不用品の回収は無料で頼める?|不用品を安心して処分するために

不用品にお金をかけるのはもったいないし、できれば無料で処分したいと思っている人が多いと思います。確かに使わなくなったものに対して、お金を払うのは抵抗があるはずです。しかし不用品は本当に無料で処分できるのでしょうか。

この記事はできるだけお得に不用品を処分したいと感じている方に、不用品回収の実態と注意点をお伝えします。最後まで読んで頂ければ、不用品を安心してお得に処分するヒントをつかめると思います。

無料で不用品の回収はできません!

ゴミ集積場に不用品を出せば持っていくから、タダで処分できていると考えている方も多いのではないでしょうか。厳密に言えば、自治体は税収などを使って不用品を処分していますので、処分にはお金がかかっています。

家電リサイクル法の対象になっている製品は、別途リサイクル料金を払って処分しなければいけません。これだけ再利用が叫ばれている世の中ですから、不用品の処分にはお金がかかると思ってください。

不用品回収の無料はウソ?|タダほど高いものはない

お試しや無料という売り文句には、必ずと言っていいほどウラがあります。不用品回収業も同様で、無許可の業者ほど無料を売りにしています。けれども安易に信じてしまうと、とんでもない結果を招いてしまうので、慎重な行動を心がけてください。

無料の言葉の裏にある真実

不用品の回収を無料で行うという業者は、ほとんどが市街地を軽トラックで巡回しています。不用品の処分で困っている人の心理にうまくつけ入り、法外な費用を要求するためです。

消費者の心理として、無料というキーワードに無条件で反応してしまいますが、その反応こそが悪徳業者の思うつぼなのです。なし崩しで話をすすめられ、なかば強引な手口で作業費用をだまし取られてしまいます。

追加請求は当たり前

最初は無料と言っていても、あれこれと理由をつけて追加料金を請求してきます。無料で引き取れる不用品が何であるかはっきりしないために、不用品を全部トラックに積み込んだ後に高額請求される場合があります。

これは住宅街をトラックで移動している不用品回収業者で、多く見られるトラブルです。無料という言葉につられて、何が無料なのかをよく確かめずに不用品の回収を依頼すると、このようないざこざに巻き込まれてしまいます。

作業費用を請求される

不用品回収の作業内容を事前に確かめていないと、作業費を請求される可能性があります。解体が必要なベッドや家具などの回収を依頼すると、高額な作業費を請求される場合があります。

電話での見積もり依頼などで、作業の内容を確かめきれなかったために起きるトラブルです。悪徳業者は証拠を残すことを嫌がるので、書面での見積もりや領収書を出そうとしません。口約束では水掛け論になりますので、事前に作業内容の見積もりを取り、不明な点を確かめるようにしましょう。

不用品を回収した後に請求金額が変わる

見積もりをもらっているからといっても安心はできません。運び出す量が多かったとか、移動する距離が長かったといった理由をつけて、高額請求してくるパターンもあります。すでに運び出す作業が終わっているので、依頼した側が断りにくいといった心理をうまく利用しています。

これは現地確認をしない時に多く見られるトラブルです。相手が悪徳業者でなくても、双方の認識の違いにより同じことが起こる場合もあります。手間はかかりますが、できるだけ事前に不用品回収業者と現地で打ち合わせすることをお勧めします。現地確認をしぶる業者であれば、仕事を依頼しないようにしましょう。

金目の物を強引に奪われる

これは俗に言う「押し買い」という行為で、不用品だけでなく価値のある品物に目星をつけて、強引に買い取っていくという手法です。これも住宅地を軽トラックで巡回している不用品回収業者に見られるトラブルです。強引な業者を断りきれないまま家の中を物色されて、お金になりそうなものを押し買いされてしまいます。

特に狙われやすいのは貴金属で、市場価値よりはるかに低い価格で買い取りしたいと要求してきます。このようなトラブルは事前に対処できませんので、不用品の回収で巡回している業者には声をかけないようにしましょう。

無料と違法は紙一重

不用品を適切に処理しようとした場合、それなりの費用がかかります。独自のルートで処分したり、中古品として売却することもありますが、それだけでは商いはできません。不用品の回収だけでも人件費がかかりますので、何かしら手を抜いていなければ無料で引き取れるという理由は成り立たないのです。

無料という魅力的なワードで集客して、不用品を適切に処分することなく、法外な料金で利益を上げる悪徳業者に騙されないよう注意しましょう。

そもそも無許可の業者

不用品を回収するためには許認可が必要です。一般廃棄物収集運搬業という許可を自治体から受けて営業しなければいけません。ただし許可を出す数が決まっていますので、新規に取得することはほとんどできないのです。したがって不用品回収を無料と言っている業者は、基本的に無許可の業者が多いのです。

許可を得ている業者のトラックには、どこかに許可番号が記載されていますので、それを判断の目安にするのも良いでしょう。

無料の訳は不法投棄

不用品を処分するには当然のことながら費用がかかります。仮に完全無料で引き取ってもらったとしても、業者としてはできるだけ儲けを残すことを考えます。だから中古やパーツ取りとして売った不用品の利益を減らさないため、処理費用がかかるものは不法投棄してしまいます。

不法投棄については、依頼した側も罰せられる可能性がありますので注意が必要です。不用品は無料で処分できません。無料という言葉につられて、高額請求や罰則を受ける場合もありますので、悪徳業者にだまされないようにしてください。

不用品回収を安くするには

不用品の回収を安く済ませるには、悪徳業者に引っかからないのが一番の解決策です。トラックで巡回している業者は、なし崩しで話を進めてきます。断れない状況に持ち込まれますので、絶対に依頼しないことをオススメします。

比較する対象がなければ、物事の良し悪しは分かりません。落ち着いた判断ができる状況で、インターネットの情報などをもとに、少なくとも2~3社でサービスを比べてみましょう。

見積もりを取って比較する

業者ごとのサービスを比較するには、書面での見積もりで比べるのが一番です。頭の中が整理されて正確な判断ができますので、優れている部分が一目瞭然になるだけでなく、それぞれの業者が不足している部分や、内容の妥当性も確かめられます。

見積書の提出依頼は業者の選別にも役立ちます。悪徳業者は証拠を残すことを嫌いますので、文書の提出をしぶるようであれば、その業者には依頼しない方がいいでしょう。たくさんの業者に見積もりを依頼しても、選びきれなくなる可能性がありますので、有力な候補を2~3社残すようなつもりで見積もりをとりましょう。

すぐ片付け隊は安いだけじゃない

不用品を無料で回収してもらえないのであれば、できるだけ安くて安心できる業者にお願いしたいと思いますよね。それであれば「すぐ片付け隊」をオススメします。不用品回収や買い取りだけでなく、ゴミの片付けと清掃、遺品整理に生前整理など、ご家庭の荷物に関するアレコレに、テキパキと対応してくれます。

多くの皆さんが「すぐ片付け隊」に依頼するのは、それだけの意味があります。

即日対応

・業界最大級のトラック稼働台数
・GPS搭載のトラックがすぐ駆けつけ

安心の回収料金

・海外への独自処理ルート
・オークションサイトでの売買
・提携リサイクルショップの活用

明確な不用品回収ステップ

・受付は電話やメールで24時間対応
・現場でのヒアリングをもとにした見積もり作成
・作業完了時に作業終了報告書を発行

不安やトラブルが少なくて満足度が高いからこそ、70,000件の相談を受けているのです。最適なプランを提案してもらえるので相談してみましょう。