不用品回収の料金は本当に高いのか|料金トラブルの噂と真実

不用品を回収する料金を比較したことがありますか?不用品回収の料金が高いといった評判を見かけますが、無許可の不用品回収業者に法外な金額を払わされたことで、不用品回収は高いと思い込んでいる可能性があります。

この記事では、不用品回収の料金が高いという誤解を解くために、無許可の不用品回収業者が巻き起こす料金トラブルの噂と実態をお伝えします。悪い業者にだまされないために、ポイントだけでもおぼえてください。

不用品回収を高いと感じる理由

できるだけ損をしたくないという心理は、だれにでもあると思います。不用品を有料で処分することに抵抗があるため、不用品の回収費用が高く感じられます。だから不用品を無料で回収してほしいと思うのです。

自治体の処分料金と比較している

これまでの常識から、不用品の回収料金は自治体が一番安いと感じている方が多いと思います。燃えないゴミや燃えるゴミは、集積所に出せば回収してくれます。しかし自治体の不用品回収は、公的資金を運用しているため無料ではありません。さらに持ち込まなければいけない場合や、回収してもらえない物もあります。

自治体が運用する不用品の回収基準は、不用品回収業者のサービスに比べて制限が多いので、料金だけの単純な比較はできないでしょう。

無許可の業者が横行している

自治体から許可をもらっていない不用品回収業者が、「安い」や「無料」というキーワードで宣伝しています。不用品について知識が少ない人から、法外な料金を請求するためなのですが、チラシや電話での宣伝だけでなくトラックで巡回するなど、さまざまな形で情報を与えて洗脳しています。

多くの方は自分が得をするというキーワードに敏感ですから、聞きかじった「安い」や「無料」の言葉だけが独り歩きしていて、不用品回収を高いと感じてしまうのです。

なぜ不用品回収で料金トラブルが起きるのか

料金トラブルが起きやすいケースは、依頼する側が想定していた金額より高い請求を受けた場合でしょう。無料というキーワードに無条件に反応し、得になるという思い込みが先行するために適切な判断ができなくなるからです。

たとえば、卵が1パック90円で売られていたので2パック買おうとしたら、レジで1家族1パック限定だと知らされたらがっかりするでしょう。安さに気をひかれて重要なことを見逃した結果です。落胆は時として不満に変わりますので、思い込んでいた結果と事実が違うことでトラブルが起きるのです。

業者が無料をアピールしている

無許可の不用品回収業者は、事あるごとに無料で不用品を回収すると宣伝しています。無料を売り文句にすれば、興味を示す人から法外な料金をだまし取れるからです。ただし初めは無料と言いながら、追加料金を請求するのが無許可の業者が使う手口なので、気を付けなければいけません。

最終的に被害にあった人が泣き寝入りしてしまうので、無許可の不用品回収業者によるトラブルが減らないのです。

見積もりが不明確

無許可の不用品回収業者は、はっきりした見積もりを出したがりません。見積もり内容をあいまいにしておけば、あれこれと理由をつけて料金を追加しやすくなるので、なし崩しで高額請求をするには都合がいいのです。

回収する不用品の内容を聞いて、おおまかな価格だけを伝え、回収が終わった時点で追加料金の話をしてくるパターンが定番となっています。

積んでみないと分からないと言われる

無許可の不用品回収業者は、不当な請求を正当化するために、不用品をトラックに積んで既成事実を作りたいと思っています。断りにくい状況に持ち込んで高額費用を請求するためです。

見積もりを出すと言いながら、突然訪問し荷物を積み始めたという話もあります。特に女性やお年寄り、気の弱そうな方はターゲットにされやすいので気をつけてください。

追加料金を請求される

見積もり内容を十分に確かめていなければ、予想していない追加料金を請求されても対処できません。不用品の品名だけで見積もりをして、作業内容が明確になっていない場合におこりやすいケースです。

相手につけ入るスキを与えていますので、運び出す距離が遠いとか、思ったよりも多かったなどと理由をつけて追加料金を請求してくるのです。

無許可の業者にだまされないために

無許可の業者にだまされないためには、それなりの知識を持たなければいけません。不当な要求に反論できないことが、無許可の業者につけ入るスキを与えてしまいます。ただし事前にくわしく確認したり、書面の提出を要求すれば相手も下手なことはできません。正しい知識を持って業者を選別すれば、無許可の業者にひっかかることはないでしょう。

不用品回収の許認可を確かめる

無許可の業者は、もともと許可を受けて営業するつもりはありません。許可を受けていると定期的に立ち入り検査が行われるので、不法投棄などの不正がばれてしまうからです。優良業者は必ず以下の許認可を受けています。

・一般廃棄物収集運搬業
・産業廃棄物収集運搬業
・古物商

少しでも怪しいと感じたなら、まずこれらの許可を持っているかを確かめましょう。

見積もりを書面でもらう

無許可の業者は、見積書の提出を嫌う傾向があります。違法性を自覚しているので、証拠になる物を渡したくないのが主な理由です。電話やメールでおおまかな金額を伝えて、なんだかんだとふっかけるために、くわしい見積もりを出さない場合もあります。

見積もりを渋る業者には警戒して、見積もりを出さない業者とは付き合わないようにしましょう。

追加料金の有無を確かめる

見積もりの内容を確かめるときは、基本料金と追加料金を分けて記載しているかチェックしてください。これは依頼する側の認識不足の解消と、不当な要求を回避する効果が期待できますので、最低限の自己防衛策として必ず確かめてください。

領収書を発行しない取引には応じない

無許可の業者は、違法行為の発覚をおそれて領収書の発行を嫌がります。通常の商取引では、領収書の発行は基本なので事前に確かめてください。領収書を出さない業者とは、トラブルをさけるために取引しないことをオススメします。

不用品回収をお得にするには

不用品回収で損をしないためには、正しい知識を身につけて優良業者を選ばなければいけません。正しく選ぶことで、不当な追加料金や法外な請求のリスクが減るだけでなく、定額サービスや現地調査による見積もりがもらえるので、納得できる依頼につながります。

無許可の業者を見極めて依頼しないことが、不用品回収をお得にする一番の近道です。

見積もり金額とサービス内容で比べる

見積もり内容を見比べるときは、支払い総額とサービスの内容をポイントに確かめましょう。中身を吟味しないで依頼すると、追加料金が発生する可能性があるので注意してください。たとえばマンションの階段を使って不用品を運び出す場合、作業手数料が上乗せされる場合もあります。できるだけ複数の会社の見積もりを比較して、自分の要望に近いメニューを選んでください。

「すぐ片付け隊」の満足度は安心の証

すぐ片付け隊の70,000を超える相談実績は優良業者である証です。満足度が高いからこそリピートや口コミでの相談が増えているのです。即日対応や安く不用品を回収できる仕組みが充実しているからこそ、たくさんの相談と依頼が集まっています。

現地で依頼内容を確認

認識の違いによるトラブルを回避するために、現地で依頼内容を確認します。依頼者とスタッフが現地で現物を確認しながら決めるために、依頼された内容との食い違いが起きにくくなります。

メールや電話、ラインでの問い合わせもできますが、それだけでは最適なプランを提供できないために、要望のヒヤリングと現地確認をサービスの基本として重視しています。

その場で見積もり

結果をお待たせしないために、現地確認のすぐ後に見積もりを作成します。迅速な対応をモットーとしていますので、見積もりに納得すればすぐに回収も可能です。もちろんじっくり検討してからの返事でも問題ありません。見積もり内容に自信があるからこそスピーディーな対応ができるのです。

カードでの支払いもOK

すぐ片付け隊は信頼できる業者なのでカードでの支払いが可能です。不用品回収業者として正式に法人登記しているからこそ、信販会社との取引ができるのです。信販会社と取引するには、厳しい審査基準をクリアしなければいけないので、無許可の業者が審査をパスするのは難しいでしょう。

だからカードで支払えるすぐ片付け隊は、社会から信用されている優良業者なのです。