引越し前は不用品処分のチャンス!処分しないとリスクがある?処分方法・回収の相場

引越し前の荷造り

引越しを控えていると、家の中にあるすべてのものを要不要に分けるだけではなく、荷造りまでしなければならないためとても多忙になります。その一方で、引越し前はこれまで忘れていた不用品の存在に気づけるので、不用品処分としては願ってもない好機です。ただし、忙しくなるだけに、越し前の準備はできるだけ効率よく進めたいものですね。

今回の記事では、引越し前に不用品回収をする方が良い理由3つ、引越し前に不用品処分をしないと起こり得る3つのリスク、そして処分方法と回収の相場について解説していきます。

引越し前は不用品整理と不用品回収をする絶好のチャンス 

チャンスとピンチのイメージ

引越しを控えていると、否が応でも家の中のすべての物を把握するために整理していかなくてはなりません。家電や家具など大型のものから、洋服や本・日用品などの小物に至るまですべてに目を通すことになります。引越し前に不用品回収をする方が良い理由には、以下の3つのものがあります。

  1. 家中のすべてのもので要不要を判断できる
  2. 引越しで不用品整理の期限が決まっている
  3. 単独では捨てないものでもまとめて処分しやすくなる

確かに準備はとても大変ですが、ものの整理をして不用品を処分するには絶好のチャンスです。 この機会にぜひ不用品をまとめて処分しましょう。

家中のすべてのもので要不要を判断できる

引越しを控えていると、家中のすべてのものを「要るのか」「要らないのか」の判断ができます。使う頻度の限られているものや壊れているのに処分ができなかったものなど、さまざまなものが出て来るでしょう。必転居先で使うわけでもないのに不要なものまで転居先に持っていくのは、労力と運搬費用の無駄になってしまいます。

また、いつもはあることすら忘れていたものが引越し前の片付けで見つかることも少なくありません。あることすら忘れていたものは、無くても別に困ることがなかったわけですのでこの機会に処分をするのがおすすめです。

引越しで不用品整理の期限が決まっている

「いつか片付けよう」と思っても普段の忙しい暮らしに追われていると、いつのまにかやるべき優先順位から外れてしまうのが不用品整理ではないでしょうか?引越しの場合は○○日までに荷物を運搬しなければならない、と多くの場合には期限が定められています。期限が決められていることで引越し当日までに不用品整理をし、不用品回収まで済ませておこうと計画を立てるようになるでしょう。

単独では捨てないものでもまとめて処分しやすくなる

壊れてしまったテレビや乗らなくなった自転車などをとりあえず倉庫に置いている方もいるのではないでしょうか?テレビは家電リサイクル法の対象品目なので、自治体の粗大ゴミ回収では捨てられません。手続きや家電店などへの持込を考えると何となくおっくうになり、先延ばしにしてしまうものですよね。しかし、引越し前にはこのような不用品が思いがけず見つかるため、まとめて不用品回収をしやすくなるのです。

引越し前に不用品処分をしないままだと考えられるリスク

リスク

そうは言うものの、引越し前は何かと忙しくて不用品処分まで手が回りそうにないと思われる方もいるでしょう。しかし、もしも不用品処分をしないままで引越しをしてしまうと以下のようなリスクが考えられます。

  1. 不要なものまで引越し業者に運搬を頼むので料金が高くなる
  2. 転居先で置き場所に困ってしまう
  3. 荷造り・荷解きの際にも手間や時間がかかる

まずは、一つずつ対応できるものだけでも処分を予定に入れておくようにしてみませんか?

不要なものまで引越し業者に運搬を頼むので料金が高くなる

粗大ゴミや不用品まで引越し業者に依頼をすると、その分の料金は当然ですが高くなります。不用品の量にも寄りますが、あまりにも多ければ引越し業者のトラックの大きさをワンランク上げなければならないことにもなるでしょう。転居先の家が広く、倉庫などの置き場所も十分にあるなら置き場所に悩むことはないかもしれません。しかし、みすみす不要なものまで運搬してもらうのは無駄な出費と言わざるを得ないでしょう。

転居先で置き場所に困ってしまう

転居先の間取りを把握して引越し先を決めているのに、必要のないものまで持っていくとそれこそ置き場所に困ってしまいます。ただでさえ、引越し後は荷解きや収納に追われ、暮らしがいつも通りに戻るまである程度の時間がかかってしまいがちです。その上、収納するべき場所が見つからないとなるとさらにいつまで経っても片付けようがなくなってしまいます。

荷造り・荷解きの際にも手間や時間がかかる

必要のない食器・着ない洋服・壊れた家電など、そのまま引越し先へ持っていくにも荷造りをする必要があります。引越し業者のプランには、荷造りや荷解きまですべてお任せできるコースもありますが、自分たちで行うとなると時間も労力もそれだけ余分にかかってしまうでしょう。業者にお任せするにしてもその分は料金が上がる可能性も考えられます。

引越し前に知っておきたい不用品の処分方法

テレビやエアコンの室外機

引越し後のリスクを少しでも減らすため、不用品の処分は下記の方法から最適なものを選んで少しでも進めておきましょう。

  1. 自治体の粗大ゴミ回収を利用する
  2. 引越し業者の不用品回収または買取を利用する
  3. 不用品回収業者を利用する

それぞれ費用の差や労力の差があるため、引越し前の状況によって最適な方法を選んでください。

自治体の粗大ゴミ回収を利用する

自治体の粗大ゴミ回収を利用すると確かに安く済みます。ただ、粗大ゴミ回収日が決められた日時であったりゴミ処理場へ持ち込む場合には人手や車両が必要になったりするため、他の方法よりも負担はかかってしまうことは把握しておきましょう。

引越しまである程度ゆとりがあり、多忙ではない方なら利用しやすいでしょう。何より自治体が決めている粗大ゴミ回収なので、処理方法も安心できるのが特徴です。

引越し業者の不用品回収または買取を利用する

引越し業者に見積もりをお願いする際、不用品回収や不用品買取まで相談もできるところがあります。引越し業者の中でも、不用品買取をさまざまなジャンルで行っているのがサカイ引越センターの不要品買取サービスです。宅配買取で利用できるため、全国どこからでも利用できる気軽さがあるでしょう。

また、家電リサイクル法の対象品目の回収は、サカイ引越センターやハート引越センター・日通などでも回収してもらえます。

引越し業者の不用品回収サービスは、どこの業者でも対応しているわけではありません。たとえば、アート引越センターでは回収をしていません。不用品回収を可能としている業者でも、粗大ゴミや家具などは自治体の回収を推奨しているところも多くなっています。不用品買取を利用するのなら価値が認められそうなものを、不用品回収を利用するのなら家電リサイクル法の対象品目を意識しておくと、不用品の処分方法を進めやすくなります。

以下の関連記事もご覧ください。

不用品回収業者を利用する

不用品回収業者は、特定の品目だけではなく、引越し前に処分したい不用品をすべてまとめて回収してもらえるというメリットがあります。引越し業者の不用品回収で、テレビ・エアコンなどの家電リサイクル法の対象品目だけを処分してもらうことで事足りるという方は、あえて不用品回収業者に依頼しなくても済むでしょう。しかし、エアコン・テレビなど対象品目以外のものもたくさんあるという方なら、断然不用品回収業者がおすすめです。

さまざまな不用品をまとめて回収してもらえるので、引越し前の準備がしやすくなります。引越し前は忙しい場合が多いため、自治体の粗大ゴミ回収を利用したくても日時が合わなかったり、引越しまでに間に合わなかったりすることもあるでしょう。不用品回収業者であれば前もって見積もりの依頼をしておくと、引越しまでに迅速に回収してもらえます。

ただし、注意してもらいたいのは年末や春の引越しシーズンです。このシーズンは引越し業者だけではなく不用品回収業者も混雑しやすくなるので、利用したいと思っている方は引越しが決まったら早めの予約が賢明です。 すでに引越しを検討されている方で、不用品が多く処分に困っている方は「すぐ片付け隊」までお気軽にご相談ください。お見積りだけの相談も大歓迎です。

ご相談・お見積り
Web:24時間/お電話:7:00〜21:00
お気軽にお問い合わせください!

引越しで捨てたいものランキングに入る不用品処分の料金相場

電卓とお札・硬貨

さて、ここからは引越しを機に捨てたいものランキング上位に入っているものの不用品回収の料金を説明していきましょう。

  • 洋服
  • 家具(タンス・テーブル・ソファー・ベッド・本棚)
  • 本・漫画
  • 家電リサイクル対象品目(テレビ・エアコン・洗濯機・冷蔵庫)
  • 自転車

引越しの際は、これらの不用品が含まれている方は多いはずです。個別で処分する方がお得なのか、まとめて処分する方がお得なのかの比較検討材料にもなります。

洋服

大量の洋服でなければ、自治体の可燃物回収や古布回収を利用するのが得策です。ゴミ袋代だけで済むので、断然お得に処分ができます。可燃物回収は多くの自治体で週2回は回収しているので、洋服が多い場合には何度かに分けて出せば負担もかからずに済むでしょう。

手間がかかるのが面倒という方は、不用品回収業者なら45Lのビニール袋に洋服を詰めると1,000円で回収してくれるところもあります。

家具(タンス・テーブル・ソファー・ベッド・本棚)

引越しを機に処分したいものには、さまざまな家具も含まれます。自治体の粗大ゴミ回収を利用する場合でも市の指定業者に依頼すると有料で回収に来てくれるのですが、費用を抑えるにはゴミ処理場まで持ち込む必要があります。大型の家具のため人手や車両・時間も確保しなければならず、実際に持ち込みを利用できるのは条件がすべてそろっている方に限られるでしょう。

タンス 4,000~5,000円
テーブル 2,000~4,000円
ソファー 3,000~5,000円
ベッド 3,000~7,000円
本棚 5,000円~

不用品回収業者は、単品で算定するかトラックに積み放題で算定されるかの2パターンがあります。依頼の前にトラブルを避けるため、どのような算定方法になっているかを調べて見積もりでもしっかりと確かめておきましょう。

本・漫画

本や漫画は、まとまった量になるとそれなりの重量になって来ます。自治体の古紙回収日を活用して出すのが理想的ですが、収集場所へ運搬するのに車が必要になることも多いでしょう。本や雑誌が大量にあり運搬も困難な場合には、まとめて他の家電や家具などと一緒に不用品回収を業者にしてもらうとお得に回収してもらうことも可能です。

家電リサイクル対象品目(テレビ・エアコン・洗濯機・冷蔵庫)

家電リサイクル対象品目の料金相場は、以下の通りです。

液晶テレビ 2,500~4,000円
ブラウン管テレビ 2,000~5,000円
冷蔵庫 6,000~12,000円
洗濯機 6,000~7,000円
エアコン 5,000円

家電の型番や大きさで回収費用の違いがあります。また、エアコンなど取り外し工事が必要になるものはあらかじめ別途費用がいくらかかるのかを調べておきましょう。

自分で家電量販店や家電引取場所へ対象家電を持ち込むよりも、不用品回収業者なら手間がかかりません。引越し前の多忙な時、より楽に処分ができるのが魅力です。

自転車

自転車を自治体の粗大ゴミ回収を利用すると、料金は200~1,500円です。費用の幅があるのは自治体次第ですが、自転車のタイヤの直径の違いや持ち込みの有無にもよります。一方、不用品回収業者の場合には1,000~5,000円とかなり幅があります。

引越しが決まったら不用品処分を計画的に進めるのがおすすめ

カレンダーとメモ

引越しの前には、普段は見過ごしていた不用品整理をしてこの機会に不用品処分まで一気に済ませましょう。なかなか気が進まない整理でも、引越しという期限があるためやらざるを得なくなることが結果的に功を奏すわけです。しかし、引越し前ともなると何かと多忙になることは目に見えています。できるだけ早い時期から不用品処分の計画を立てて進めていくようにしましょう。「計画を立てたら時間が足りなくなり一気に済ませないと間に合わない」という方は、不用品回収業者にすべてお任せするのも一つの手段としておすすめです。