物置処分の料金・おすすめの処分方法!自力での解体方法も解説

これから物置を処分しようと検討している方は、どうやって処分をすればいいのか、料金はいくらくらいなのか、疑問点がたくさんありますよね。

物置処分は自分に合った方法を選ぶのが大切です!当記事では、物置処分に必要な料金やおすすめの処分方法、自力で物置を解体・処分する方法などを解説します。

この記事を最後まで読んでいただくことで、自分に合う物置処分の方法が見つかりますよ。物置処分を検討している方は、ぜひ参考にしてください!

物置処分に必要な料金

自治体の粗大ごみに出す
400円~2,800円
※新宿区の場合
※サイズ・自治体によって異なる
フリマアプリ・ネットオークション2,388円~ 28,289 円
※ヤマト便利用の場合
※引き取りの場合は0円
リサイクル業者処分費用0円
※もしくは引き取り不可
不用品回収業者小型サイズ:3000円~10,000円
大型・解体が必要:15,000円~40.000円

※解体費・回収費が別の会社も有り

物置処分に必要な料金は、物置のサイズや状態によっても異なります。上記の表は目安料金として参考にしてください。

あわせて読みたい

不用品回収の見積もり方法!優良業者に安く依頼するためのコツを解説

物置のおすすめ処分方法4選

物置の処分方法は自力で行う方法や、フリマアプリを利用する方法などがあります。物置のおすすめ処分方法を4つ解説しますので、ぜひ参考にしてください。

①自力で解体・処分

処分費用400円~2,800円
※新宿区の場合
※サイズ・自治体によって異なる
メリット料金が安い
デメリット手間や時間がかかる、危険、ゴミの分別が必要

自力で物置を解体・処分する方法は、料金が安いというメリットがあることから物置処分で最初に考える方法ではないでしょうか。

自力で作業を行う場合は、まずは物置を工具などを使用して自分で解体をし、その後自治体で粗大ごみとして処分する方法となります。

この方法では料金が安いというのが最大のメリットです。しかし、デメリットとしては解体の手間や時間がかかることや怪我をする恐れがあること、ゴミの分別をしなければいけないことです。

②フリマアプリ・ネットオークション

処分費用2,388円~ 28,289 円
※ヤマト便利用の場合
※引き取りの場合は0円
メリット処分費用が不要、売却料金が得られることも
デメリット配送料が高い、売れ残りの可能性がある

メルカリなどのフリマアプリ、ヤフオクなどのネットオークションに出品して処分する方法もあります。メリットとしては処分費用がかからない、もしくは売却料金を得ることができることです。

この方法では相手に引き取りに来てもらう場合は配送料がかからないため、処分費用は0円となり、むしろ売却料金を得ることができます。しかし、引き取りになるとターゲット数が絞られるため、売れる可能性が少なくなります。

デメリットとしては、配送料が高くなることや、売れ残りの可能性があるということです。

出品後に配送をする場合は、物置のサイズが規定よりも大きい場合が多いため、ヤマト便など特別な方法で送らなければいけなくなり、配達料が高くなってしまいます。

さらに、物置を売却するために出品をしたとしても、物置の状態やメーカーなどによっては全く売れない可能性があります。

③リサイクル業者に依頼

処分費用処分費用0円
※もしくは引き取り不可
メリット買取の可能性がある
デメリット買取の条件が厳しい

物置の状態が良くて人気の商品であれば、リサイクル業者で買取を依頼できます。リサイクル業者に依頼をするメリットは、買取を依頼できることで処分費用がかからず、むしろお金を得ることができる点です。

デメリットとしては、買取の条件が厳しいという点です。状態が良い、もしくは人気のメーカーの商品など、条件をクリアしなければ買取対象になりません。状態が良ければ、解体する前にリサイクル業者を検討するのもおすすめです。

④不用品回収業者に依頼

処分費用小型サイズ:3000円~10,000円
大型・解体が必要:15,000円~40.000円

※解体費・回収費が別の会社も有り
メリット解体作業も依頼できるため安心・安全、対応が早い
デメリット料金が高い

不用品回収業者に依頼をすると、解体作業まで依頼できることから安心・安全という点がメリットです。また、自力作業やフリマアプリやネットオークションよりも対応が早いため、すぐに撤去したい場合にも便利です。

自分で解体をするのが心配な場合や、今すぐに物置を処分したい場合には、不用品回収業者が最も適しています。

デメリットとしては、自力での処分よりも料金が高くなることです。不用品回収業者に依頼をする場合は、物置のサイズにもよりますが解体と回収を依頼する場合は15,000円以上の料金がかかります。

料金を抑える方法としては、物置の解体を自力で行い、廃材の回収のみを依頼するという方法もあります。この場合は5,000円から10,000円程度に料金を抑えることが可能です。

物置を自力で解体・処分する方法

物置は自力で解体・処分することが可能です。自力での解体方法や廃材の処分方法について解説します。

自力での解体方法

小型サイズでスチール製の物置であれば、自力でも解体することが可能です。使用する道具はスパナやドライバー、ハンマーがあれば十分です。目を保護するメガネやマスク、軍手などがあればさらに安全でしょう。

また、自力で解体をする場合は、安全のためにも少なくとも2人以上で作業をするのがおすすめです。


  • 使用する道具=スパナ、ドライバー、ハンマー、保護メガネ、マスク、軍手
  • 二人以上の解体が推奨

解体をする流れとしては、上から下にボルトやビスを取って解体をしていくのが基本です。具体的に解説すると、屋根→戸や棚→側面→底という順番に解体してくとスムーズに作業が進みます。

外れにくい棚や戸、基礎を壊すときにハンマーを使用します。作業中は保護メガネやマスク、軍手をした状態で行えば安心です。

解体作業中に金属部分のサビなどでどうしても解体ができない場合は、無理をせず業者に依頼をするのが良いでしょう。

廃材の処分方法

解体後にやらなければならないのが廃材の処分です。最も安い方法は自治体へ粗大ごみとして持ち込む方法です。この場合、物置を解体した後に出た廃材が乗る車がない場合は、軽トラのレンタルなどが欠かせません。

自治体によって受け入れが異なるので、できれば解体前に廃材の材質やサイズを確認した上で、自治体に問い合わせておくようにしましょう。

物置処分はプロに任せるのがおすすめ

物置の処分方法はいくつかありましたが、その中でもプロである不用品回収業者に依頼するのがおすすめの理由について解説します。

理由①自力では解体作業が困難

物置解体は自力でも可能ですが、解体作業は1人で行うことは難しく、力も使う大変な作業です。自力での解体が困難な物置処分は、プロに任せるのがおすすめです。

手間と時間などがかかる

自力での解体作業を行う場合は、手間と時間がどうしてもかかってしまい、怪我をする恐れもあります。また、道具や一緒に解体作業を行ってくれる人を見つけ、解体作業には休日の半日程度を使わなければいけません。

さらに、そこから廃材を自治体の粗大ごみで捨てる場合は、分別作業や持っていく手間がかかってしまいます。

不用品業者に依頼をする場合は、解体や処分にかかる手間や時間を全て業者に任せることができます。忙しい方など時間がない場合にはぴったりでしょう。

材質とサイズによっては自力解体が不可能

小型のスチール製の物置であれば、スパナなど工具を使って自力で解体をすることができます。しかし、大型の木材物置など材質やサイズによっては自力解体が不可能になってしまいます。

自力解体が不可能な大型物置の場合は、配送も難しいためフリマアプリなどに出品することも困難でしょう。そういった物置の場合は、不用品解体業者に依頼する方法がおすすめです。

理由②解体・処分まで一貫して依頼できる

自力で行う場合は、大変な解体後に自治体に合わせた場所に廃材を分別して捨てなければいけません。廃材を持ち運べる車がなければ、軽トラなどレンタカーを借りなければいけません。

不用品回収会社に依頼をすれば、面倒な分別作業もなく解体から処分まで一貫して依頼できるため便利です。

理由③処分までの対応が早い

自力で解体やフリマアプリを使う方法では、処分するまでに長い時間がかかってしまいます。その点、不用品回収業者に依頼をすると、即日対応など処分までの時間が早いのが特徴です。

一刻も早くスムーズに物置を処分したい場合には、不用品回収業者に依頼をするのが最適でしょう。

あわせて読みたい

不用品回収のメリットとデメリットを業者が徹底解説。サービス利用がおすすめと言える方は?

物置処分後は建物滅失登記を忘れずに!

登記されている物置を処分する場合は、処分後1か月以内に建物滅失登記を行わなければいけません。建物滅失登記の手続きは比較的簡単に行うことができます。物置の処分後に、お近くの法務局に行って手続きを済ませてください。

物置の建物滅失登記はあくまでも、処分した物置が登記されていた場合だけです。登記されていなかった場合は不要な手続きとなるため安心してください。

物置処分は解体から依頼できる不用品回収業者に依頼しよう!

当記事では、物置処分の料金やおすすめの処分方法について解説しました。物置処分は、解体から処分まで依頼できる不用品回収業者に任せると便利です。

すぐに物置を処分したい、解体作業をするのが難しい、そんな方はぜひ不用品回収業者に物置処分を依頼してみてください!

東京都内で不用品回収が可能なエリア

神奈川県で不用品回収が可能なエリア

埼玉県で不用品回収が可能なエリア

千葉県で不用品回収が可能なエリア