電子レンジの処分方法6つ!費用相場や買取条件も徹底解説!

電子レンジは、携帯電話やパソコンと同じく小型家電リサイクル法の対象製品です。

エアコンやテレビなどが対象の家電リサイクル法とは違い、あまり聞きなれない言葉なので処分方法に戸惑う方もいることでしょう。

この記事では、電子レンジを処分する6つの方法を紹介します。また、処分費用・買取条件などについても解説しますので、併せてご覧ください。

電子レンジの処分方法
体力に自信のある人はこっち!
ラクして処分したいならこっち!不用品回収業者を利用!お金はかかるけど、今すぐ処分できる!部屋から運び出さなくてOK!安く処分するポイント、1点だけよりも数点まとめて処分するほうが断然お得
不用品回収業者に依頼する場合、電子レンジの相場は、単品でだいたい 1,500~3,000円くらいです。単品では回収してくれないケースもありますので、見積もり時にしっかり確認しましょう。参考まで!
すぐ片付け隊のアイコン
ご相談・お見積り無料
Web:24時間/お電話:8:00〜20:00
お気軽にお問い合わせください!

回収料金は11,000円からとなります。

電子レンジを処分する際の料金相場

電子レンジを処分する際の費用相場・買取に出す際の買取相場を以下にまとめました。

自治体にごみとして出す無料(粗大ごみの場合は400円~)
不用品回収業者での費用相場約1,500~3,000円
出張費:約2,000円
軽トラック積み放題:約20,000~25,000円
家電量販店での買取相場下取り:約2,000円
買取専門の業者での買取相場1,500円前後
オーブンレンジ付きのものは約3,000~60,000円
フリマアプリやネットオークションでの出品相場約3,000~45,000円
リサイクルショップでの買取相場約1,000~50,000円

上記の料金は、あくまで目安となります。業者やショップ・自治体によって料金は異なるため、参考程度に頭に入れておきましょう。

【破棄する場合】電子レンジの処分方法

電子レンジを破棄する方法には、以下の2つがあります。

  1. 自治体にごみとして出す
  2. 不用品回収業者に依頼して処分する

それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合った方法を選びましょう。

方法1.自治体にごみとして出す

電子レンジは、自治体にごみとして出すことができます。

  • 粗大ごみ
  • 不燃ごみ
  • 資源ごみ

区分は各自治体によって上記3つに分かれます。自分の住まいではどの分類になるのか?は、自治体のホームページをチェックもしくは電話で確認しましょう。

電子レンジは、粗大ごみとして扱われることが多いです。粗大ごみの場合は、粗大ごみ受付センターへ連絡をして事前に予約しておく必要があります。

予約が完了したら、スーパーやコンビニで粗大ごみ処理券を購入して電子レンジに貼り付けます。その後は、あらかじめ決めておいた日時に指定の場所に持っていけば処分できます。不燃ごみや資源ごみの場合は、ごみ袋に入れて収集日に出すだけなので、簡単に処分が可能です。

自治体にごみとして出す・無料(粗大ごみの場合は400円~)

方法2.不用品回収業に依頼して処分する

不用品回収業者なら、電子レンジの状態に拘わらず処分してくれます。また、電子レンジ以外の不用品も、まとめて回収してくれるのもよいところです。電子レンジ以外に「大型家電など重いものも一緒に処分したい」場合は、不用品回収業者に依頼してみましょう。

  • 電話1本で即日対応してくれる
  • 何もしなくても、業者が自宅から運び出し回収してくれる

不用品回収業者には上記のような特徴があり「急いで電子レンジを処分したい」「処分したい不用品がたくさんあって1人で処分できない」などの場合に最適です。業者によっては、電子レンジを買い取ってくれるところもあるため、1度相談してみることをおすすめします。

不用品回収業者での費用相場・約1,500~3,000円
・出張費:約2,000円
・軽トラック積み放題:約20,000~25,000円

廃棄時の注意!小型家電リサイクル法の存在

電子レンジは小型家電リサイクル法の対象製品です。電子レンジやパソコン、携帯電話は、かつて土に穴を掘り廃棄物として埋め立てられていました。

ところが、環境に悪影響を与えるとして、平成25年4月より以下の目的で小型家電リサイクル法が制定されました。

  • 小型家電に含まれている金・アルミ・レアメタルなどの資源をリサイクルして有効活用する
  • 埋め立てをなくして環境汚染を防止する

小型家電リサイクル法の処分費用には、決まりはありません。無料か有料かについては各地自治体によって変わるため、事前の確認が必要です。

【売却する場合】電子レンジの処分方法

電子レンジを処分する方法には、以下の4つが挙げられます。

  1. 家電量販店に依頼する
  2. 買取業者に依頼する
  3. フリマアプリやネットオークションに出品する
  4. リサイクルショップに持っていく

方法1.家電量販店に依頼する

もし、電子レンジを処分後に新規購入を検討しているのであれば、家電量販店に下取りを依頼しましょう。ただし、下取り依頼は新規購入が条件となるためご注意ください。

新規購入の際、購入金額から下取り金額を値引きしてもらえるので、お得に電子レンジを購入できます。下取りの値段が付かなかった場合でも、新規購入を条件に無料で引き取ってくれるので安心です。

大手の家電量販店の場合、下取りでなくても状態のよい電子レンジなら買い取ってくれる店舗もあります。ホームページなどを確認してみてください。新規購入ではなくただ引き取りに出すだけの場合は、処分費用がかかりますので、気を付けましょう。

家電量販店での買取相場・下取り約2,000円

方法2.買取業者に依頼する

買取業者の中には、家電専門の業者・家具や雑貨などさまざまなものを買い取ってくれるショップがあります。買取方法は、店舗買取・宅配買取・出張買取があり、好きな方法で買取依頼ができます。中でも出張買取は、自宅まで専門スタッフが訪問し査定~回収までしてくれるので、とても楽です。

  • 比較的新しいオーブンレンジ
  • 見た目がキレイな電子レンジ
  • 付属品が揃っている電子レンジ

上記の条件に当てはまる電子レンジは、査定額がグンと上がる可能性があるので、買取に出す際の参考にしてみてください。

買取専門の業者での買取相場・1,500円前後
・オーブンレンジ付きのものは約3,000~60,000円

方法3.フリマアプリやネットオークションに出品する

フリマアプリやネットオークションは、多くの人たちが利用しています。電子レンジは需要が高いため、購入してくれる人が多いです。大手ネットオークションサイトでは、運がよければ買取業者よりも高く買い取ってもらえることがあります。

出品は、電子レンジの撮影と使用年数や状態の記入をすれば完了です。自宅にいながら簡単にできるため、試しに出品してみるのもよいかと思います。人気の高い電子レンジなら24時間以内に購入されることもあります。

一方で、出品したからといって、必ずしも売れるとは限らないことを頭に入れておきましょう。購入者が現れるまでは自宅に保管しておく必要があるので「急いで処分したい」という方は別の処分方法を検討しましょう。

フリマアプリやネットオークションでの出品相場・約3,000~45,000円

方法4.リサイクルショップに持っていく

リサイクルショップに電子レンジを持っていくと、その場で査定~買取までしてくれます。すぐに現金化できるのが、リサイクルショップのメリットです。また、フリマアプリのように、自分で梱包・発送作業をする必要がないので、手間が少ないのも特徴です。

ただし、自分でショップまで電子レンジを運ぶ必要があるため、車がない方にはおすすめしません。加えて、製造年が5年以上のものは買取不可など条件によって買い取ってもらえない場合があります。

「せっかくショップまで持参したのに、買い取ってもらえなかった」とならないよう、事前に電話などで確認しておきましょう。

リサイクルショップでの買取相場・約1,000~50,000円

高く売るには?電子レンジの買取条件

電子レンジの買取条件は、各店舗や業者によって変わります。以下に大手の家電量販店が提示している買取条件を記載したので、参考にしてみてください。

  • 問題なく使用できる状態
  • 製造年が5年以内の電子レンジ
  • 電源コードや説明書などの付属品が付いている
  • サビや汚れがなくて比較的キレイな電子レンジ

上記の買取条件は、あくまで一例です。条件に当てはまらないからといって買取不可になるとは限りません。電子レンジをキレイに掃除したり、別の店舗に持参したりすることで、買い取ってもらえる可能性も上がります。複数の店舗をまわってみてもよいでしょう。

電子レンジの処分は「すぐ片付け隊」にお任せ!

不用品回収業者のプロ「すぐ片付け隊」では、電子レンジの回収を行っています。もちろん、電子レンジ以外の不用品もまとめて処分します。

電話またはメールをお送りいただければ、すぐに対応しますので「急いで電子レンジを処分したい」「引っ越しで部屋を大掃除している」という場合は、検討してみてください。

以下のお問い合わせフォームより簡単に見積り相談ができますので、お気軽にご連絡ください。

東京都内で不用品回収が可能なエリア

神奈川県で不用品回収が可能なエリア

埼玉県で不用品回収が可能なエリア

千葉県で不用品回収が可能なエリア