【不用品回収】捨てにくい勉強机の処分方法を解説!すぐ片付け隊なら一気に解決!

勉強机

思い入れのある勉強机も、子どもの成長後、進学や就職の時期には処分を考えるでしょう。しかし、多くの方が大型で重さもある勉強机の処分に悩むため、行動に起こしづらいことが多いものです。「まだ使えるので売れたら助かる!」「できるだけ費用を抑えたい!」などの希望もあるのが、勉強机の処分ではないでしょうか?

今回の記事では、勉強机が処分されにくい理由・処分方法ごとの費用やメリット・デメリット・手間をかけずに不用品回収業者に依頼する方が良いケースについて紹介して行きます。自身の都合の良い方法を見つけるのに、ぜひ、参考になさってください。

勉強机を処分したい時にできず置かれ続けることが多い

勉強机の傷や汚れ

子どもが長年愛用した勉強机を、成長した後も置き続けている家庭が多いのはなぜでしょうか?進学や就職で家を出て行き、たまに帰省するだけの実家でもそのまま自分の部屋として残っているのは、処分したいけれどしづらい問題があるからです。

勉強机は、家具の中でも子どもが10年以上も使ってきたものなので落ちない汚れや無数の傷も残っています。成長の証として眺める分には、親としても感慨深いものがあるものの、汚れや傷の多さからリサイクルショップで売れにくいためにそのまま置いているケースも少なくありません。

他の収納ボックスなら移動して別の部屋で使えますが、重さがありスペースも占める勉強机は、子ども部屋だった定位置から動かしづらく用途も限られていることから、あえて別の部屋に動かすメリットもないと考え置かれ続ける事が多いのです。

処分を早急にする必要がある時、たとえば、引越しや部屋を違う目的で使う場合などがあれば、処分は何らかの方法で行われるでしょう。けれども、必要に迫られないことや捨て方が難しいことから、やむを得ず置かれていることもあります。進学や就職で子供が巣立っていった後、勉強机を捨てにくく放置されるのには、このような理由があるためです。

勉強机を処分する5つの方法

5つ 星 

勉強机を処分するには、捨てる・売る・譲るという5つの方法があります。手間や負担、費用、メリット・デメリットを比べてみてより自身にあっている方法を検討してみましょう。

自治体のゴミ回収を利用する

自治体のゴミ回収なら、適正に処理され料金も明確なので安心して利用できます。実際に勉強机を自治体のゴミ回収で捨てるには、以下の2つのやり方があります。

分解して可燃ゴミで出す

勉強机は、そのままの状態で処分となると困難な印象を持ってしまいますが、分解するといくつかのパーツに分けられるので、自治体の可燃ゴミ扱いで出すことは可能です。ただし、自治体ごとに可燃ゴミの袋のサイズが決められており、そのサイズに入るパーツしか出せません。したがって、規定サイズに入らないものは、粗大ゴミとして処分するようにしましょう。

分解や分別する手間はかかりますが、そのまま粗大ゴミで勉強机を出すよりも費用と運搬の負担を軽減できます。

  • 費用 ゴミ袋代(必要に応じて粗大ゴミ処理券代)

そのまま粗大ゴミに出す

勉強机の分解は、必ずしも必要ではありません。自治体の粗大ゴミ回収が利用できるので、そちらを選ぶと分解や仕分けの手間はかからなくなります。他の粗大ゴミと同様にスーパーやコンビニ、郵便局でゴミ処理券を購入して、勉強机に貼って回収場所に出すやり方です。

ゴミ処理センターへ持ち込めるなら、費用は安くて済む点は大きな魅力です。ただ、思った以上に、勉強机の重量があることを理解しておく必要があります。それは、勉強机が長年の使用に耐えうる材質を採用して製造されているからです。子ども部屋からの搬出やトラックへの積み込みにも、注意しなくてはなりません。

  • 費用 指定場所へ持ち込み 1,000~2,000円
  • 費用 ゴミ処理センターへ持ち込み 300円が相場/㎏

リサイクルショップで売る

次に、紹介するのが勉強机をリサイクルショップで売る方法です。材質が優れているため、使用するのには問題ないこともありエコの精神でリサイクルショップを活用したい気持ちもある方もいるでしょう。けれども、勉強机は10年以上も使われているため、前述のとおり傷や汚れが多く、見た目の美しさを損ねていることから買取の対象とならないことが多いのです。

しかし、有名メーカーのものやコンディションのいいものなら、問い合わせしてみる価値はあるでしょう。低価格で新品の勉強机が販売されているので、中古の売れ行きはあまりよくありません。そのため、高価買取を目指すというより、処分にお金をかけなくて済む程度に考えるのが賢明です。

  • 費用 無料 買取対象の勉強机は限られる

フリマアプリで売る・地域のコミュニティサイトで売る・譲る

勉強机はなかなか売れにくいものですが、フリマアプリや地域のコミュニティサイトなら幅広いユーザーがいるので、需要があることも期待できます。フリマアプリでは、送料の問題が出てくるので、その分も見越した売値を考えましょう。地域のコミュニティサイトなら、引き取りに来てくれる方に無料であげるという方法もあります。

  • 費用 無料 売れる・譲れるとは限らない 売れるまでの時間がかかる

親戚や知人に譲る

一方、勉強机を気心の知れた親戚や知人に譲るという方法もあります。ちょうど卒業のタイミングに、小学校入学を控えている子どもが居れば、声かけても良いでしょう。ただ、親御さんの心情としては、子どものために勉強机を買い揃えたいという気持ちがあるため、さりげなく触れる程度で反応をみるのが良いでしょう。

親戚の家庭で使っていたものなら、傷や汚れが多少あってももらえると助かるという家庭もあるでしょう。

  • 費用 無料 貰い手が見つかれば双方のメリットがある

不用品回収業者を利用する

もっと楽に早く勉強机を処分するなら、不用品回収業者を利用しましょう。進学や就職で勉強机が不要になったタイミングには、それ以外の不用品も出て来ることが考えられます。何より、不用品回収業者なら自宅まで引取りに来てくれるので、重量のある勉強机を部屋から運び出す必要もないので安心です。もちろん、処分には費用がかかりますが業者次第で異なるため、予め見積もりを行ってもらい納得の行く金額なら契約を進めましょう。

不用品回収業者のトラック保有数にもよりますが、依頼した当日に即日で勉強机を回収してもらえることもできます。自治体のゴミ回収と比べると、回収の日程にあわせることなくいつでも自身の都合の良い日時で依頼できるのは、有り難いメリットです。

  • 費用 5,000~6,000円 運び出す手間もかからず処分が早い

勉強机の処分はすぐ片付け隊へ!お任せください

トラックの流通

処分したくてもしづらくてそのまま置いている勉強机がある方は、ぜひ、すぐ片付け隊へご相談ください。その際には、他の不用品も一緒に回収ももちろんできるので、まとめて片付けを行うのには良いチャンスだと言えます。重い勉強机を運ぶのは負担がかかる上に腰などを痛めてしまう可能性もありますし、分解をするにも時間もかかってしまうものです。当社のトラックはGPS搭載で、最寄りのトラックがすぐ駆けつけられける状態になっています。そのため、捨てるのに悩んでおられた勉強机の処分を一気に解決させていただけるわけです。気になる点がありましたら、どんな小さなことでもお気軽にお問い合わせください。