廃品回収のトラブル事例とは?事前に危険な業者を回避するための対策をご紹介

トラブルのイメージ

家庭でいつの間にかたまってしまうのが、処分に困る不用品や粗大ゴミです。廃品回収業者に依頼をしたいけれど、噂になっているさまざまなトラブルの危険性があると、依頼をするのも抵抗があるという方も少なくありません。

今回は、廃品回収業者とのトラブル事例・トラブルにならないための対策についてご紹介します。これから、廃品回収や不用品回収の依頼を計画している方は、悪質な業者の被害に遭わないためにも、ぜひ、参考にしてみてください。

廃品回収業者とのトラブル

上手い話のイメージ

廃品回収業者に依頼するととんでもないトラブルに遭うことがあると耳にしますが、実際、数多くの相談が国民生活センターには寄せられています。「自分は大丈夫だから」と思っていても、言葉巧みに「無料で何でも回収できますよ」と声かけされたら、依頼してみようかと思ってしまう可能性は否定できません。具体的なトラブルは、以下のようなものがあります。

無料と確認したのに6万円請求された

街を巡回している廃品回収のトラックを見て、「無料回収」と確認したので回収を依頼すると、廃品を積み込んだら6万円の請求をされた事例です。事前の話と違うと訴えても、業者はしつこく請求をするので手持ちの3,000円だけ支払うと、残金を近いうちに支払うように言われたそうです。

また、同じような事例では、無料と確認したのでテレビの回収を依頼すると、回収費用が別途発生すると5,000円を請求されたトラブルもあります。威圧的な態度に急変したため、依頼者は怖くなり支払ってしまったそうです。

高齢者がチラシを見て依頼すると5~10倍もの法外な請求をされた

高齢の親がチラシの廃品回収業者へ依頼すると、チラシには8万円と書いていたにもかかわらず、実際47万円もの請求があり支払ってしまった相談も、子どもから寄せられています。また、チラシの記載先へ電話をすると「費用は3万程度」と言われたので、依頼をすると「訪問すると30万円」と態度を変え、やむなく支払ったというトラブルもあります。

ぼったくりも良いところで、事前に提示した費用の5~10倍もの思いがけない高額請求に仕方なく支払ってしまう事例も多くみられるのは、本当に驚くばかりです。

回収したものが不法投棄され警察から連絡があった

洗濯機の処分で家電リサイクル券の購入が高いので捨てるのに戸惑っている時に、廃品回収業者のチラシを見かけて回収を依頼すると、3,000円で済んだのでお得に処分できたと安堵していたら、近所の道路わきに洗濯機が置かれていた事例もあります。

その他、自転車の回収を廃品回収に依頼して不法投棄されたことを、自転車の防犯登録から持ち主が分かり、警察から連絡があって初めて不法投棄されたことを知る事例もありました。

積み込んでみなければ費用がわからないと勝手に積み込まれ高額請求された

「無料で回収します」という宣伝に、ちょうど処分に困っていた自転車などがある倉庫の中へ廃品回収の業者を導くと、その他の不用品も回収可能と言い勝手に回収を始められた事例にも、驚くばかりです。さらには、すべて回収をしたの地に35,000円の請求をされやむなく30,000円を支払うしかなかったトラブルもありがちな事例です。

始めは無料というのが常套手段で、積み込んだら業者は「積み込んでみなければ費用が分からないから」と高額請求を正当化します。

理由を何かとつけ追加料金を請求された

引越しを控えていた方が、チラシで知った廃品回収業者に依頼し、「10万円かかる」と言われたものの、引越しが近いため間に合わせるために依頼をし、全てをトラックに積み終えてから、「想定したより廃品が多いので30万円になります」と言われた事例では、不足している20万円をすぐに払うように威圧的な態度になり、銀行でお金を出してトータル30万もの大金をしはらったというトラブルです。

理由を後付けする手口で、「基本料金がかかる」「トラックに載せる費用は別」などといって追加請求をします。

キャンセルするとキャンセル費用を請求された

不用品をトラックに積み込み、始め提示した金額とあまりにも違い高い請求をされ、キャンセルの申し出をすると業者から「トラックから不用品降ろすには、キャンセル料がかかります」と言われる事例です。これは、依頼するにしてもキャンセルするにしても、費用を支払わなければならなくなり、トラブルとなってしまいます。高圧的な態度に豹変することもあり、泣く泣く高額なキャンセル料を支払わされるのは、納得の行かないトラブルの一つです。

廃品回収業者とトラブルを回避するための対策

トラブルに遭わない対策

廃品回収を利用するなら、数々のトラブルがあることを知り悪質な業者に騙されないことがとても重要です。トラブルの芽を始めから摘んでおくためにも、これからご紹介する対策を心得てから業者を選ぶようにしてください。

無料回収の言葉で気軽に依頼しない

確かに不用品回収の料金が安い、または無料というと興味が湧いてくるのも致し方ありません。けれども、無料回収を全面に出して集客をしている廃品回収業者には、その宣伝文句につられ依頼しないようにしましょう。もし相場よりも極端に安い見積もりの業者を利用すると検討しているなら、業者の概要や許可の有無を予め確認しておくのが無難です。

見積もりは書面かメールでもらう

不用品を数個依頼する程度だからと言って、見積もりをもらわないまま依頼をするのはやめましょう。そもそも、見積もりを出さない業者は、違法性が高いと考えられるからです。事前に見積もりをもらうことはもちろんのこと、口頭ではなく書面やメールでもらうようにしてください。後々、トラブルになりそうな時も見積もりの証拠として提示できるためです。見積もりをもらったら、「追加料金がかからないのか?」「キャンセル料がかかるのか?」など気になる点も確認をしておくようにしましょう。

見積もりは最低でも3社は取る

廃品回収業者へ見積もりを依頼するのは、1社だけではなく最低でも3社は取るようにしましょう。1社だけでは、比較のしようがなく先方の見積もりを鵜呑みにしてしまう傾向があるためです。費用が少しでも安い業者を見つけられるだけではなく、サービス内容の比較、追加料金の有無などを見て総合的に信頼できる業者を探すためにも役立ちます。

業者の概要や実績を確認する

チラシやスピーカーで宣伝している廃品回収業者では、業者の概要や実績が分からないままで依頼することになってしまいます。トラブルを避けるためにも、事前にホームページで概要や実績を確認できる業者が望ましいと言えます。もちろん、正しく許可を得ている業者なら、所在地や固定電話、許可の記載も同時に確認もできるので、あらかじめ調べた上で依頼をするのがトラブルを避けるためにとても重要なことです。

保有している許可を確認する

粗大ゴミや不用品の処分に関して、許可や資格の確認がとても重要だということは、一般的に周知されていません。不用品の回収や処分をするには、以下の資格や許可が必要です。

  • 一般廃棄物収集運搬(家庭から出されるもの)
  • 産業廃棄物収集運搬(企業やオフィスから出されるもの)
  • 古物商許可
  • 遺品整理の依頼の場合には、遺品整理士

これらの資格や許可は、ホームページの他、回収するトラックの側面に許可番号が表示されているかでも確認できます。

不用品・粗大ゴミの処分は事前に計画を立てる

確かに家に居る時に、たまたま廃品回収のトラックが回収をしてくれると、願ってもない助けだという気持ちもするでしょう。しかし、この手の業者は違法営業をしている可能性も高いとされ、重大なトラブルに巻き込まれる恐れもあります。目先の手軽さや無料回収という言葉に惑わされると、後から恐ろしい目にあったり高額な支払いを請求されたりするトラブルに遭ってしまう可能性も否定できません。トラブルを回避するためにも、事前の不用品や粗大ゴミの処分は計画を立てて業者の見極めをしっかりと行いましょう。

ネットで評判を調べてみる

廃品回収業者の評判は、ネットで手軽に見られるので依頼の前に目を通しておくことをおすすめします。確かに、良い評判ばかりを自社のホームページに掲載している業者もあるのですが、業者の比較サイトを見ると利用した人でしか分からないリアルな口コミも掲載されているので、一通り調べておきましょう。

領収書を必ずもらう

廃品回収を終えたら、何となくすっきりした安心感から領収書をもらいそびれることも考えられます。悪質な業者は、領収書を渡さないままで済ませることもあるので、注意をしてください。廃品回収をしてもらった証拠となり、業者名・住所・電話番号が記載されている確認にも役立ちます。

不用品のことならお客様に安心して利用していただいている不用品回収のすぐ片付け隊へ

世の中には違法営業をしている廃品回収も少なからず存在しているため、トラブルを始めから避けるための対策を把握することは、ご自身のことを守るためにとても大切なことだと理解いただけたでしょう。不用品回収のすぐ片付け隊は、ご相談やお見積りも無料ですのでお気軽にお問い合わせください。これまで70,000件もの相談をいただき、お客様には安心して利用いただいております。良質なサービスでお客様の不用品処分を提供いたしますので、どうぞお任せください。