タブレットを処分する方法9選!処分前にやっておくべきことも解説!

「いらなくなったタブレットってどう処分すればいいの?」「買取に出したいけど、どこに出せばいいか分からない」など、タブレットの処分方法に悩む方は多いです。

タブレットは、回収してもらう方法と買取に出す方法の2種類があります。どちらを選ぶかはタブレットの状態によって決めるとよいです。

この記事では、回収と買取に分けてタブレットの処分方法をご紹介いたします。また、処分前にやっておくべきことや買い取ってもらいやすいタブレットの条件も詳しく解説していきます。

タブレットを処分する際の料金相場

以下に、タブレットを処分する際の費用や買取価格の相場を記載しました。各料金はあくまで目安なので、参考程度にご覧ください。

自治体に回収してもらう無料
大手キャリアショップや販売店へ下取りに出す最大30,000円
メーカーに引き取ってもらう無料
家電量販店に引き取りの依頼をする無料(店舗によって500~2,000円)
知り合いに譲る無料
不用品回収業者に依頼する単品は要相談
トラック積み放題プランは20,000~25,000円
フリマアプリやネットオークションに出品する15,000~88,000円
デジタル機器専門の買取店に依頼する20,000円前後
リサイクルショップに買取依頼に出す2,000~40,000円

【回収してもらう】タブレットの処分方法

タブレットを回収してもらう形で処分する方法は、以下の7つです。

  1. 自治体に回収してもらう
  2. 大手キャリアショップや販売店へ下取りに出す
  3. メーカーに引き取ってもらう
  4. 家電量販店に引き取りの依頼をする
  5. 知り合いに譲る
  6. 不用品回収業者に依頼する

費用の面や手間などメリット・デメリットがあるため、あなたに合った方法を探してみてください。

方法1.自治体に回収してもらう

処分を検討中のタブレットが小型家電リサイクル法の対象商品の場合、自治体での処分が可能です。タブレットが小型家電リサイクル法の対象商品かどうかは、地域によって異なるため、自治体に確認しましょう。

もし小型家電リサイクル法の対象であれば、市役所にある小型家電回収BOXに入れるまたは郵送で処分可能です。対象外なら、一般廃棄物の扱いになります。指定された日時に不燃ごみ・粗大ごみとして廃棄しましょう。

方法2.大手キャリアショップや販売店へ下取りに出す

大手キャリアショップや販売店へ下取りに出すことで、タブレットを処分する方法です。機種変更もしくは新たに契約する場合に限ります。下取りした金額から購入金額を割引してくれたり、ポイントが付与されたりするためお得に処分できます。

基本的に、同じキャリアのショップ以外では下取りを受け付けていません。ただ、新規端末を契約することを条件に、他社のタブレットを回収する店舗もあります。

なお、以下のタブレットは下取り不可能なため注意してください。

  • 初期化されていない
  • 水漏れして故障している
  • シリアル番号が確認できない
  • 電源が入らない
  • 充電が正常にできない

上記のようなタブレットは、au・docomo・Softbankなどが実施している「無料の引取サービス」を利用しましょう。引き取りサービスでは、データ消去も一緒にしてくれるため安心です。

方法3.メーカーに引き取ってもらう

タブレットは、メーカーに引き取ってもらうことができます。ただし、タブレット本体に「PCリサイクルマーク」が付いていることが条件です。PCリサイクルマークとは、平成15年10月以降に販売されたパソコン(家庭用)に付いているもの。Appleのタブレットには付いていて、auやdocomoなどのタブレットには付いていないなど、キャリアによってさまざまです。

PCリサイクルマーク付きのタブレットには貴重な資源が含まれており、無料でリサイクルができます。リサイクルの方法は、タブレット端末のメーカーに問い合わせをして郵送するだけ。手軽にリサイクルに出せるのが嬉しいポイントです。

方法4.家電量販店に引き取りの依頼をする

家電量販店ではタブレットをはじめ、さまざまな家電の回収を行っています。費用の有無は店舗によって異なるため、事前に確認しましょう。

無料で回収してくれることがほとんどですが、リサイクル料金として500円ほどかかる場合もあります。

方法5.知り合いに譲る

知り合いの中に「タブレットがほしい」方がいる場合、譲るのも1つの方法です。問題なく使用できる状態なら、喜んで受け取ってくれるでしょう。

お子さんがいるご家庭やタブレットを使ったことがない方に声をかけてみると、引き取ってもらいやすいです。

方法6.不用品回収業者に依頼する

「タブレットを店舗まで持参するのが面倒」「タブレット以外にも処分したいものがある」場合は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。

不用品回収業者なら、スタッフが自宅まで訪問しタブレットや不用品をすべて回収してれます。自宅にいるだけで処分が完了するため、早くタブレットを処分できます。

処分を検討中のタブレットの人気が高い・キレイな状態なら買い取ってくれる場合もあります。業者によっては、バッテリーなどの付属品もまとめて回収してくれることもあるため、便利です。

【買取に出す】タブレットの処分方法

タブレットを買取に出す場合は、以下3つの方法がおすすめです。

  1. フリマアプリやネットオークションに出品する
  2. デジタル機器専門の買取店に依頼する
  3. リサイクルショップへ買取依頼に出す

上記のサービス・ショップでは、思わぬ金額で買い取ってくれる場合もあります。状態がよいタブレットは、破棄する前に買取に出してみましょう。

方法1.フリマアプリやネットオークションに出品する

タブレットは、フリマアプリやネットオークションに出品できます。自宅にいながら簡単にできるのが大きなメリット。また、自分の好きな価格に設定でき、リサイクルショップよりも高値で売れる可能性もあります。

ただし、出品したからといって必ずしも売れるとは限りません。また、売買が確定した場合は自分で梱包・発送作業を行う必要があることも頭に入れておきましょう。

方法2.デジタル機器専門の買取店に依頼する

パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器専門の買取店で、タブレットを買取に出す方法です。

デジタル機器専門の買取店には、タブレットに詳しい専門スタッフが多いです。そのため、適正価格で買い取ってもらえます。

ただ、他のショップに比べて査定が厳しく、安い金額を提示される場合もあります。買取不可となった場合は、別の方法で買取に出しましょう。

方法3.リサイクルショップに買取依頼に出す

リサイクルショップでの買取は、店頭に直接持参する方法と郵送する方法に分かれます。直接持ち込むとすぐに査定~買取してくれるため「すぐに現金化したい」方におすすめです。

買取に出す際は購入時に付いてくる箱や説明書などの付属品と一緒に出すことで、査定額がアップする可能性があります。デメリットは、リサイクルショップによって査定額に大きなが差があること。少しでも高く売りたい場合は、複数のショップに査定依頼をして金額を比較しましょう。

タブレットを処分する前にやっておくべきこと

タブレットには大切な個人情報が多く含まれています。

  • データの移行・消去
  • ユーザー登録の解除
  • タブレットの初期化

回収や買取に出す前に上記3点をしないと、個人情報が流出するリスクが高まります。新規機種にする際もデータの移行を行う必要があるので、忘れないでください。

データの移行

タブレットを処分する前にやっておくべきことは、データの移行です。タブレット内に保存した連絡先や画像などのデータは、初期化するとすべて消えてしまいます。

データは、別のパソコンやスマホに移す・オンラインストレージに入れるなどがおすすめです。移行するデータ量が多い場合は、移行先の保存容量に空きがあるか確認してから行いましょう。

ユーザー登録の解除

タブレット内のデータを削除する際は、ユーザー登録の解除も忘れずに行いましょう。販売店やメーカーのユーザー登録情報を解除することで、所有者情報を残さずに済みます。

ユーザー登録の解除方法は、各販売店・メーカーの公式サイトに記載されているので、チェックしてみてください。

タブレットの初期化

タブレット内のデータやユーザー登録の解除が完了したら、初期化を行いましょう。タブレットは初期化をすると内部のデータがすべて削除され、購入当初の状態に戻すことができます。

タブレットを初期化は、必ず電源に接続して充電した状態で実施してください。なぜなら初期化中に充電が足りなくなると、故障して初期化ができなくなる恐れがあるからです。

詳細は、マニュアルやメーカーのホームページを確認してみてください。

買い取ってもらいやすいタブレットの条件

タブレットは、どんな状態でも買い取ってもらえるわけではありません。

  1. 人気メーカーのタブレットである
  2. 付属品が揃っている
  3. 汚れや傷が付いていない
  4. 故障していない

上記4つの条件に当てはまっているタブレットは、買い取ってもらいやすいです。

人気メーカーのタブレット

処分対象のタブレットが人気メーカーなら、買い取ってもらえる確率は大幅に上がります。

中古市場で売買されるタブレットのほとんどは、人気メーカーの機種です。中でも人気が高いのはAppleが販売しているiPadシリーズ。年式が古いものでも高額買取が期待できます。

年式が新しい人気メーカーのタブレットなら、条件次第で新品価格の半額で買い取ってくれます。

付属品が揃っている

タブレットに加えて、充電ケーブル・アダプター・説明書・箱など付属品が揃っている場合は、高価買取が期待できます。

業者やショップによっては、付属品がないと買取不可になる可能性もあるため、はじめに確認しましょう。

汚れや傷が付いていない

タブレットに傷や汚れが付いていないことも、買取対象となる条件です。タブレットの見た目を気にする方は多く、中古市場で傷や汚れ付きのものは需要が少ないです。

液晶画面に傷が付いている場合は買取不可になる可能性が高いので、買取に出すのはあまりおすすめしません。

故障していない

タブレットを買取に出す条件として「故障していないこと」は大前提です。買取後は、中古品として販売されるため、故障している・不具合があるタブレットは買取不可になります。

故障しているタブレットは、リサイクルに出したり不用品回収業者に依頼したりして処分しましょう。

引き取ってもらえないタブレットの条件

タブレットを自分で分解した場合、買取はもちろん、リサイクルや店舗などで回収してもらえなくなります。タブレットには、リサイクルに必要な金属類が多く含まれており、分解すると「必要な資源を抜き取られた」と思われる恐れがあります。

タブレットを分解したことで回収してもらえなかった場合は、自分で処分しなければいけません。処分の手間が増えるので、極力タブレットは分解しないでください。

すぐ片付け隊ではタブレットを回収しています

タブレットがキレイで問題なく使える状態なら、買取に出すことをおすすめします。もし、故障していて買取に出せない場合は、不用品回収のプロであるすぐ片付け隊にご相談ください。

すぐ片付け隊では、どんな状態のタブレットでも回収します。バッテリーなどの付属品も一緒に引き取りますので、お気軽にご相談ください。

即日対応も可能ですので、以下のお問い合わせフォームよりご連絡お待ちしております。

東京都内で不用品回収が可能なエリア

神奈川県で不用品回収が可能なエリア

埼玉県で不用品回収が可能なエリア

千葉県で不用品回収が可能なエリア