ソファベッド処分する5つの方法を解説!手間と労力をかけずに処分するコツも紹介します!

大きくて重たいソファベッドを処分するとなったら、大変な作業となります。一人用のソファであれば楽ですが、ソファベッドとなれば運搬するのに複数人必要なので労力もかかります。また「引っ越しをするから片付けたい」場合は、早めに処分すべきでしょう。

この記事では、できる限り手間や費用をかけずにソファベッドを処分する方法をご紹介します。ソファベッドをお得に処分するコツもお伝えしていますので、併せてご覧ください。

ソファベッドの処分方法

ソファベッドの処分は、業者に依頼する方法と自分で行う方法があります。それぞれの処分方法にはメリット・デメリットがあるので、その時の状況に合わせて選んでみてください。

はじめに、業者に依頼をして手間をかけずに処分する方法からご紹介いたします。

手間をかけずに処分する方法

業者に依頼する方法は大きく分けて3つあります。

  • 不用品回収業者に引取の依頼をする
  • 家具屋で新規購入する代わりに回収してもらう
  • リサイクルショップの出張サービスを利用する

上記のような処分方法は、費やす費用やソファベッドの状態によって適切な方法が異なります。

不用品回収業者に引取の依頼をする

不用品回収業者にソファベッドの処分を依頼すると、室内からの運搬~処分まですべて対応してくれます。

  • 自宅の2階に大きなソファベッドがあって外へ運び出すのが困難な時
  • 時間に余裕がなくて誰かに処分をお願いしたい時

上記のような場合には、不用品回収業者に依頼するのがベストです。回収業者は24時間受付可能で、問い合わせをしたらすぐに駆けつけてくれる場合がほとんどです。処分を依頼したい日時を指定できるので融通も利きます。

また、ソファベッド以外に処分したいものがある場合には、不用品数に応じて割引になることがあります。ただし、不用品回収業者の中には悪徳業者がいる場合があるので注意が必要です。悪徳業者に引っかかると厄介なトラブルに巻き込まれる危険性があります。

  • 回収してもらったソファベッドを不法投棄された
  • 後になって見積りの額よりも高額料金を請求された

上記のようなトラブルを防ぐためには、事前にネットで業者のホームページや口コミを調査し評判の良い会社に依頼しましょう。そして、複数の業者から見積りをとり、電話対応が良く費用の安いところに依頼することをおすすめいたします。

ご相談・お見積り
Web:24時間/お電話:7:00〜21:00
お気軽にお問い合わせください!

家具屋で新規購入する代わりに回収してもらう

ソファベッドやテーブルが販売されている家具専門店では、家具の新規購入を条件に古いものを回収してくれるサービスを行っています。すべての家具専門店が対象ではありませんが、対応してくれることがほとんどです。

大手家具専門店は有料回収が多いですが、無料で引き取りを行う店舗も中にはあります。新しいソファベッドを設置した時に古いものをそのまま回収するので手間も省くことができます。古いソファベッドを処分後に新規購入する場合に限りますが、最も手っ取り早く処分できる方法です。

ただ、店舗によっては引き取り条件が設定されている場合があるので、気を付けましょう。一般的な条件は『引き取ってもらうソファベッドと同じ大きさ・同じメーカーであること』といったことです。条件を満たさずに新規購入すると回収不可となることもあるので、必ず店員さんに確認するようにしてください。

リサイクルショップの出張サービスを利用する

処分するソファベッドがキレイな状態で、まだ使用可能であれば一度リサイクルショップで買い取りの依頼をしてみましょう。状態が良ければ高値で買い取ってくれることがあります。

リサイクルショップに不用品を出す時はお店まで運ぶのが一般的ですが、店舗によっては出張サービスを実施しています。自宅でソファベッドを査定し、そのまま引き取りしてくれるのでとても楽です。何より、自分で運ぶ必要がなくお得に処分ができるのが嬉しいポイントです。

一つデメリットを挙げるとすれば、お店によって買取価格が大きく変動するということです。「ソファベッドさえ処分できればいい」という方は問題ありませんが「少しでも高く買い取ってほしい」という場合は、複数のお店から見積りを取る必要があります。

自分で処分する方法

業者に依頼をせず自分でソファベッドの処分を行うには、以下の2種類があります。

  • 粗大ごみとして処分する
  • フリマアプリに出品する

ソファベッドの運搬が無理なくできる状態で、かつ「費用を最小限に抑えたい」という方は、ご自身で処分する方法を選びましょう。

粗大ごみとして処分する

ソファベッドは、自治体に粗大ごみとして出すことができます。自治体のホームページに処分方法や費用、回収の流れなどが分かりやすく明記されているので安心です。処分費用や回収日時、場所は各自治体によって異なるので、事前に確認しましょう。

基本的な流れは、まず自治体に問い合わせまたはホームページを確認し、ソファベッドの回収日時を予約します。次にお近くのコンビニや市役所で『粗大ごみ処理券』を購入し、ソファベッドに貼り付けます。その後は、予約した日時に決められた収集場所にソファベッドを持っていけば完了です。

自治体によっては回収時に立ち合い必須の場合もあるので、あらかじめ確認することを忘れないようにしましょう。また、自分で直接ごみ工場まで持参できる地域もあり、費用をより抑えることができます。車で持ち運びができるなら直接持ち込みするのが良いでしょう。

フリマアプリに出品する

要らなくなったソファベッドは、スマートフォンを利用してフリマアプリに出品できます。ただし、ソファベッドの状態が良く問題なく使用できることが前提です。フリマアプリには「低価格で家具を揃えたい」と思っているユーザーが集まるので、大型家具は需要が高くなっています。

出品する時は自分の好きな価格を設定でき、購入されればお得にソファベッドを処分できます。ただ、フリマアプリへの出品には以下のようなデメリットもあるので、しっかり頭に入れておきましょう。

  • 購入者が現れないと処分ができない
  • 購入された後は自分で梱包・発送作業をする
  • 配送手数料がかかる

ソファベッドを処分する時の費用相場

ソファベッドの処分費用は、各自治体・業者によって差があります。また、ソファベッドの大きさや配置場所によっても変動するため、事前の確認は必須です。

ただ、大体の相場があるので、把握しておけば高額請求された時にもすぐ対応ができます。以下に『粗大ごみに出す場合』と『不用品回収業者に依頼する場合』の費用相場をまとめましたので、ご覧ください。

ソファベッドを粗大ごみに出す場合

ソファベッドを粗大ごみに出す際は、粗大ごみ処理券の『A券(200円)』『B券(300円)』を事前購入しておく必要があります。粗大ごみに出す時のソファベッドの費用相場は約1,200~2,000円程となっています。

各自治体のホームページに粗大ごみ対象品の処分費用が記載されています。内容を見て、大きさを測ったり素材を確認したりして処分するソファベッドの金額を把握しましょう。その後は、金額に合うように処理券を購入しソファに貼り付けて処分するという流れとなります。

粗大ごみに出す場合の費用相場約1,200~2,000円

不用品回収業者に依頼する場合

不用品回収業者は、不用品の数に応じたプランとトラックの台数で決まるプランに分かれることが多いです。処分するものがソファベッド1つだけの場合は不用品の数に応じて料金が変わるプランを選びましょう。ソファベッド1つにつき約8,000~10,000円程が相場で、スタッフが複数人必要な場合や2階以上に設置されている場合は、さらに高くなるため注意が必要です。

トラックの台数で決まるプランは、軽トラック1台に積み放題という場合がほとんどです。処分したいものがソファベッド以外にもある場合は、トラック積み放題のプランの方がお得なのでおすすめです。

トラックに積み放題の場合は、軽トラック1台で約10,000~25,000円が相場となっています。不用品数が多く2トンサイズのトラックになる場合は、約60,000~80,000円と金額が跳ね上がるので気を付けましょう。

ソファベッド1つの費用相場 約3,000~10,000円
軽トラ1台の費用相場 約10,000~25,000円
2トントラック1台の費用相場 約60,000~80,000円

他にも大きめのソファを処分する方法ページはこちら

ソファベッドを高く買い取ってもらうコツ

ソファベッドをリサイクルショップで買い取りしてもらう場合、少し工夫をするだけで買取価格をアップさせることができます。処分が目的とはいえ、せっかく買い取りに出すのであれば少しでも高く引き取ってもらいたいものです。

高くソファベッドを買い取ってもらうためのコツは主に3つあるので、参考にしてみてください。

綺麗に掃除をしておく

ソファベッドの上や隙間などにシミや食べ残しといった汚れがあると査定額が下がる可能性が高いです。掃除をする際は漂白剤や洗剤を使用すると生地にダメージを与えてしまうので、水拭きで汚れを落とすようにしてください。

ただし、ソファベッドの素材が皮製品の場合は傷が付きやすいので、タオルで優しく撫でる程度に抑えておきましょう。

見た目がキレイであればショップ側が行う掃除の手間を少なくできるので、その分買取価格が上がります。

ソファベッドに付いたニオイを取っておく

ソファベッドに付いたニオイも査定額に大きく関わります。布製品のソファベッドは特にニオイが付きやすいため、消臭スプレーでニオイを取り除きましょう。

ソファの種類によってはカバーを外して洗うこともできますが、色落ちやカバーが縮む恐れもあるのであまりおすすめはいたしません。

付属品もセットで付ける

元々ソファベッドに付属しているブランドカードや保証書、予備用のネジ等も合わせると、買取価格がアップすることがあります。

特にブランド品であった場合は、付属品数が多いほど高値で買い取ってもらえる確率がアップします。

ソファベッドを長持ちさせるコツ

ソファベッドの寿命は、使用頻度にもよりますが約5~7年と言われています。しかし、普段の使い方を少し気を付けると長持ちさせることができます。

ソファベッドを長持ちさせるコツは、日頃の手入れを丁寧に行うという非常に簡単なことです。ソファの隙間のごみを取り除いたり汚れをタオルで拭いたりするだけで生地が傷むのを抑えることができます。さらに、カバーを外して洗浄後に天日干しをすれば、カビ防止や嫌なニオイが付くのを防ぐことも可能です。

上記のようなお手入れを日々行うと寿命を延ばせるので、古いソファベッドを処分後に新規購入される方は、今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ソファベッドを処分ならすぐ片付け隊!

大きくて重いソファベッドは、女性やお年寄りの方では運びだすことも難しく、車に乗せるのも厳しいでしょう。たとえ持ち運びができたとしても、外に出す途中で壁にぶつけて傷をつけたりケガをする恐れもあります。少しでも不安がある方は無理をせず、すぐ片付け隊にご相談くださいませ。

すぐ片付け隊は即日対応可能で料金もご納得いただけなければ、お見積りでお伺いしても特に費用が掛かることはございません。

まずはお気軽にWEBフォームよりお問い合わせくださいませ。
それでは、ご連絡をお待ちしております。