CD・DVDは不燃ゴミの処分方法でOK?売る・譲る・回収の選択肢と処分前の注意

たくさんのCD・DVD

たまっているのは分かっていても、なかなか処分するとなると抵抗があるのがCD・DVDです。「自治体で不燃ゴミで処分して良いのか?」「データが入っているのでそのまま捨てるのは危険だ」と思うので、ついつい放置してしまいがちになります。データを読み取れなくする方法を知っておけば、安心して捨てられるようになるでしょう。

今回の記事は、CD・DVDを捨てる前の注意・自治体のゴミ回収での処分・再生可能や未使用のCD・DVDは売る・譲る処分・大量のCD・DVDは不用品回収業者へ依頼する処分方法を活用について詳しく説明しています。

CD・DVDをそのまま捨てる危険性と処分前の注意

個人情報流出の危険

CD・DVDがいつの間にかたくさんたまってしまったものの、捨てるには心配が尽きない人も多いでしょう。処分する際に傷をつけたり切ったりすることなく形のままでゴミとして捨ててしまうと、回収前にゴミ収集場所から第三者に持ち去られてしまうとデータを取り出されてしまうこともあり得るので、とても危険です。

不安もつきまとうCD・DVDの処分なので慎重に考えてしまうのも当然ですが、ここからは安心して捨てるための処分前の注意点を紹介します。

個人情報の漏えいで悪用される可能性

DVDは、自治体のゴミ回収で指示に従って出せば処分ができます。手軽で簡単だと思うでしょうが、廃棄する前にちょっと一呼吸おいて考えてみましょう。ゴミ収集場所に、自宅からDVDを収集日に出しても、回収車が来る前の時間に持ち去られる可能性があります。重要な個人情報や画像・動画など流出してしまう危険性があるので注意が必要なのです。

「数枚のDVDだから心配ないだろう」とか「わずかしかデータは入っていない」といった時でも、やはりどこで誰が持ち去り悪用するかもしれません。ですので、読み取れるままの捨て方は避けましょう。

CD・DVDを読み取れなくする方法

ハサミ カッター 

漏えいを避けるためにも個人情報が残ったままのCD・DVDは、物理的にデータが読み取れなくしなければなりません。確実に安心してCD・DVDを処分するためには、手間をかける必要があるのです。

ハサミやカッターで削る

まず、どこの家庭でもあるハサミやカッターを使って読み取れないようにしてみましょう。CD・DVDの読み取り部分にカッターで傷を入れる際には、できるだけ細く深く入れるのがおすすめです。手をケガしてしまう可能性もあるので、CD・DVDがずれにくいところで行い、軍手をはめて行いましょう。

また、ハサミを使ってCD・DVDを切るのも有効です。ただ、硬さもあるためにハサミの扱いにも充分注意をしてください。ハサミが用を足さなくなったり、ハサミの刃が痛んでしまったりすることもあるので、数枚程度のCD・DVDの場合に向いているといえるでしょう。

CD・DVD対応のシュレッダーで処分する

CD・DVDを読み取れなくするために、ハサミやカッターを使うのは不安がある場合やたくさんの枚数がある場合には、専用のシュレッダーを使ってみましょう。シュレッダーでも、安い物なら2,000円程度で入手できます。作業が安全に行えるだけではなく、短時間で済むのでCD・DVDが大量にある方は、検討してみると良いでしょう。専用シュレッダーですから、確実に読み取り不能にさせられるのも魅力です。

作業はケガに注意して行う

作業を行う時には、カッターやハサミなどの刃物でケガを予防するために軍手を使いましょう。破壊したCD・DVDの破片が鋭利になってしまうことで、思いがけないケガを招いてしまうこともあるためです。

CD・DVDを自治体のゴミ回収で処分できる?

自治体のゴミカレンダー

CD・DVDの捨て方といえば、自治体のゴミ回収なら「不燃ゴミ」に該当しそうだと思うのではないでしょうか?お住まいの自治体によって、「可燃ゴミ」「不燃ゴミ」のどちらに含まれるのかを確認してから収集場所に出しましょう。

可燃ゴミか不燃ゴミか確認を

実際に、各自治体ではCD・DVDの処分をどう指定しているのでしょうか?

ご覧のように、「可燃ゴミ」として処分ができる自治体、「不燃ゴミ」としている自治体とあります。

  • 札幌市 可燃ゴミ
  • 横須賀市 可燃ゴミ
  • 名古屋市 可燃ゴミ
  • 東京都町田市 不燃ゴミ
  • 東京都国立市 不燃ゴミ
  • 大分市 可燃ゴミ
  • 那覇市 可燃ゴミ

引越し先では、CD・DVDの分別が異なることも充分考えられるので、お住まいの自治体のゴミカレンダーやホームページなどで確認をしましょう。

いずれのゴミの場合でも、指定のゴミ収集袋に入れて出すだけなので別途費用はかかりません。

ケースの処分は何ゴミ?

CD・DVDのケースは、プラスチック製ですが多くの自治体では、ケースも含んで同じゴミとして捨てられます。CD・DVDを「可燃ゴミ」としている自治体では、たいてい「ケースも含む」という記載があるので、確認しておけば安心です。

開封した時にすでに処分していることが多いでしょうが、ケースを覆うフィルムに関しては、プラスチック製容器包装として処分しなければならないので、もし、残っている場合には従って処分をしてください。

再生可能や未使用のCD・DVDは売る・譲る処分方法もおすすめ

CD・DVDの梱包 発送

聴けるCDや未使用のDVD-Rなどは、捨てるのではなく売ったり譲ったりする処分方法もおすすめです。自分にとっては要らないものであっても、他の誰かにとっては役立つ価値あるものとなる可能性も少なくありません。

知人・友人に譲る

気の知れた友人や知人なら、価値が認められるCD・DVDを譲ることもできます。「ずいぶん昔のアーティストの曲なんて、聴かないだろう」というのは思い込みで、「捨てるぐらいなら一度、聴きなおしたい」という人も意外といるものです。特に同世代の友人なら、当時ブームになった音楽の好みが共通している部分もあり、喜ばれることもあります。

気心の知れている友人や知人なので、気兼ねなく渡せるのではないでしょうか?お金のやり取りも必要なく、安心感があります。

フリマアプリ・オークションで売る

知人や友人ではなく、もっと範囲を広げてSNSで買い手や貰い手を探すのも良いでしょう。フリマアプリやオークションに慣れている人の方が、ハードルも高くなく出品しやすいでしょう。

音楽として聴くだけではなく、未使用のCD・DVDなら使い前がある方も見つかりやすくなります。本来のCD・DVDの目的として使われるだけではなく、アート作品やハンドメイドの材料として希望する人もいるかもしれません。

どんなものでも同じことが言えますが、見知らぬ人とネット上でやり取りをするので、トラブルにならないように送料や価格をお互いにしっかりと決めておかなくてはなりません。

フリマアプリやオークションなら、膨大なユーザーに見てもらえるメリットはあるものの、売れるまでに時間がかかることもあり得ると思って進めていくようにしましょう。いますぐ、処分したい時には不向きですが「気長にいつか売れたらいい」という方には、向いている処分方法です。

買取業者を利用する

一方、買取業者を利用すれば、処分したいと思った時に早めにお金に換えられます。

  • 店舗買取
  • 出張買取
  • 宅配買取

3つの買取方法で、忙しい人には宅配買取が向いています。宅配買取に必要なキットは、買取業者から送られてくるので自分で準備する必要もありません。業者に荷物が到着したら、早い段階で査定額がメールで連絡されます。納得が行けば、数日後に振り込みされるので、手早くすっきりさせたい時にたいへん便利な処分方法です。

大量のCD・DVDの手軽な処分なら不用品回収業者へ

大量のCD・DVD

もしもCD・DVDがダンボールに数箱もあるほどなら、不用品回収業者への依頼が断然おすすめです。不用品回収業者へ依頼するとメリットが以下のようにいくつもあります。

大量のCD・DVDでも処分が手早く依頼できる

CD・DVDがダンボールに数箱にものぼる時の処分でも、不用品回収業者なら処分が手早く依頼できます。「今すぐ片付けたい」という気持ちがある時に、対応してもらえるメリットは大きいでしょう。片付けや断捨離は、やる気が起きたタイミングで処分を進めないと、また元に戻ってしまうこともあるのです。

写真撮影や梱包の手間もかからない

フリマアプリに出品するにしても、写真撮影・商品紹介・発送準備などに手間も時間もかかってしまいます。数枚程度なら、隙間時間で行えるでしょうが大量のCD・DVDがあれば、延々と時間がかかってしまうでしょう。不用品回収なら、費用は発生しますがこのような出品に関する手間が一切なくなります。

収集日に合わせず処分してもらえる

自治体のゴミ回収日に大量のCD・DVDを出すことも可能ですが、人によって平日は仕事に出かけるので、収集日と合わせられないこともあるでしょう。「捨てたいと思っているけれど、収集日に都合が合わない」「前日からゴミを出しておくのは、マナー違反になる」など都合がつかない人でも、都合の良い曜日や時間に不用品回収業者なら来てくれるので安心です。

不用品回収業者のCD・DVDにかかる費用目安は?

不用品回収業者は、業者次第で費用の設定が異なるので、CD・DVDの処分が何枚でいくらという費用目安がつかみにくさがあります。業者によって、基本料金が発生するところ、定額プランが適用されるところ、単品ごとに料金加算されるところと違いがあるものの、消費者は把握しづらいものです。CD・DVDの枚数がたくさんある場合には、費用目安を把握するためにも、事前の見積もりを必ず行いましょう。また、業者を利用する際に、他の不用品もまとめることでお得になる可能性も充分あります。