品回収ならすぐ片付け隊におまかせ!

新品同様の家具を手放すことは少ないはずですし、お読みいただく方の多くは長年使った家具の処分にお困りかと思います。

お子さんが貼ったシール跡のために売りにくく、また分解も難しいためなかなか粗大ゴミに出せない…。

そんな家具の処分には、どんなものでも回収してくれる不用品回収がぴったりです。

リユース事業を推進しているすぐ片付け隊なら、捨てることなくあなたの家具を次につなげることもできます。

家具の処分にお悩みの際は、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

東京都内で不用品回収が可能なエリア

神奈川県で不用品回収が可能なエリア

埼玉県で不用品回収が可能なエリア

千葉県で不用品回収が可能なエリア