汚部屋を自力で片付ける|汚部屋状態に戻らない片付け術

果たして汚部屋は自分で片付けられるのでしょうか。その答えは「YES」です。汚部屋から抜け出したい気持ちになっただけで、自分で片付けられる可能性は高くなります。この記事ではどうしたら汚部屋を片付けられて、二度と汚い部屋に戻らなくて済むかをステップごとに解説します。

誰でも思い当たるところがあると思いますので、是非とも参考にして汚部屋脱出計画を達成してください。

汚部屋を片付けよう

目の前にある不用品の山に戸惑っている場合ではないのです。なんとか自分で片付けてキレイな部屋に戻す第一歩を踏み出さなければいけません。まずは捨てるものと捨てないものを分別して、それぞれを処分する行動に移りましょう。ポイントは下記の3つです。

  1. 捨てることをためらわない
  2. 売れるものは売ってしまう
  3. 誰かに引き取ってもらう

この3つのポイントをおさえていれば、片付けは半分終わったも同然です。

捨てることをためらわない

身の回りのものに感情移入しすぎると、捨てることに抵抗感を覚えてしまいます。当然自分のお気に入りもたくさんあるでしょうから、なかなか捨てられないのは当たり前だと思います。ただし、捨てるという決断ができなければ、一度片付けてもまた汚部屋に戻ってしまうでしょう。

思い出として残しておきたいものであれば、発想を転換して画像や動画で残すことも考えてみましょう。記録として残すことで、捨てることへの抵抗が薄れる場合もありますので、是非とも試してみてください。

売れるものは売ってしまう

6か月以上使っていないものは、これからも使うことはありません。そのため、思い切ってすべて売ってしまいましょう。バッグやアクセサリーなどは買い取り専門店が多数ありますし、ぬいぐるみや化粧品はオンラインでの買い取りも行われています。アカウントを持っていれば、ネットオークションで出品も可能です。

Webでの買い取りの場合は、発送するためのダンボールや送り状を用意してくれる買い取り店があります。ただし買い取りが不可能なものもありますので、店側との事前交渉は忘れないでください。売るための手間はかかりますが、部屋がキレイになって現金も手に入りますので頑張ってみましょう。

誰かに引き取ってもらう

使えそうなものをピックアップして、知人に引き取ってもらうのも一つの方法です。ただしトラブルを防ぐために、汚部屋にあったものだと正直に打ち明けましょう。ある程度部屋の片付けが済んだ状態で、友人を自宅に招いてフリーマーケットをするのも良いでしょう。

知り合いに引き取ってもらうことに抵抗がある方は、フリマアプリを利用することをおすすめします。うまくいけば、ちょっとした収入を得られるかもしれません。

汚部屋を片付けるコツとは

汚部屋を片付けるコツは、何と言っても捨てることです。捨てるのが嫌だった、捨てられなかった、さぼっていたなどいろいろな理由があると思いますが、不用品がたまっている事実は一緒です。ですから、ちょっと自分に厳しくするだけで、汚部屋は片付けられます。

  1. 箱や紙袋を捨てる
  2. 雑誌やチラシを捨てる
  3. 使わないものに感情移入しない

特に上記の3つは、汚部屋になりやすい人が捨てられずに溜めてしまう傾向にあるものです。溜めていた理由はさまざまあるとは思いますが、思い切って捨てることが汚部屋掃除においては何よりも大切です。

箱や紙袋を捨てる

汚部屋の多くは通販のダンボールや靴の箱、ショップなどの紙袋が捨てられずに放置されている傾向にあります。「いつか使うだろうと思ってとっておいた」と言う方が多いのですが、限度を決めなければ最終的にはゴミの山になってしまうのです。

特に箱やダンボールは中身が入っていないまま積まれているので、それだけでスペースを無駄に使ってしまいます。確かに使うタイミングも来ると思いますので、取り置きする場合は数を決めて、全て折りたたんで収納するように心がけましょう。

雑誌やチラシを捨てる

雑誌やチラシも知らないうちに溜まっていくゴミの代表格でしょう。ダイレクトメールや通販のカタログなどは、住所や名前などの個人情報が記載されているため、気軽に捨てられず溜まっていく傾向にあります。個人情報が気になるのであれば、ハンドシュレッダーやシュレッダーはさみなどを使って、コストをかけずに個人情報を守るようにしましょう。

通販のカタログやダイレクトメールであれば、発送を止められたりWebでの配信に切り替えられたりしますので、捨てるのと同時に増やさない対策も行いましょう。定期購読している雑誌を電子書籍に変えることも、紙を増やさない対策として有効な手段となります。

使わないものに感情移入しない

深い思い入れがあって捨てられないものがある一方で、あまり思い入れがなくても、なんとなく捨てていないものもあります。一度使わなくなったものは、これからも使うことはありません。過去に使っていた愛着を引きずっていては、使わないものが溜まる一方になってしまいます。

断捨離という言葉を知っていると思いますが、これは不要な事物を断つことと捨てること、そして離れることを意味しています。今の生活を変えるには執着を捨てることが重要ですので、不用品に感情移入しない心に切り替えて、汚部屋から抜け出してください。

品物別の片付け方

部屋にある品物は機能や特性ごとに片付けかたが違います。片付け方法が間違っていた場合は、一生懸命片付けたとしてもスペースを無駄に使ったり、機能面が犠牲になったりします。

  • 洋服
  • 雑貨

今回は上記3つの片付け方のコツを説明していきます。このコツさえ身につければ、他の収納にも応用できるので是非とも参考にしてください。

洋服

汚部屋になるきっかけを作ってしまう一番の原因が、洋服を片付けられないことです。クローゼットやタンスの引き出しをうまく活用できていないために、放置された洋服が山積みになってしまいます。洋服や下着を種類別に分けることが片付けの基本なので、タンスの引き出し用の間仕切りを100均やホームセンターで購入して、下着やソックスなどを分けて収納するようにしましょう。

衣替えがうまくできないことも、洋服を放置する要因になります。そんなときは収納ボックスを購入して、春夏物と秋冬物を区別するようにしましょう。例えば、春になったら春夏物を収納ボックスからタンスやクローゼットの引き出しに移し替え、秋になったらその逆をすればいいのです。

移し替えるのが面倒な方は、引き出し式の収納ボックスや突っ張り棒を使えば、簡易的な収納スペースが作れますし、突っ張り棒式のハンガーラックを購入して収納スペースを増やすのもいいでしょう。

雑貨

雑貨や小物などがあちこちに放置されると、部屋が乱雑に見えてしまいます。汚部屋の場合は特に、小さなものが見つけにくい状態となってしまうので、同じ小物を何度も購入するために部屋がもので溢れかえってしまうのです。

アクセサリーや貴重品などは専用の収納ボックスが売られていますし、100均やホームセンターでも雑貨専用の収納ボックスが売られています。細かく分けるのが面倒だというのであれば、大きめのタッパーを購入して小物をまとめて入れるようにしてもいいでしょう。

ともかく雑貨や小物についても、決められた場所に置くという習慣を身につける仕組みを作ってしまえば、あちこちに放置することもなくなり、探す手間も省けることになります。

片付けられない人に限って収納スペースを無駄遣いしている傾向にあります。特に下駄箱の場合は、横方向には余裕がないものの縦方向に無駄なスペースが空いている場合があります。靴を吊るして収納するハンガータイプや、一足分の幅で2足の靴が収納できる靴ホルダーなどを使えば、無駄なスペースを有効活用して今までより多くの靴を収納できるでしょう。

ニトリや無印良品だけでなく、100均でも取り扱っていますので、ご自分の靴箱にあった収納グッズで整理整頓にチャレンジしてください。

汚部屋の片付けならすぐ片付け隊!

すぐ片付け隊は、汚部屋の片付けを毎月ご依頼を頂いています。
まずは、汚部屋をリセットして新しいスタートを切るお手伝いをさせていただきます。
お見積もりは無料となります。お見積もり金額にご納得頂けない場合は費用はいただきません。お気軽にWEBフォームよりお問い合わせくださいませ。

ご相談・お見積り
Web:24時間/お電話:7:00〜21:00
お気軽にお問い合わせください!

汚部屋にならない整理整頓術

汚部屋にならないためには、ちらからない仕組み作りが重要になります。100均やホームセンターだけでなく、ネット通販でも収納グッズが販売されています。整理整頓には3つの基本があります。

  1. 床にものを置かない
  2. レイアウトを区別
  3. 通年物と季節物を区別

整理整頓の基本を理解して、機能的に片付けができる環境を作り出しましょう。

床にものを置かない

片付けるのが面倒で、ついつい床にものを置いてしまう癖がないでしょうか。毎日持ち歩くものでも多少の影響はありますが、たまにしか使わないものを床に置き始めると、汚部屋になる原因を作ってしまいます。川のよどみにゴミが溜まるのと同じで、室内の動線がさえぎられるために、ゴミが溜まりやすくなるのです。

部屋の片付けや掃除をカンタンにするためにも、床には家具以外のものを置かないように心がけてください。できるだけタンスやクローゼット、押し入れなどに収納する癖をつけましょう。

レイアウトを区別

どこに何を置くかが決められていなければ、部屋全体がまとまりのない状態になってしまいます。自分の中で一定のルールはあるのですが、基準が曖昧であるために乱雑にものが置かれる状態となってしまいます。ありがちなのが寝床を中心にしたレイアウト構成で、無秩序にものが置かれるために汚部屋の原因となります。

そのような場合は部屋を一つの空間と見るのではなく、生活行動を基準としたブロックに分けて、置くものを決めていきましょう。例えば女性であれば、手鏡を持ってあちこちで化粧するのではなく、鏡を置く場所を固定して身支度をすることで、その場所にコスメ関連のものが置かれるようになるわけです。

どこで何をするかを明確にすることで、自ずと置き場所も決まるようになります。

通年物と季節物を区別

汚部屋に見られる共通点として、季節感がないことが挙げられます。特に靴や洋服などのファッション系のアイテムに見られますが、衣替えによる入れ替えがうまくできていません。そもそも入れ替えをしていないので、全てのアイテムが混ざり合った状態で放置されています。

一年を通して使うものであれば定位置を決め室内においても構いませんが、季節によって使わなくなるものは、シーズンごとに入れ替えをするのが基本です。通年物と季節物を区別する習慣ができれば、部屋が散らかりにくくなるでしょう。

二度と汚部屋にならないためのポイント

二度と汚部屋に戻らないためには、それなりの覚悟と自制心が必要になります。一度片付けられたとしても、今までと同じ生活を送っていては、すぐに元に戻ってしまいます。捨てることと増やさないことを同時進行し、部屋の状態をチェックすることを心がければ、汚部屋に戻ることはないでしょう。

  1. 半年も触っていないものは処分する
  2. 誕生日やイベントの贈り物は断る
  3. 定点撮影で状態をチェック

汚部屋に戻らないための3つのポイントをしっかりと実践し、部屋を片付けられる自分へと生まれ変わっていきましょう。

半年も触っていないものは処分する

洋服でも靴でも雑貨でも同じですが、普段の生活で使っているものは部屋の中の1割程度でしかありません。特に押し入れやクローゼットに入っているものは、数年単位で使っていないものが奥にしまい込まれている可能性があります。自分が気に入って買ったものですから、愛着があるのは当然ですが、半年以上触っていないものであれば、今後も使う可能性は低いと言えるでしょう。

不要物は処分しないと際限なく増え続けますので、半年を目処に使っていないものは処分するように心がけてください。

誕生日やイベントの贈り物は断る

もらって嬉しい誕生日プレゼントですが、ときには使い道に困ることもあります。大きなぬいぐるみやクッションをもらっても、興味がないものであれば置き場に困るだけです。かといって捨てるわけにもいきませんので、結果として誕生日プレゼントで部屋があふれかえってしまいます。

プレゼントを断るのは相手に失礼だと思うかもしれませんが、もらったものを使わない方が相手に対してもっと失礼にあたります。しかし、これ以上不用品を増やさないためにも贈り物を断る勇気を持ちましょう。断れないのであれば、せめて小さいサイズのプレゼントをおねだりしてはいかがでしょうか。

定点撮影で状態をチェック

毎週一回のサイクルで、部屋の入り口から部屋全体をデジタルカメラやスマホで撮影します。普段の生活では部屋の変化に気づかないので、一週間の変化を画像で比較するのです。部屋全体を定点撮影すると汚れている状態が比較できるので、片付けの目安として使いましょう。

汚部屋を自力で片付けるまとめ

汚部屋になってしまう原因は、一言で言ってしまえば片付け方がわからないことだと思います。この記事を読んで頂ければ、汚部屋を片付けて元に戻らないようになります。しかし、チャレンジしてもうまくできなかったり、元の汚部屋に戻ったりしてしまう場合は片付けのプロに相談してみましょう。

不用品回収業者であれば、不用品を回収しながら片付けのノウハウを教えてもらえるだけでなく、価値のある品物は買い取りしてくれます。それぞれの状況に応じた対応をしてくれますので、相談してみる価値は大いにあると思います。

すぐ片付け隊は不用品回収及び買取も行っています。
「すぐに駆け付ける・低料金・追加料金なし」が強みとしています。
お見積もりは無料です。まずは、お気軽にWEBフォームよりお問い合わせくださいませ