洗濯機の処分方法|処分料金の比較と節約術

洗濯機は粗大ごみとして処分できません。分解して処分することも法律で禁止されているのはご存知でしょうか。洗濯機は使う回数が多ければそれだけ故障も増えます。古くなった洗濯機を買い替えたいと思うユーザーも多いと思いますが、買い換える時に困ってしまうのが古い洗濯機の処分方法です。

そこで家事や仕事に追われて忙しい方のために、洗濯機を処分するためのノウハウを不用品回収のプロとして紹介します。ご自分のライフスタイルにあわせて、最適な方法を選んでください。

洗濯機は家電リサイクル法が適用されます

家電リサイクル法は、再生が可能な資源を回収して有効利用する目的で制定されました。家電リサイクル法では4種類の電化製品が指定されていますが、その中には洗濯機も含まれます。回収が法律で義務付けられていますので、不正な処分をすると罰せられる可能性があります。

罰せられるから法を守るという意識ではなく、限られた資源を有効に活用するためにリサイクルに協力しましょう。まだ動いて使えるものであれば、安易に捨てるのではなくリユースを心がけてください。

洗濯機を処分する代表的な方法

洗濯機を処分する代表的な方法を紹介します。有料で処分を依頼することが基本ですが、手間を惜しまなければ無料で処分するだけでなく、買い取ってもらえる可能性もあります。

家電量販店に引き取りを依頼する

洗濯機の処分を家電量販店に依頼する場合は、有料と無料の二つの選択肢があります。無料で処分したいのであれば、新しい洗濯機に買い換える際に、古い洗濯機を下取りしてくれるサービスを積極的に活用するべきです。

単純に不要になったから処分したい場合は、リサイクル料金を支払って処分してもらいます。購入したお店にお願いするのが基本ですが、何らかの事情で依頼ができない場合は最寄りの家電販売店に相談してください。

販売していない商品の処分は受け付けていない場合もありますので、事前に問い合わせしましょう。

指定取引場所に持ち込む

意外に知られていないのが指定取引場所に直接持ち込む方法です。まずは事前にリサイクル料金を支払い、リサイクル券を準備しなければいけません。それからリサイクル券を持参して、指定取引場所に処分する洗濯機を持ち込みます。

リサイクル券を手に入れる手続きは、最寄りの郵便局でできますので、必要な書類や手順などを事前に問い合わせてください。

リサイクルショップに買い取りを依頼する

リサイクルショップに持ち込む場合は、きちんと動くことが前提です。動かない洗濯機の場合は、買い取りどころか引き取ってもらえない可能性もありますので気をつけてください。あまりにも古い洗濯機は引き取ってもらえませんので、事前に製造年月日を確かめしましょう。

リサイクルショップで買い取りをするボーダーラインは、比較的キレイで製造年月日から5年以内のものとなっています。洗濯機だけを専門で買い取りをするインターネットサイトもありますので、気軽に相談してみてください。

リサイクルショップによっては、自分で持ち込みをしなければ引き取ってもらえないお店もありますので、事前に確かめておきましょう。

ネットオークションやフリーマーケットに出展する

洗濯機は個人で設置や撤去がしやすい電化製品ですので、ネットオークションやフリーマーケットに多数出展されています。すでにアカウントを持っている方は、動作に問題がない洗濯機を売却したいのであれば、サイトの手順に従って出展するのも一つの方法です。

ただしクレームやリターンの心配がありますので、サイトのガイドラインに従って取引してください。動かない洗濯機を出展するのであれば、部品取りのジャンク品として取引することをオススメします。

ネットオークションやフリーマーケットを利用した経験がない人は、登録が面倒なだけでなく出展するにもテクニックが必要です。商品の梱包や発送も自分でしなければいけません。

新品の取引であれば良いのですが、中古品となると取引相手とのトラブルが心配ですので、無理であれば他の方法を検討しましょう。

不用品回収業者に依頼する

面倒なことをしないで処分したいという方には、不用品回収業者に依頼する方法があります。インターネットで「不用品回収 〇〇市」というキーワードで検索すると、最寄りの不用品回収業者が見つけられます。

基本的に自宅まで引き取りに来てくれるので、取り外しや運搬などの手間はかかりません。洗濯機の形や製造年月日も問いませんし、動かなくても問題なく引き取ってもらえます。ほかの不用品も合わせて処分できるので、問い合わせてみましょう。

回収した電化製品を発展途上国に輸出して、再利用を推進している不用品回収業者もあります。ただし無許可で回収している業者もありますので、事前に確かめておくことが重要です。無許可の業者に依頼した場合、依頼した側も法律で罰せられる場合がありますので注意してください。

洗濯機の処分方法と値段の比較

洗濯機を処分する時には処分料が必要になりますが、まだ使える洗濯機であれば売れる可能性もあります。市場の原理として、需要が高まる時は高値で取引されるので覚えておきましょう。需要のピークは単身用と一般家庭用では異なります。

単身用の場合は、新生活の準備を狙って進学や就職のシーズンに売りましょう。一般家庭用になると、夏場に需要のピークを迎えます。衣類の洗濯が増える夏場を前に買い替え需要が増えるので、売却をするなら夏の前がオススメです。

自分の持っている洗濯機の特性を考えて、売るタイミングを見計らってください。

洗濯機の買い取り相場

不要になった洗濯機全てが買い取ってもらえるわけではありません。なるべく新しいものでなければ引き取らない業者もあります。高値での買い取りを望んでいるのであれば、製造年月日から5年を一定の目安と心得てください。

引き取りや買い取りをしてもらえるボーダーラインは、製造年から10年以内の洗濯機です。10年以上たっている洗濯機は、残念ながらリサイクル料を払って処分することになるでしょう。

洗濯機の場合は縦型とドラム式で買い取り相場が異なります。縦型洗濯機の相場は一般的に500円から12,000円で取引されています。状態の良し悪しや付属品の有無、乾燥機がついているかどうかなどの条件で価格は変動します。

ドラム式になると1000円から30,000円が一般的な相場です。ドラム式を高値で買い取りしてもらうには、輸送用ボルトの有無がポイントです。宙に浮いているドラムを固定するのが輸送用ボルトですが、固定せずに輸送すると内部のドラムが壊れてしまいます。

輸送用ボルトがないということは、運ぶ際のコストが増すだけではなく、重要な付属品がない商品と判断されるため、引き取り価格が安くなってしまいます。洗濯機を設置する時に外してしまい、どこに保管したか分からない人が多いと思いますので、事前に探しておきましょう。

まとめ

洗濯機を処分する方法はいろいろありますが、どの処分方法でもある程度の手間や交渉が必要なので、ストレスを感じてしまいます。その点不用品回収業者であれば、手続きから処分までを一貫して受けてくれますので、わずらわしさを感じることはありません。

特に引っ越しなどで時間に限りがある場合は、貴重な時間を無駄にしないために不用品回収業者に依頼しましょう。