送るだけで不用品買取サービスのメリット・デメリット!不用品回収業者の買取の強み

宅配買取でダンボールを梱包をしている

不用品を処分したいけれどそのまま廃棄にお金をかけるのではなく、中古でも買い取ってもらえたらとても助かりますよね。「送るだけで不用品を売れるのならちょっと興味がある」と思われるでしょう。その反面、初めて宅配買取を利用する方にとっては、目の前でやり取りするリサイクルショップと異なりやや不安もあるでしょう。

今回は、不用品買取サービス、宅配買取のメリット・デメリット、不用品回収業者の買取の強みを紹介します。

送るだけで不用品買取ができるサービスとは?

ステップのイメージ

不用品買取が宅配で利用できるサービスが、急速に発展して来ています。捨てる選択肢を選ぶ前にとりあえず査定を受けてみて処分方法を考える方も増えてきているのは、こういったサービスの恩恵があるからです。

  1. 申込・不用品を梱包
  2. 不用品買取業者へ発送
  3. 査定額のお知らせ
  4. 査定額に承諾すると指定口座へ振込

買取ジャンルも多数ありまとめて送るだけで手数料や発送料・査定料もかからず不用品を買取してもらえるため、とても手軽なサービスとして今や幅広い世代で定着しています。

不用品買取を利用できるサービス

買取サイトをチェック

不用品買取を利用できる主なサービスには、以下の4つの種類があります。

  1. ネットの不用品買取
  2. フリマアプリ
  3. 最寄りの店舗買取
  4. 不用品回収業者の買取

この中には、よく知らないサービスがあるという方もいることでしょう。それぞれどのようなサービスなのか、一つ一つ説明していきます。

ネットの不用品買取

宅配で送るだけで不用品買取を依頼できるのは、買取王子・バイセル・ReRe買取などのサービスがあります。特定のジャンルだけを買取するタイプとさまざまなジャンルの買取ができるタイプがあり、手持ちの不用品に合わせて検討できるのが魅力です。特定ジャンルの場合には買取価格が高めになります。

フリマアプリ

ダントツの人気を誇るメルカリを始め、PayPayフリマ・ラクマなどのフリマアプリのサービスは、自分で値段を設定して出品できるのが魅力です。また、地元の掲示板として人気が高いジモティーは、地域での取引に有効利用できます。

最寄りの店舗買取

地域に密着しているリサイクルショップの他には、大手のトレジャーファクトリーやハードオフなどの全国規模の店舗買取サービスもあります。こうした買取サービスの場合、店舗数が多く利用しやすいというメリットがあります。ネットの買取では買取不可だった雑貨や衣類などでも買い取ってもらえるのが魅力です。

不用品回収業者の買取

不用品回収業者は、不用品の処分と買取を同時に受け付けてくれます。不用品の処分に時間をかけずに済ませられるのが魅力です。特に不用品が大量にある場合は、買取を断られる物も一気に処分したいという気持ちが強いことでしょう。不用品回収業者の場合だと、一気に片付けられるためまずはお見積りだけでも確認してみるのがおすすめです。

ご相談・お見積り
Web:24時間/お電話:7:00〜21:00
お気軽にお問い合わせください!

送るだけで不用品買取ができるサービスのメリット・デメリット

メリットとデメリット

自宅に居ながらにして不用品を買取してもらえるサービスは、ここ10年ほどで一気に拡大しています。圧倒的に支持されているのには、それだけ多くの方々が恩恵を感じているからですが、メリットだけではなくデメリットについても理解しておくのが賢明です。

  • メリット①  持込をしなくても自宅から手軽に発送できる
  • メリット②  最寄りに店舗が無くても全国どこからでも利用できる
  • デメリット① 買取不可の場合には返送料がかかる
  • デメリット② フリマアプリは出品や発送の手間がかかり売れないこともある

宅配で不用品を買取してもらえるサービスは、上記のようなメリット・デメリットがあります。それでは、具体的な理由を解説していきましょう。

持込をしなくても自宅から手軽に発送できるのがメリット

送るだけで不用品を買い取ってもらえるので、店舗に持ち込むよりも手間がかかりません。不用品買取専門店の場合は、無料キットを準備しているため梱包資材を買いそろえずに発送の準備が簡単にできる点も好評です。宅配業者に荷物の収集を依頼できるので、負担もありません。

最寄りに店舗が無くても全国どこからでも利用できるのがメリット

リサイクルショップを利用したくても最寄りに無い方は、店舗への持ち込みとなるとわざわざ遠方まで不用品を持参しなくてはなりません。送るだけで不用品買取できるサービスなら、全国のどこに住んでいても利用できるので地域差による不便さすら解消してくれます。

買取不可の場合には返送料がかかるのがデメリット

宅配の不用品買取で買取不可になった時には、返送料は依頼者が負担します。軽量のものならまだしも重量や高さがあるものなら、返送料もかなり負担となってしまいます。たとえば、パソコンの中古買取なら事前に見積もり額は提示されるものの不用品買取業者へと到着後に不具合が出る場合も心配されるため、返送料の金額を考えると抵抗があるという方もいるでしょう。

フリマアプリは出品や発送の手間がかかり売れないこともあるのがデメリット

フリマアプリなら簡単に誰もが利用できるのは確かですが、出品するには写真や商品の説明、配送方法を始めコメントや交渉の対応をしなければなりません。発送の送料は、基本的に出品者でどの発送方法が適しているかも検討して準備もしなければならないので意外に手間や時間がかかります。出品して数十分で売れるものもあれば、ひと月以上も買い手がつかないこともあり、結局は出品を取り下げることにもなるものです。

送るだけの不用品買取のデメリットを解決するなら不用品回収業者の買取

不用品回収業者とお客様

とても利便性が高い送るだけの不用品買取のサービスですが、お伝えしたように少なからずデメリットと感じる方もいるのは確かです。デメリットを感じるのは、不用品買取を早く済ませたいと思っている方にとってはストレスになるでしょう。そこを解決してくれるのが、不用品回収業者の買取です。

  1. 買取不可のものは回収してもらえる
  2. 手間をかけずに自宅に訪問して買い取ってもらえる
  3. 不用品買取と処分を同日に済ませられる

不用品回収業者の場合は、上記の3つの強みがあります。宅配での不用品買取を迷っている方は、不用品回収業者と比較してから検討するのも良いでしょう。

不用品回収業者が解説する料金の仕組みと料金相場!

買取不可のものは回収してもらえる

不用品回収業者の買取は、もしも買取で査定額がつかない場合でも不用品として回収してくれるのでいつまでも不用品の処分に悩まされ続けずに済みます。他の不用品回収と合わせて処分を依頼すれば、まとめて片付けられるというメリットも体感できるでしょう。

手間をかけずに自宅に訪問して買い取ってもらえる

不用品買取やフリマアプリが急速に発展してきて利用しやすくなっているとはいっても、やはり発送や出品など細々としたルールに従わなければなりません。一方、不用品回収業者の買取なら売りたい不用品を査定してもらうだけで済むので手間はかかりません。しかも、自宅に訪問してくれるので不用品を移動させたり搬出したりする動作も不要です。

不用品買取と処分を同日に済ませられる

送るだけの不用品買取を利用するには、申込をして不用品を発送し査定額に納得したら契約が成立し振込されるのを待ちます。不用品の数が少ないのなら、この方法でも流れに沿って進めて行けば不用品処分を進めていけるでしょう。ただ、不用品が複数あり価値があるなら買取してもらいたい場合には、断然不用品回収業者の買取が効率的です。何とかしたい不用品の処分と買取を同日に済ませられるのは、不用品回収業者ならではの強みに他なりません。不用品の状況や時間の都合に合わせて、利用しやすい買取サービスの方法を検討してみましょう。