金庫を処分する方法とは?費用や注意点もご紹介!

「使ってない金庫を片付けたい」
「金庫の処分方法が分からない…」

一部の種類を除きますが、金庫は粗大ゴミに出せないため処分するのが厄介です。

頻繁に処分するものではないですし、いざ捨てるとなってお困りの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は金庫の処分方法や費用、注意点について詳しくご紹介したいと思います。

金庫の処分方法

金庫を処分する方法は大きく分けて以下の4つ。金庫の状態やあなたの希望に合わせて上手に選ぶために、続けてそれぞれの方法について詳しくチェックしていきましょう。

  1. リサイクルショップやオークションに出す
  2. 購入したお店に引き取ってもらう
  3. 金庫専門業者に依頼する
  4. 不用品回収業者に頼む

「一気に全部比較したい!」方はこちらから

リサイクルショップやオークションに出す

リサイクルショップご利用の流れ
事前申込み → 自己搬出 → 査定(見積もり) → 売買契約 → 出張費や運搬費の支払い

お持ちの金庫が新品同様なら、リサイクルショップやオークションで売れる可能性が十分あります

まだ使えるものを捨てるのはもったいないですし、希望額で売れればちょっとしたお小遣い稼ぎにもなるでしょう。

ただし状態が悪いものや備品ない金庫は売り物にならず、また出品しても必ず売れるとは限りません

買ったばかりの金庫以外は、最初から他の方法を選択する方が無難でしょう。

出品前に掃除が必要で、売れた後も配送の手間がかかることにご注意を。

購入したお店に引き取ってもらう

購入店引き取りご利用の流れ
購入店に持ち込む → 下取りまたは回収の申し込み → 回収費用の支払い
電話やwebで出張回収を申込む → 出張費と回収費用の支払い → 収集

粗大ゴミに出せないということもあり、ほとんどの販売店では不要金庫の回収を行っています。

別の商品を購入予定の場合は下取りしてくれるお店も多く、買い替え予定の方にぴったりの方法といえるでしょう。

購入先やメーカーの情報は取扱説明書に記載されているはずなので、連絡先はそちらを確認してみてください。

一方お店によって出張費や回収費は異なり、場合によっては割高になる可能性もあることにご注意を。

大きくて重い金庫は料金がお高くなる傾向ありです。

金庫専門業者に依頼する

金庫専門業者ご利用の流れ
電話やwebでお申込み → 電話などで日程調整 → 出張費と回収費用の支払い → 収集

購入店だけでなく、金庫専門の業者でも不要金庫の回収を行っています。

特に解錠できない金庫の場合中身を検めてから回収してもらえるので、一石二鳥の方法といえるでしょう。

なお申込みには所有者・型番などの情報が必須となるため、所有者が分かる書類や取扱説明書などのご用意をお忘れなく。

解錠と回収それぞれにお金がかかってしまいますが、大事な書類が入っている場合はきちんと中を確認してから処分できると安心でしょう。

希望日は申込み後に相談する形が多いため、余裕をもってスケジュールを立てましょう。

不用品回収業者に頼む

不用品回収業者ご利用の流れ
お問い合わせ → お見積り → お見積り納得後お支払い → 収集

お問い合わせ1本で楽々金庫を処分できるのは、不用品回収業者に頼む方法です。

金庫の状態や大きさに依らず回収してくれて、自分で何かする必要がなく大変便利。

もちろんあなたの都合に合わせて来てくれるため、忙しい方や急を要する際にも依頼しやすいといえるでしょう。

ラクな分お高くなる可能性もありますが、不用品回収の場合は1品以上の収集で割引適応となることが多いです。

金庫以外にも回収してほしいものがある・自分で何かするのは面倒という方は、不用品回収業者に金庫の処分を相談してみてはいかがでしょうか。

お任せOKだから、引っ越しや大掃除にも利用しやすいですよ!

金庫の処分方法比較表

回収料金の比較

 購入店引き取り金庫専門業者不用品回収業者
金庫5,000~
30,000円
10,000円前後10,000円前後
大きさや重さによっても料金は変わるんだよね。
そうだよ。でも不用品回収業者なら他のものと一緒に頼むことで料金がお安くなるんだ!

時間や手間の比較

 購入店引き取り金庫専門業者不用品回収業者
お申込み当日可能2日以上前当日可能!
回収作業搬出ありお任せお任せ
準備など購入店やメーカーの確認所有者と型番情報の提出・日程調整当日待ってるだけ!
購入店や金庫専門業者だと準備が面倒だなあ。
確かに。一方不用品回収業者なら手間が一切かからないよ!

【結論】1番ラクなのは不用品回収業者

こんな人は
リサイクルショップやオークションへ
  • 掃除の手間を惜しまない
  • 売れればラッキーというスタンス
こんな人は
購入店引き取りへ
  • 金庫を買い替える予定
  • 多少割高になってもOK
こんな人は
金庫専門業者へ
  • 解錠して中身を確認したい
  • 多少割高になってもOK
こんな人は
不用品回収業者へ
  • 金庫の中身はチェック済み
  • 他にも処分したいものがある
  • とにかく時間や手間をかけたくない
すぐ片付け隊はあなたの「今すぐ!」にも対応可能!
料金についても頑張らせていただきます!
ご相談・お見積り
Web:24時間/お電話:8:00〜20:00
お気軽にお問い合わせください!

金庫を処分する際のポイント

金庫を処分する際にはいくつか注意点があります。スムーズに片付けを進めるためにも、金庫を処分する際のポイントも併せて確認していきましょう。

不燃ゴミ・粗大ゴミに出さない

金庫の種類は大きく分けて耐火金庫・防盗金庫の2種類あり、どちらも金属やコンクリートで耐久性をあげています。

つまり金庫は焼却などで処理できない構造のため、冒頭でも述べたとおりどの自治体でも基本的に金庫は粗大ゴミに出せません

ご紹介してきた中から処分方法を検討し、うっかり不燃ゴミや粗大ゴミに出してしまわないようご注意ください。

ただし手提げタイプなどの小型金庫に関しては通常ゴミとして出せる自治体もあるため、お住いの地域のルールを確認するようにしましょう。

各地域の粗大ゴミの出し方はこちら

✓金庫は基本的に不燃ゴミや粗大ゴミとして出せない

製造年数を調べておく

リサイクルや下取りの際注意していただきたいのが、お持ちの金庫の製造年数についてです。

大切な品を管理する金庫は耐久性が命ですが、これは時間が経つとともに劣化してしまいます。

金庫などを取り扱う日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会によると、耐火金庫の性能は20年で20%落ちるとのこと(※)。

その分商品価値は下がっているわけですから、金庫の製造年数によっては売値や下取り価格がつきにくいと考えておきましょう。

※参照:日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会「金庫の耐用年数」

✓古い金庫の場合リサイクルや下取りで価格がつきにくい

金庫内のものにはすべて目を通す

一般的に金庫に入れるものといえば、家の権利書や通帳など大切な書類です。

特に昔からご自宅にあるような金庫の場合、失くしたら困るものが保管されている可能性があります。

解錠しないまま処分してしまうと後々後悔することもあるため、金庫を処分する際は庫内をくまなく確認しておくと安心でしょう。

✓処分前に保管されているものを確認し、庫内に大切なものを残さない
不用品回収業者に依頼する場合、一緒に回収してほしいものがないかも確認しておきましょう!
すぐ片付け隊が70,000件ご相談いただく理由
すぐ片付け隊駆けつけるのが早い、
即日対応!
即日対応できる秘密は?

トラック稼働台数業界最大級大量のご依頼でも
大丈夫!

全てのトラックにGPS搭載最寄りトラックが
すぐ対応

すぐ片付け隊回収料金を安く提供
できます!
安く提供できる秘密は?
不用品回収ならすぐ片付け隊におまかせ!

※2010年~2019年弊社問い合わせ実績 2020年1月時点

  • お見積りゼロ
  • 追加料金ゼロ
  • トラブルゼロ

金庫の処分にお困りなら「すぐ片付け隊」にお任せください!

不用品回収ならすぐ片付け隊におまかせ!

手提げタイプの金庫であればみなさんでも処分しやすいですが、段ボールサイズ大の金庫ともなれば運ぶのも一苦労。

金庫は小型に見えても意外に重いため、ご自身で処分するのはなかなか難しいかと思います。

金庫の処分にお困りの方を救うべく、すぐ片付け隊なら最短即日での対応も可能です。

時間や手間をかけずに待っているだけでOK、面倒なお片付けの悩みをすぐ解決いたします。

ラクラク金庫を処分したい方はぜひ当社にご相談くださいませ。