【世田谷区】粗大ゴミの正しい出し方・手順を解説!自治体以外で手軽に処分できる方法3選

世田谷区で粗大ごみを処分する適切な方法をご存知でしょうか。

粗大ごみを処分するには、ただゴミ捨て場に捨てるだけはありません。

ゴミ出しのルールが厳しいと世田谷区だからこそ、ゴミ出しのルールでご近所トラブルになるのは避けたいものです。

この記事では、世田谷区の粗大ごみの出し方からお得な粗大ごみの処分方法まで、分かりやすく解説いたします。世田谷区の粗大ごみの出し方が分からないという方は、この機会に正しい処分方法を覚えましょう!

【世田谷区】自治体の粗大ごみの出し方

ファミリー層から圧倒的な人気を持つ世田谷区。

まずは世田谷区の粗大ごみの規定や粗大ごみの出し方・処分手数料について解説します。

無料で回収してもらえる粗大ごみの規定

世田谷区では可燃ごみを週2回・不燃ごみを月2回の収集をしています。

無料で収集してもらえる「家庭ごみ」は次のとおりです。

無料で収集できる家庭ごみの種類

種別ごみの種類出し方
可燃ごみ生ごみ・紙くず・衣類・紙おむつ・プラスチック類・ゴム・皮革類90リットル以下の透明・半透明のごみ袋に入れる
1回45リットル袋で3袋までOK
不燃ごみびん以外のガラス製品、割れたびんなど
スプレー缶・卓上ガスボンベ・ライター
陶磁器類
乾電池、リチウムイオン電池(型番がCRおよびBRの電池)
割れ物は厚紙に包む
スプレーなどは最後まで使い切って処分
水銀を含むごみ体温計、血圧計等区内の回収施設にて収集

引用元:世田谷区ホームページ

プラスチック類やゴム・皮革類はこれまで「不燃ごみ」として収集していましたが、可燃ごみで収集となりました。

有料で収集できる家庭ごみの種類

世田谷区粗大ごみの規定は下記とおりです。

■世田谷区の粗大ごみ規定
一辺の長さが30セントメートルを超えるもの

つまり、家庭ごみのうち、一辺の長さが30センチメートルを超えると粗大ごみとして収集を申し込まなければなりません。

例えば、下記が粗大ごみとして扱われます。

  • ふとん
  • いす
  • カーペット
  • 家具
  • 自転車
  • ステレオ など

粗大ごみを出すには「世田谷区粗大ごみ受付センター」に申し込みを行い、ごみ処理手数料を支払わなければなりません。

受付センターの連絡先などについては後ほどご紹介します。

【料金表】粗大ごみ処理手数料一覧

粗大ごみを処分するには手数料として料金が発生します。

世田谷区で粗大ごみを処分するには、どれくらいの料金が必要になるのでしょうか。

粗大ごみ処理手数料一覧表

品目料金
衣装ケース(2辺が合計140cm以下)400円
衣装ケース(2辺が合計140cm以上200cm以内)800円
衣装ケース(2辺が合計200cm以上270cm以内)1,200 円
衣装ケース(2辺が合計270cm以上)2,000円
オーブンレンジ800円
カラーボックス400~2,000円
カーペット(2畳以下)400円
カーペット(2畳以上6畳以下)800円
カーペット(6畳以上)1,200円
座椅子400~800円
自転車400~1,200円
布団(敷きまたは掛け)400円
マットレス400円

世田谷区で粗大ごみを処分する場合、400円から2,000円程度の料金を支払うことで引き取ってもらうことができます。

持ち込みの場合は回収の半額で粗大ごみを処分できるのでお得ですよね。

上記以外の粗大ごみを処分する場合は「品目一覧」よりご確認ください。

当てはまるものが無いという方は、「粗大ごみ受付センター(03-5715-1133)」にお問い合わせください。

世田谷区での粗大ゴミ回収申し込み方法

粗大ごみ収集・持ち込みの詳しい申し込み方法について解説します。

申し込み方法は「お電話」または「インターネット」からの2通りです。

お電話でお申し込みする場合

お電話から申し込みを行う場合のお申し込み先は「世田谷区粗大ごみ受付センター」です。

世田谷区粗大ごみ受付センター連絡先

電話番号03-5715-1133
営業日月曜日~土曜日(日曜・12月29日~1月3日は除く)
受付時間AM8:00~PM21:00

世田谷区粗大ごみ受付センターは祝日も営業を行っています。

日本語以外の対応言語は英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語です。お電話での申し込みは受付時間内に行わなければなりません。

またお電話で家具類などの収集・持ち込みを申し込む際には、最長辺とその次に長い辺を測ってから電話をかけましょう。

引っ越しシーズンや連休明けなどは電話が繋がりにくい可能性があります。

余裕のあるスケジュール感で予約をするようにしましょう。

インターネットでお申込みする場合

インターネットからお申し込みをされる場合は「世田谷区粗大ごみ受付センター」のインターネット受付から申し込みができます。

インターネット申し込みは24時間受付をしているので、好きなタイミングで申し込めて便利です。申込内容の変更やキャンセルも、インターネットから24時間申し込み可能です。

インターネット受付の締め切り日

収集収集日の2日前(日曜を挟む場合は3日前)のAM6時59分
持ち込み持込み日当日のAM6時59分

持ち込みの場合は、当日のAM6時59分までであれば、日程の変更・キャンセルができます。

インターネットからは、最大10個まで粗大ごみの処分を申し込めます。

粗大ごみを引き取りに来てもらう「収集」の場合

基本的に粗大ごみの処理方法は「収集」または「持ち込み」で行われます。

お住いの地域によっては「収集」のみしか行っていない市区町村もありますが、世田谷区では粗大ごみの「持ち込み」も可能です。

粗大ごみを収集してもらうケースと、持ち込みで処理を行う流れについてお話しします。粗大ごみの回収を申し込む流れをご説明します。

粗大ごみの回収は有料となり、お電話またはインターネットより事前に申し込みが必要です。世田谷区粗大ごみ受付センターに粗大ごみを回収してもらいたい旨を伝えます。

収集日や料金は粗大ごみの大きさや重量によって異なります。そのため、 申し込みの際に粗大ごみの情報を伝え、日程や料金を決定します。

家庭で使用していた粗大ごみは収集できますが、事務所や事業で使用していた物は収集の対象外となります。詳しい申し込み先や申し込み方法は、後ほど詳しくご紹介します。

粗大ごみを自分で運ぶ「持ち込み」の場合

世田谷区では、粗大ごみを廃棄所まで自分で持って行く「持ち込み」も行っています。

粗大ごみの持ち込みを申し込む流れは、収集を申し込む場合と同じくお電話またはインターネットより申し込みが必要です。

収集との違いを簡単にご説明すると

  • 粗大ごみを自家用車等で持込場所まで持ち込まなければならない
  • 持ち込み日は申込日に指定した土曜日または日曜日
  • 収集する場合の半額でごみが処分できる(最低200円)

という違いがあります。

持ち込みのメリットは、収集よりも低価格で粗大ごみを処分できること。

指定した土曜日または日曜日に粗大ごみを持ち込めるので、予定が組みやすいことがあげられます。

しかし価格が安くなる反面、粗大ごみを自家用車等で持込場所まで持ち込む手間がかかるというデメリットもあげられます。ごみの処分所まで持ち込めば、半額で粗大ごみを処分できるのは嬉しいですね。

価格を重視するなら持ち込み、手間を重視するなら収集とどちらを重視するかで選択しましょう。申し込みから収集・持ち込みまでの期間は時期によって異なりますが、おおよその目安は下記の通りです。

申し込みから収集・持ち込みまでの期間の目安

収集最大4週間程度
持ち込み最大3ヶ月程度

最短収集日はお住まいの地域によって異なります。

持ち込みは土曜日・日曜日のみを持ち込み可能日としており、1日に持ち込める上演が決まっていますので、期間を要する可能性が高いです。

「引越しなどで期間が間に合わなかった!」とならないよう、申し込みは余裕を持って行いましょう。

ご相談・お見積り
Web:24時間/お電話:7:00〜21:00
お気軽にお問い合わせください!

【世田谷区】自治体で処分できないもの

粗大ごみ処理手数料について解説しましたが、料金を支払えば全ての粗大ゴミを回収してくれるという訳ではありません。世田谷区自治体で処分できないものもあります。

家電リサイクル法に触れるもの

法律により「家電リサイクル法」が定められているため、家電リサイクル法の対象になるものは回収を行っていません。

家電リサイクル法とは
一般家庭や事務所から排出された家電製品(エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

引用元:経済産業省ホームページ

■家電リサイクル法に含まれる4品目(家庭用製品のみ)

  • 冷蔵庫
  • エアコン
  • テレビ
  • 洗濯機

上記にあてはまるものは家電リサイクル法の対象となるため、粗大ごみとしての回収は不可です。

しかし4品目に含まれるものであっても、業務用の家電は対象外です。

区での適正な処理が困難なもの

適正に処理するのが困難なものも粗大ごみ収集・回収の対象外ごみとなります。

例えば、消火器・耐火金庫・バッテリー・タイヤなどがあてはまります。

これらを処分する場合には、メーカーや購入したお店に問い合わせて処分を行ってください。

有害性・危険性のあるもの

有害性・危険性のあるものも粗大ごみとして処分できない品目です。

化学薬品ストーブ注射器・注射針などがあてはまります。

ごみ処理を行う作業員に感染症等リスクがあるため、使用済みの注射器などの在宅医療廃棄物は、使用後に針ケースを装着したとしても回収ができません。

処分方法については、お近くの薬局に持ち込むかかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

【世田谷区】自治体以外の粗大ゴミ処分方法

世田谷区では、粗大ごみとして回収できない品目があることが分かりました。

しかし、こういった「処分NGな不要物」はどのようにして廃棄すればよいのでしょうか。

お得に処分できる方法にについてご紹介します。

リサイクルショップなどに持ち込む

まだまだ使えそうな家電や、家具であればリサイクルショップに持ち込むのもオススメです。

椅子やテーブルなどの家具であれば、リサイクルショップに持ち込めば買い取ってもらえることもあります。

しかしデメリットとして、商品の状態によっては「せっかく持ち込んだのに買い取ってもらえなかった」と無駄足になってしまうこともあります。

購入した家電量販店に持ち込む

テレビや冷蔵庫などの家電は、購入した家電量販店に持ち込んでリサイクル料金を支払うと処分してもらえます。

経済産業省によるリサイクル料金例は、次の表の通りです。

■リサイクル料金例

エアコン972円~
テレビ1,296円~
冷蔵庫・冷凍庫3,672円~
洗濯機・衣類乾燥機2,484円~

持ち運ぶにはトラックなどに運搬する必要がありますので、運搬手段のある方は家電量販店に持ち込むのもよいでしょう。

不用品回収業者に引き取ってもらう

不要になった家具・家電は「不用品回収業者」に引き取ってもらうこともできます。不当品回収業者に申し込むと、ご希望の日程に家具や家電を引き取りに来てくれるので便利です。

「引越し期日が迫っている」「運搬手段がない」「重たいものを持てない」という方は不用品回収業者の利用をおすすめします。

すぐ片付け隊では当日対応可能ですので、急いでいる方にもピッタリです。

世田谷区の不用品回収詳細ページはこちら

世田谷区粗大ゴミ回収はすぐ片付け隊にお任せください!

世田谷区で粗大ごみを自治体処分する方法と、自治体以外で処理をする方法を解説いたしました。

料金をとにかく安く抑えたいなら、世田谷区自治体の粗大ごみ回収がいいでしょう。

時間に余裕がない、粗大ごみを運ぶことが難しい場合など手間を掛けたなくない!という方は、待っているだけで粗大ごみを回収するすぐ片付け隊にお任せください!

お見積りは無料でお伺いします。もちろん、お見積り料金にご納得頂けない場合は費用は発生いたしません。お気軽にWEBフォームよりお問い合わせくださいませ。