ウォシュレット処分の料金・処分方法!自力での取り外し方も解説

ウォシュレットの処分をしたいと考えたときに、どこで処分をすればいいのか、料金はいくらくらいなのか、疑問点がたくさん出てきますよね。ウォシュレット処分は自分に合う方法を選ぶことが大切です!

当記事ではウォシュレット処分にかかる料金や5つの処分方法、ウォシュレットの取り外し方などについて解説します。この記事を最後まで読んでいただくことで、自分に合うウォシュレット処分の方法が見つかりますよ!

ウォシュレットの処分方法
体力に自信のある人はこっち!
ラクして処分したいならこっち!不用品回収業者を利用!お金はかかるけど、今すぐ処分できる!部屋から運び出さなくてOK!安く処分するポイント、1点だけよりも数点まとめて処分するほうが断然お得
不用品回収業者に依頼する場合、ウォシュレットの相場はだいたい 2,000円~6,000円くらいです。参考まで!
すぐ片付け隊のアイコン
ご相談・お見積り無料
Web:24時間/お電話:8:00〜20:00
お気軽にお問い合わせください!

回収料金は11,000円からとなります。

ウォシュレット処分にかかる料金

自治体の粗大ごみ300円~400円
リサイクルショップ処分費用0円
※もしくは引き取り不可
フリマアプリ・ネットオークション939円~4,820円
※ヤマト運輸宅急便の場合
( 160cm、25kg以内 )
※引き取りの場合は0円
交換時の引き取り2,000円~3,000円
不用品回収業者2,000円~6,000円
※取り外し料金も含む
※別途運搬費がかかることも

ウォシュレット処分は、選ぶ方法によって値段が変わります。新品交換時の引き取りの場合は、キャンペーン中は取り外し費用が安くなったり、便器とのセットでお得になったりすることもあります。

ウォシュレット処分にかかる料金はウォシュレットの種類やサイズ、自治体や業者によって異なるので上記の表は目安料金として参考にしてください。

あわせて読みたい

不用品回収会社が解説する料金の仕組みと料金相場!賢く安く依頼する7つのコツ

ウォシュレットの5つの処分方法

ウォシュレットを処分するには、粗大ごみとして出す方法や不用品回収業者に依頼する方法などがあります。そんなウォシュレットの5つの処分方法について解説します。

①自治体に粗大ごみとして出す

処分費用 300円~400円
メリット値段が安い
デメリット処分の手間がかかる、洗浄が必要な場合も

ウォシュレットは、ほとんどの自治体で粗大ごみとして出すことができます。ウォシュレット処分の中では、最も安い方法になります。粗大ごみとして出す場合は、事前に電話やインターネットで申し込み、定められた日程に捨てます。

もしくは、ゴミステーションに直接持っていく方法もあります。自治体によって値段や捨て方が多少異なるため、まずは住んでいる自治体の粗大ごみの規定を確認するのをおすすめします。

粗大ごみとして捨てる場合は、よく洗浄するということが条件になっている自治体があるため、捨てる前に綺麗にする必要があります。また、決められた日程に捨てる、ゴミステーションに持っていく手間がデメリットでしょう。

②リサイクルショップに持ち込む

処分費用処分費用0円
※もしくは引き取り不可
メリット買取の可能性がある
デメリット買取不可の場合がある、洗浄が必要

新しく状態が良いウォシュレットであれば、リサイクルショップに持ち込むこともできます。買取をしてもらえれば、処分費用がかからないどころか、お金を得ることができます。

しかし、ウォシュレットは汚れてしまうもののため、中々買取をしてもらうことは困難です。買取不可の場合は持ち帰り、別の処分方法を考えることになってしまいます。

③フリマアプリ・ネットオークションに出品

処分費用939円~4,820円
※ヤマト運輸宅急便の場合
( 160cm、25kg以内 )
※引き取りの場合は0円
メリット売却できる可能性がある
デメリット送料がかかる、売れ残りの可能性がある

リサイクルショップと同様に、状態が良ければメルカリなどのフリマアプリや、ヤフオクなどのネットオークションに出品することもできます。メルカリでは、3,000円~40,000円と高値で取引されているケースがあります。

しかし、高値で取引されているケースだと、例えば数回しか利用していないなど、ほとんど未使用に近い状態が良いものばかりです。

注意点としては、送料がかかってしまうことと、売れ残りの可能性があることです。送料は発送する距離やサイズによって異なります。いつ売れるか分からないため、すぐに処分したい場合はおすすめできません。

④交換時に引き取りを依頼

処分費用2,000円~3,000円
メリット交換時に依頼できる、手頃な料金
デメリット新品を買わないと利用できない、粗大ごみより高い

メーカーなど販売店で新品を購入し、交換時に古いウォシュレットの引き取りを依頼する方法もあります。メリットとしては、取り付けと処分を一緒に依頼できるため、同じ日程で済むということや、料金も比較的安価であることです。

注意点としては、新規購入をする際に処分費用についての確認をすることです。見積もりを取った際に、処分費用についてもきちんと記載されているかを確認するようにしてください。

⑤不用品回収業者に依頼

処分費用2,000円~6,000円
※取り外し料金も含む
※別途運搬費がかかることも
メリット取り外しも依頼できる、手頃な料金、対応が早い
デメリット粗大ごみより高い

不用品回収業者にウォシュレットの処分を依頼すると、取り外しも一緒に依頼できるケースが多いです。また、料金にも既に取り外し費用が含まれていることが多く、比較的安価で対応が早いのもメリットです。

注意点としては、取り外し費用と処分費用が一緒になっているか、その他運搬費など料金がかかるのか、という点を確認する必要があります。不用品回収業者に依頼する場合は、必ず見積もりを取ることをおすすめします。

自力でできる?ウォシュレットの取り外し方


ウォシュレットの自力での取り外し方や、その他の外し方について解説します。自力での方法では、ボルトで取り付けられている種類のウォシュレットの外し方について解説してきます。

準備と道具


  • 事前準備=掃除、元栓を閉める
  • 必要な道具=バケツ、レンチ、雑巾

ウォシュレットを自力で取り外す場合は、事前に掃除と元栓を閉める作業が必要となります。掃除についてはやらなくても取り外しができますが、床や便座に近づいて作業をするため、できれば掃除をしておく方が良いでしょう。

バケツと雑巾はなくても作業を進めることができますが、後片付けが大変になるのでできる限り用意してください。ボルトタイプのウォシュレット取り外しの場合、レンチは必ず必要になります。

手順


  1. 洗浄レバーを回し、タンク内の水を空にする
  2. 給水ホースを取り外す
  3. 便座の裏にあるボルトを取り外す
  4. ウォシュレット本体を持ち上げて、取り外す

ウォシュレットの取り外しは上記の4ステップの流れに沿って行われます。吸水ホースを外す際には水が漏れることがあるので、下にバケツを構えておくと安心です。

また、作業中にどうしても便座に触ることに抵抗感がある方や失敗するのが不安な方は、取り外し作業も業者に任せるのがおすすめです!

その他の取り外し方

自力以外で取り外す方法は、買い替え時の交換で依頼をする、引っ越し業者や不用品回収業者に依頼をする、という方法があります。新しいウォシュレットを購入した場合は、買い替え時の交換が便利でしょう。

買い替え以外のタイミングで取り外しをしたい場合は、引っ越し業者や不用品回収業者に依頼をすることができます。引っ越し業者の方が不用品回収業者よりも高値である場合が多いため、不用品回収業者の方がおすすめです。

ウォシュレット処分は不良品回収業者がおすすめ!

ウォシュレットの処分方法はいくつかありますが、その中でも不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。なぜ不用品回収業者に依頼するのがおすすめなのか、その理由について解説します。

汚れたままでも処分できる

リサイクルショップやフリマアプリ、ネットオークションで出品をする場合は綺麗にする必要がありますが、不用品回収業者の場合は汚れたままでも処分を依頼することができます。

粗大ごみに出す場合でも自分で取り外した後に、ある程度綺麗にする必要があります。汚れたままでも処分ができる不良品回収業者は、取り外した後のウォシュレットに触れたくない方にもぴったりです。

取り外し・回収まで依頼できる

ウォシュレットは自力でも外すことができますが、道具や準備が必要であったり、慣れてない作業で上手く取り外せない可能性があったりします。不用品回収業者に依頼をすれば、手間のかかる取り外しから回収まで依頼できます。

そのため、自力での取り外しが不安な方や、取り外し作業で直接便座などに触れることに抵抗がある方は、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。

賃貸物件にウォシュレットを残したまま退去しても良い?

ウォシュレットが付いていない賃貸物件のトイレに、ウォシュレットを付けることがあります。退去時に何も告げずに残したままにしておくと、後日請求が来ることが多いです。

取り外しの料金についても、自分で業者に依頼をするよりも高値になる可能性があるため、残したまま退去することはおすすめできません。退去する前にウォシュレットをどうすれば良いのか、管理会社に問い合わせてみてください。

管理会社にウォシュレットの撤去をしなくても良い、と言われていない場合は取り外してから退去することをおすすめします。

あわせて読みたい

引越しで出る不用品の処分方法6選!費用・手間・時間に注目して比較

ウォシュレット処分は便利な不用品回収業者に依頼しよう!

当記事ではウォシュレット処分にかかる料金や5つの処分方法について解説しました。ウォシュレット処分は取り外しから依頼ができる、不用品回収業者がおすすめです。

自力で取り外すのが難しい、便座などに直接触れることに抵抗がある、早く処分をしたい、という方はウォシュレット処分を便利な不用品回収業者に依頼してみてください!

東京都内で不用品回収が可能なエリア

神奈川県で不用品回収が可能なエリア

埼玉県で不用品回収が可能なエリア

千葉県で不用品回収が可能なエリア